お知らせ

サーバー構築のデージーネットTOP > お知らせ > OSSシステム保守移管サービスを開始

OSSシステム保守移管サービスを開始

2016年2月26日 プレスリリース



OSSシステム保守移管サービスを開始

2016年2月26日
株式会社デージーネット

株式会社デージーネット(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:恒川 裕康)は、オープンソースソフトウェア(以下、OSS)を利用したシステムの保守移管サービスを開始しました。近年、システムに問題が発生しても対応できないという事例や相談が増加しています。そのことを受けデージーネットでは、保守移管サービスを行います。

OSSのシステムでは設定資料を残すことが重要

OSSとは

OSSとは、ソースコードが公開されているソフトウェアです。インターネットなどを通じて誰でも無償で利用することができ、ソフトウェアの改良や再配布を行うことができます。そのため、OSSを利用したシステムは、カスタマイズが自由で、利用者の要望を最大限取り入れることができます。また、いつでもソースコードを確認できるため、ソフトウェアの信頼性を確かめることができます。そうしたことから、OSSを活用し自社専用のシステム構築を進める企業が年々増加しています。しかし、OSSを利用してカスタマイズされたシステムは、担当者以外には扱いが難しいという問題が有りました。

OSSシステムを管理してきた担当者の不在で対応できない事例が増加

近年、システムに問題が発生しても対応できないという事例や相談が増加しています。その原因の多くが、担当者の不在です。今までシステムを管理してきた担当者の退職や転属によって、システムのメンテナンスが正しくできなくなるという事例が多くなっています。これは、外部の企業に構築を依頼した場合でも同じです。取引先の担当者の退職や転属によって、システムのメンテナンスサービスを適正に受けられない事例も増加しています。

OSSシステムの保守には設定の資料が必要

OSSは誰でも無償でインストールできるため、インターネット上の情報などを利用して誰でもシステムを構築し、保守・運用をしていくことが可能です。OSSのシステムは自由度が高いため、問題が発生した場合に備えて、設定の記録を行う必要があります。この設定の記録を残していない場合、記憶が鮮明な内は対応できますが、時間の経過や担当者の配置換えで、必要な設定か不要な設定かすら分からなくなってしまいます。

企業ごとに現状調査し保守移管サービスを提供

このような状況になると、システムに問題が発生した場合に、対処できなくなってしまいます。デージーネットでは、このようなお悩みを抱えるシステムの保守移管サービスを行います。外部の企業が構築したシステムの場合であっても、システムを保有している企業との契約によって保守移管をお受けします。保守移管の際は、デージーネットの技術者がシステムを調査し現状を資料化します。現行のシステムでどのような問題が発生しているかリストアップし問題を修正してから保守サービスを開始します。

OSSを利用したシステムの保守を移管するサービスの有用性

OSSを利用したシステムの保守を移管するサービスは、他企業にはないサービスとなっております。OSSの保守(サポート)は様々な取り組みがされています。しかし、OSSを利用したシステムとなると、OSSがいくつも組み合わさってできているため、システムを調査するにも技術が必要です。保守ができないからといって、システムを一から作り直すのにはそれなりのコストがかかります。一方で、問題をそのままにしておくと、セキュリティホールがあるかどうかも分からない状態ですので、最悪の場合、情報漏えいにつながる危険性があります。

Open Smart Assistance デージーネットの保守サービス

デージーネットでシステム保守をする際には、「Open Smart Assistance」を利用した保守を受けることができます。
OSSを利用したシステムは、OSSをいくつも組み合わせてできています。そのため、一つ一つのOSSのソフトウェア保守では、システム全体をカバーすることが困難です。デージーネットでは、各ディストリビューションサポートなどを活用しながら、システム全体が安心して使えるようにサポートします。
Open Smart Assistanceは継続してシステム管理者の運用をサポートするサービスで、以下のメニューを用意しています。

  • Q&A
  •     インストールしたOSSやソフトウェアの利用方法に関してのご質問にお答えします。

  • セキュリティ情報提供
  •     インストールしたOSSやソフトウェアに対するセキュリティ情報を提供します。

  • 障害調査、障害回避
  •     障害発生時に障害の回避、原因の調査を行います(リモート対応)。必要な場合にはOSSソースコードレベルの
        調査やOSSコミュニティとの連携なども行います。

  • 障害時オンサイト対応
  •     障害発生時に弊社が必要と判断した場合、現地で障害対応を行います。

  • 障害時システム再構築
  •     システム障害により、システムの再構築が必要となった場合、再構築を行います。


サービス概要

名称         : OSSを利用したシステムの保守移管サービス
提供開始日: 2016年2月
条件         : システムを保有している企業との直接契約
内容         : システムの保守移管を行います。

会社概要

会社名: 株式会社  デージーネット
代表者: 代表取締役  恒川 裕康
本社   : 〒465-0025  愛知県名古屋市名東区上社四丁目39-1
資本金: 1,000万円
URL   : http://www.designet.co.jp/

<一般の方からのお問い合わせ先>
https://www.designet.co.jp/contact/index.php

このお知らせの先頭へ