オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > SyLAS

next up previous contents
Next: 3. インストール Up: SyLAS Previous: 1. SyLASとは


2. 準備

本章では次のことを解説します。

  • 事前に用意しておくソフトウェア
  • 設定概要

2.1 事前に用意しておくソフトウェア

SyLASは、以下のソフトウェアと連携して動作します。

  • sudo
  • Webサーバ
  • postLDAPadmin
  • rsyslog
  • MySQL
  • rsyslog-mysql(ログをMySQLに保存する場合)
  • ElasticSearch 5.4(ログをElasticSearchに保存する場合)
  • rsyslog-elasticsearch(ログをElasticSearchに保存する場合)
  • PHP (5.3以上、mbstring, openssl, MySQL連携機能をサポートしている必要があります。)
  • MTA(Sendmail,Postfix等)
  • libcurl(ログをElasticSearchに保存する場合)

なお、ログの保存先としてElasticSearchを利用する場合でも、SyLASの設定情報を 保存するために、MySQLが必要になります。

本書では、WebサーバにApacheを利用することを前提に解説します。

2.2 設定概要

SyLASを導入するには、図[*]の手順を行ってください。

図: 手順
Image process

next up previous contents
Next: 3. インストール Up: SyLAS Previous: 1. SyLASとは
2017年07月27日