オープンソース

Snipe-IT〜資産管理のOSS〜

資産管理システムとは、PCやプリンターなどのハードウェアやアプリケーションなどのソフトウェアなどの資産を管理するシステムをいいます。現在、多くの企業で、資産や物品をExcelなどのファイルで管理をおこなっています。しかし社内にどれだけの資産があるのか管理できていないことやハードウェア/ライセンスの更新時期がわからないなどの課題もあります。ここではIT資産以外の消耗品等の管理もできるOSSの資産管理システムSnipe-ITを紹介します。

Snipe-ITとは

Snipe-ITとは、WEBインタフェース上で資産を管理するためのオープンソースソフトウェアです。ライセンスはAGPL v3で公開されています。Snipe-ITは、パソコンやソフトウェア、ライセンス等のPC機器やオフィス用品などのIT資産管理のために開発されているソフトウェアです。しかし、IT資産以外の管理にも応用することが可能です。

Snipe-ITを利用すると、社内にどれだけの資産があるのか管理できていないことやライセンスの更新時期がわからない等の資産管理の課題を解決することができます。

Snipe-IT管理画面

Snipe-IT管理画面

Snipe-ITの特徴

Snipe-ITの特徴は以下になります。

登録可能な情報の自由度が高い

Snipe-ITは、PCやハードウェア等のIT機器やOA機器、付属品のマウスやキーボード、消耗品とされるプリンタ用紙・インク・ファイル・ペン等を管理することができます。その資産に様々な情報を登録することが可能です。資産番号や購入日、金額はもちろん、資産を管理する管理ユーザや資産を貸し出す対象のユーザ、貸し出す場所まで登録することが可能です。

資産登録画面

資産登録画面

Snipe-ITは以下の情報を登録することが可能です。

  • 資産を保有する所属部署
  • 資産管理ID
  • シリアル番号
  • 機器のモデル
  • ステータス
  • 資産名
  • 購入日
  • 仕入先情報
  • 注文番号
  • 購入費用
  • 保証期間
  • 備考
  • 既定の設置場所
  • 貸出要求
  • 資産の画像
  • 製造元
  • 仕入先
  • 設置場所
  • 減価償却
  • カテゴリ
  • モデル
  • ステータス
  • カスタムフィールド

消耗品等の特徴的な資産もうまく管理できる

Snipe-ITは、消耗品やライセンス、HDDやメモリなどのPCパーツ類の登録も可能です。消耗品は、大量に購入する場合があるので数量や最小値を指定できるようになっています。登録後、消費したボタンを押すと残数が一つずつ減っていきます。最小値を下回った場合、アラートが送信されるように設定も可能です。ライセンスの登録では、ライスセンス特有の情報としてプロダクトキーやシート数(ライセンス数)などが、登録できるようになっています。

消耗品管理画面

消耗品管理画面

ユーザや貸し出す場所の他に画像でも管理できる

資産の情報は、Excelのような表計算ソフトで管理しているところが多くあります。しかしSnipe-ITでは、資産とユーザ・場所を関連させる他に資産の写真なども合わせてアップロードすることができます。名前から判別がつきにくいものも、画像で判別ができるように工夫されています。

管理画面

管理画面

QRコードの一覧や監査機能など実態を管理する機能がある

資産を管理するためのバーコードやQRコードを発行することができます。QRコードを印刷して資産に貼り付けておけば、スマートフォンでQRコードを読み取って、Snipe-ITで資産の情報を確認できるようになります。確認できるようになるだけでなく、監査記録を残すことができます。

作成したQRコード

作成したQRコード

資産の有効期限や消耗品の残数でアラートを通知することができる

Snipe-ITは、資産の保証期間終了前や消耗品の残数などで、アラートメールを送信することもできます。この機能を使うことで、消耗品がなくなってから慌てて購入することや、保証期間切れのまま運用するリスクを避けることができます。

アラートメール例

アラートメール例

一括処理が可能であるため、大量の物品購入にも対応しやすい

Snipe-ITでは、資産をCSVファイルからインポートすることができます。IT資産や、付属品、消耗品など分類を選択することで利用できるフィールドが変化し一括で登録できるようになります。しかし、インポートの処理では、データのフォーマットチェック等がうまく行われないケースがあります。例えば日付のフォーマット(YYYY/MM/DD)を必須とする情報に対して、フォーマット違反の文字列を登録が可能です。このようなフォーマット違反のデータは、他の処理でエラーになることがあるためインポート前に確認が必要です。またSnipe-IT上から登録されたデータをCSV等でエクスポートすることやSnipe-ITの資産の一覧画面から一括で編集や削除を行うことができます。

インポート画面

インポート画面

一括処理画面

一括処理画面

LDAP連携や日本語対応など、日本の企業内でも使いやすい

Snipe-ITは、AD/LDAP連携にも対応しています。LDAPと連携する場合、LDAPのエントリに登録されているユーザの情報をSnipe-ITのユーザにマッピングすることができます。LDAPと連携を行っている場合、ユーザの認証時に自動的にLDAPの情報からSnipe-ITのユーザが作成されます。また手動でユーザを同期することもできます。しかし権限の設定やユーザの削除は、Snipe-ITの画面で行う必要があります。

LDAP連携画面

LDAP連携画面

ユーザ・グループの権限管理ができる

Snipe-ITでは、以下の3つのユーザに用途を分類することができます。

  • システム管理者

    システム管理者とは、Snipe-ITの管理者を指します。

  • Snipe-ITにログインできるユーザ

    ログインできるユーザは与えられた権限の中で資産情報を登録や資産の貸し出し要求を行うことができます。

  • Snipe-ITにログインできないユーザ

    ログインができないユーザは、管理者が資産を割り当てて、管理するためだけに利用するユーザです。

Snipe-ITのユーザ作成画面で一般的なユーザのIDや名前、メールアドレスなどの情報を登録することができます。また、Snipe-ITにログインできるユーザの権限は細かく設定が可能です。権限は、ユーザ毎に変更することもできますが、グループ単位で割り当てることもできます。

ユーザ登録画面

ユーザ登録画面

Snipe-ITの問題点

資産管理のソフトウェアとして利用しやすいSnipe-ITにも以下のような問題があります。

  • 日本語翻訳がおかしいところが存在する
  • 資産の貸出処理が一括で行えない
  • 細かい条件検索ができない
  • インポート処理でフォーマットチェックが行われない

デージーネットの取り組み

Snipe-ITは、資産管理に優れたソフトウェアではありますが、使用する上でまだまだ課題があります。デージーネットでは、課題である日本語の修正を行いSnipe-ITのREST APIを利用して一括貸出のバッチスクリプト等を作成します。そしてよりお客様の使いやすい形で提案を行なっています。また、インストール方法や使い方、機能などの詳しい情報は、調査報告書に掲載しています。

関連情報の一覧

Snipe-IT調査報告書

無料資料ダウンロード

Snipe-ITは、WEB インタフェースから資産を管理するためのソフトウェアです。ここでの資産とは、主に企業などの組織が保有する物品を指します。本書は資産管理ソフトウェア「Snipe-IT」についての調査報告書です。

OSSの資産管理ツールおすすめ比較3選

資産管理比較

企業の資産を管理するツールとして資産管理ツールを導入する企業が増えてきています。ここでは、オンプレミス環境に構築できるOSSのおすすめ資産管理ツールを3選を紹介します。

デモのお申込み

もっと使い方が知りたい方へ
操作方法や操作性をデモにてご確認いただけます。使い方のイメージを把握したい、使えるか判断したい場合にご活用下さい。デモをご希望の方は、下記よりお申込みいただけます。

デモをご希望の方

デモの申し込みイメージ

Snipe-IT〜資産管理のOSS〜の先頭へ