オープンソース

Top

3. WEB会議の始め方

3.1. 既存のWEB会議に参加する

既存のWEB会議に参加するには2つの方法があります。

  • ログイン画面でルーム名を入力し参加する
  • URL(ルーム名を含む)に接続し参加する

3.1.1. ログイン画面から参加する方法

ログイン画面から参加するには、 新しいミーティングを開始 に参加したいWEB会議のルーム名を入力します。

_images/loginmeeting.png

Note

既存のWEB会議に参加する場合は、新規WEB会議作成時のようなユーザ名とパスワードは要求されません。

モデレーターによって、WEB会議毎にパスワードが設定されている場合はパスワードが要求されます。 (WEB会議毎のパスワード設定方法については WEB会議にパスワードを設定する をご覧ください。)

パスワードはそのWEB会議のモデレーターに確認してください。

_images/password_require.png

3.1.2. URLから参加する方法

WEB会議の担当者からURLを受けとった場合、URLに接続するだけでWEB会議に参加することができます。 この場合、ログイン画面が省略されます。

モデレーターによって、WEB会議毎にパスワードが設定されている場合はパスワードが要求されます。

参加者がいるWEB会議に参加すると、以下のような表示になります。

_images/jitsi_4.png

メイン映像には、参加者の映像が表示されます。

3.2. 新しくWEB会議を開始する

JitsiでWEB会議を開始するには、ログイン画面の 新しいミーティングを開始 にWEB会議のルーム名を入力します。

Note

ルーム名に日本語も利用できますが、URLにコピーした際に文字化けすることがあります。※文字化けした場合もそのまま接続できます。

_images/newlogin.png

JitsiでWEB会議を新しく開始すると、以下の画面が表示されます。

_images/newmeeting.png

私はホストです をクリックします。 続いて、ユーザ名とパスワードを入力する画面が表示されます。

Note

WEB会議を新規作成した場合にのみ、パスワードが要求されます。ユーザ名とパスワードは管理者に確認してください。

_images/newmeeting2.png

ユーザ名とパスワードを入力後、 OK を押します。 WEB会議が開始されます。

_images/web4.png

新しくWEB会議を開始した場合は、参加者がいないため、メイン映像には自分の映像が表示されます。

上記画面はマイクとカメラともにOFFになっている状態ですので、必要に応じてマイクとカメラのON/OFFを切り替えます。

Note

マイクやカメラの初期状態(ON/OFF)は、管理者側で設定が可能です。

3.2.1. 参加者にURLを知らせる

WEB会議を新しく開始した場合、開始した人がWEB会議の議長の役割を担う モデレーター となります。

モデレーターはWEB会議に参加してほしいユーザにURLまたは、ルーム名を連絡します。 画面左下の i ボタン(共有ボタン)からURLを発行することができます。

_images/url.png

コピー ボタンを押すことで、URLを含む招待用の文面をコピーすることができます。

コピー ボタンを押した場合、以下のような文がコピーされます。

You are invited to join a meeting.
Join the meeting:
https://XXX.designet.co.jp/testroom

WEB会議への参加方法については 既存のWEB会議に参加する をご覧ください。

3.2.2. WEB会議にパスワードを設定する

モデレーターは参加者がWEB会議に参加する際の、パスワードを設定することができます。 画面左下の i ボタン(共有ボタン)からパスワードを設定することができます。

_images/password.png

Addパスワード をクリックし、パスワードを設定します。

招待された参加者が、パスワードが設定されたWEB会議に参加しようとすると、以下のようにパスワード入力を求められるようになります。

既存のWEB会議への参加方法については 既存のWEB会議に参加する をご覧ください。

Top