無料資料ダウンロード

サーバ構築のデージーネットTOP > 無料資料ダウンロード

無料資料ダウンロード

デージーネットではIPv6やLinuxなど様々な資料を無料にてご提供しています。資料のご希望の方は以下のフォームよりお申し込み下さい。また、資料の無料ダウンロードを行う際はメールマガジンへの登録が必須になっています。あらかじめご了承ください。

働き方改革

リモートワークをOSSで実現!New!

チャットシステム「Rocket.Chat」 ビデオ会議システム「Jitsi」をご紹介します。この資料は、2019年2月22日にOSC 2019 Tokyo/Spring で行ったセミナーの資料です。

NFSv4調査報告書New!

NFSは、LinuxなどUNIX系のOSで利用されるファイル共有システムです。NFS プロトコルは、現在バージョン4 までがリリースされています。NFSv4は最も普及したプロトコルであるNFSv3の問題の解決を含む、いくつかの機能追加が行われています。本書は、NFSv4 についてのプロトコル・実装についての調査報告書です。

Nextcloud調査報告書New!

Nextcloudは、ファイル共有のためのソフトウェアです。WEBインタフェースでのファイルアップロード・ダウンロードができるため、外出先や在宅ワークの際も、会社内と同じファイルを閲覧・編集できます。また他の人とのファイル共有もできるため、情報共有ツールとして活用できます。

Jitsi調査報告書

Jitsiはオープンソースのビデオ会議システムです。リモートワークなどで、離れた場所にいるメンバーとの会議などに活用できます。自組織専用のシステムを構築できるため、安心して使えるビデオ会議システムを提供することができます。本書は、Jitsiについて調査した内容をまとめたものです。

OpenXPKI紹介資料

OpenXPKIは、プライベート認証局(CA)の構築や運用を実現するOSSです。パブリック認証局を利用する場合に比べ、運用コストを低減することができます。OpenXPKIでは、WEBインタフェースから証明書の管理を行うことが可能です。

Google Authenticator紹介資料

Google Authenticatorは、ワンタイムパスワード(OTP)による多要素認証を実現できます。オープンソースソフトウェアのため、ユーザライセンス費用は不要です。多要素認証非対応の認証機器でも、RADIUSに対応していれば多要素認証を実現できます。

Rocket.Chat紹介資料

Rocket.Chatでは、プライベートなチャットシステムを構築できます。ビジネスでチャットを利用する場合、個人情報や機密情報を扱う機会が多くなります。そのため、プライベート環境でのシステム導入の要望が増えています。

OpenXPKI調査報告書

OpenXPKIは、認証局を管理運用するためのソフトウェアです。複雑な証明書の管理をWEB UIから行うことができます。本書では、インストール方法から証明書の発行・失効の操作フローを紹介しています。

Google Authenticator調査報告書

Google Authenticatorは、Google社が開発した、二段階認証を行うためのモバイル端末向けアプリケーションです。iPhoneやAndroid端末などにインストールして使用できます。WordPressやRoundcubeなど、Googleと関係のないOSSでも二段階認証を行うことができます。本書はGoogle Authenticatorのインストール方法と使用方法を調査した内容をまとめたものです。

Rocket.Chat調査報告書

Rocket.Chatは、オープンソースソフトウェアのビジネスチャットツールです。Slackのようなチャットサービスをプライベート空間に実装することができます。本書は、Rocket.Chatのインストール方法や基本的な使用方法を調査した結果をまとめたものです。

Fess調査報告書

Fessは全文検索サーバです。WEBサイト内やファイルシステム内のデータを自動的に収集してElasticsearchに保管し、検索を行うことができます。データの収集の設定や検索のためのWEBインタフェースが用意されているため、導入してすぐ使うことができます。本書はFessのインストール方法と使用方法を調査した内容をまとめたものです。

セキュリティ

Rspamd調査報告書

Rspamdは、正規表現、統計分析、URLブラックリスト等のカスタムサービスを含むたくさんのルールによってメッセージを評価することができる高機能なspamフィルタシステムです。本書は、Rspamdを調査した結果をまとめたものです。

OpenSCAP調査報告書

OpenSCAPは、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)が進めている情報セキュリティ対策の自動化と標準化を行なうための規格SCAPを実装するためのオープンソースソフトウェアです。本書は、OpenSCAPのインストール方法と基本的な使用方法を調査した結果をまとめたものです。

Firejail調査報告書

FirejailはLinuxシステムでサンドボックスを実装するためのオープンソースソフトウェアです。Firejailを使用すれば、Linuxシステムに悪い影響を与える可能性があるソフトウェアをサンドボックス内で安全に実行することができるようになります。本書はFirejailのインストール方法と利用例をまとめたものです。

OpenXPKI調査報告書

OpenXPKIは、認証局を管理運用するためのソフトウェアです。複雑な証明書の管理をWEB UIから行うことができます。本書では、インストール方法から証明書の発行・失効の操作フローを紹介しています。

Vuls調査報告書

Vulsは、オープンソースソフトウェアの脆弱性診断ツールです。NVDとJVNから入手する脆弱性情報を元にサーバの脆弱性診断を実施することができます。診断結果は様々な形式でレポートすることができます。本書はVulsのインストール方法と使用方法を調査した内容をまとめたものです。

OSSEC調査報告書

OSSECは、オープンソースソフトウェアのホスト型IDS(Intrusion Detection System)です。OSSECを使用すれば、ログ解析と整合性チェック、ルートキットの検出、リアルタイム警告とアクティブレスポンスを実行することができます。本書はOSSECのインストール方法と使用方法を調査した内容をまとめたものです。

AIDEコマンド調査報告書

aideはオープンソースソフトウェアのIDS(Intrusion Detection System)です。LinuxサーバでIDSを使用することで、セキュリティに強いシステムを構築することができます。本書は、aideコマンドの使用方法等を調査した内容をまとめたものです。

FirewallD調査報告書

FirewallDは、Fedora 18から採用されたパケットフィルタリング管理ツールです。
この資料は、実際のサーバ構築の現場で利用できるかを調査しまとめたものです。
(本資料は、デージーネットの社員が社内研修で作成した資料です)

冗長化/負荷分散

コンテナHAクラスタ環境調査報告書New!

コンテナ管理ツールとして、Kubernetesが広く利用されています。Kubernetesを使用すれば、コンテナのスケーリングや複数のコンテナ間のネットワーク等を管理することができます。しかし、Kubernetesは、データベースのようなステートフルなアプリケーションを扱うコンテナに関しては、障害時の対策を十分に行うことができないという弱点があります。そこで、コンテナに注目し、障害が発生した時でも安全に復旧を行うことができる環境を調査することにしました。

Minio調査報告書New!

Minioはオブジェクトストレージを構築するためのソフトウェアです。Amazon S3互換のAPIを実装しているため、オンプレミスのシステムでAmazon S3を利用するソフトウェアと連携可能です。また1台構成から分散構成まで対応しているため用途に合わせた利用が可能です。

GlusterFS調査報告書New!

GlusterFSは、拡張可能なネットワークファイルシステムです。一般的なハードウェアを使用して、ストリーミング、データ解析、その他のデータ等で利用することができる大規模な分散ストレージソリューションを作成することができます。本書は、分散ファイルシステムを実装するためのオープンソースソフトウェアであるGlusterFSについて調査した内容をまとめたものです。

LinstorによるDRBD SDS構築についてNew!

DRBD SDSは、複数のハードウェアのストレージをひとつのストレージとして扱い、データを分散・冗長化する技術です。DRBD SDSを安定的に管理するためにLinstorという管理ツールが開発されました。本書ではLinstorを利用したDRBD SDSの管理方法やDRBD SDSを応用したKVMの冗長化についてまとめています。

HAProxy調査報告書

HAProxyは、OSI参照モデルのレイヤー7で動作するソフトウェアロードバランサ・リバースプロキシです。HTTPの他、SMTPやIMAPなどのTCPプロトコルのロードバランシングが可能です。またHTTPのクッキーやヘッダーで振り分け先のサーバを変更したり、SSLオフローダとしても利用できます。

DRBD read-balancing調査報告書

DRBD 8.4.1から新機能として「read-balancing」が追加されました。この機能はPrimary/Secondaryの両方のディスクからデータ読み出しを行うことで、ディスクI/Oの高速化を図る機能です。本書は、DRBD read-balancingのベンチマークの結果をまとめたものです。

Hawk(HA Web Konsole)調査報告書

Hawk(HA Web Konsole)は、HAクラスタの管理を行うためのウェブインタフェースです。クラスタリソースの設定やマイグレート等の操作をウェブブラウザから視覚的に行うことができます。本書はHawkのインストール方法、操作方法を調査した内容をまとめたものです。

Corosync+Pacemakerでのクラスタリング検証報告書

CentOS6に標準で用意されているパッケージを使ってHAクラスタを構築する方法を調査した資料です。デージーネットでは、通常はPacemaker + heartbeatでシステムを作っていますが、それをPacemaker + Corosyncで同じことができるかという視点でレポートされています。

運用/監視

metabase調査報告書New!

Metabaseは、Metabaseプロジェクトによって開発されているデータの可視化ツールです。いわゆるダッシュボードソフトウェア・BIツールなどと呼ばれるもののひとつです。本書は監視ソフトウェア「metabase」についてまとめたものです。

icinga2調査報告書New!

icinga2はネットワークやシステムを監視するソフトウェアです。icingaは、Nagiosと呼ばれる監視ソフトウェアから派生して開発されました。icingaのバージョン2では、Nagiosから引き継いでいたコアフレームワークを書き換えて、処理の効率化や新機能の追加が行われました。本書は監視ソフトウェア「icinga2」の調査報告書です。

不正調査から障害調査まで~大量のログデータの統合管理をオープンソースで~New!

Graylogは、オープンソースの統合ログ管理ソフトウェアです。様々な機器から出力される大量で多様なログを集中管理、高速な検索やグラフによる可視化を可能にします。本書では、Graylogについてご紹介するとともに、活用事例についてもご紹介します。

Grafana調査報告書

Grafanaは、ダッシュボードを構築するためのオープンソースソフトウェアです。Zabbixと連携することができ、複数のZabbixの統計情報をひとつのダッシュボードに表示することができます。本書は、Grafanaを調査した結果をまとめたものです。

ログ管理/全文検索のOSS紹介+α 〜情報の「見える化」〜

2018年5月19日にOSC 2018 Nagoyaで行ったセミナーの資料です。
"見える化"をテーマに、Graylogによるログ管理、Fessによる文書管理、phpIPAMによるIPアドレス管理について紹介しています。

  • 情報の「見える化」をOSSで!
  • ログ管理システム「Graylog」、全文検索システム「Fess」、IP管理システム「phpIPAM」をご紹介します。この資料は、2018年9月23日にOSC 2018 Hiroshimaで行ったセミナーの資料です。

  • 情報の「見える化」をOSSで!
  • ログ管理システム「Graylog」、全文検索システム「Fess」+αをご紹介します。この資料は、2018年8月3日にOSC 2018 Kyotoで行ったセミナーの資料です。

phpIPAM調査報告書

phpIPAMは、オープンソースソフトウェアのIPアドレス管理システムです。ウェブインタフェースからIPアドレスに関連する様々な情報を管理することができます。本書は、phpIPAMのインストール方法や基本的な使用方法を調査した結果をまとめたものです。

Cacti 1.x分散構成調査報告書

Cactiはネットワーク監視、グラフ生成のソフトウェアです。raXnetにより開発され、オープンソースソフトウェアとして公開されています。本書はCacti 1.xの分散構成について調査した内容をまとめたものです。

Graylog調査報告書

Graylogは、ログの収集・集計・グラフ化・アラート送信などをオールインワンで行なうことができるログ管理ツールです。本書は、Graylogでの様々なデータの収集・グラフ化の検証結果を実際の例を踏まえて解説しています。

Fluentd調査報告書

Fluentdは、ログ集約・集計などを行うことができるオープンソースソフトウェアです。ログの集約や集計を自動で行ってくれるため、システム管理の負担を軽減することができます。本書はFluentdのインストール方法、使用方法を調査した内容をまとめたものです。

Logstash調査報告書

Logstashは、汎用的なログ管理システムです。ログや様々な形式のデータを受け取り、フィルタリングして別のシステムに保存することができます。本書は、Logstashのインストール方法や基本的な使い方、LogstashとElasticsearch/Kibanaを連携させて収集したログの可視化方法などをまとめたものです。

collectd調査報告書

collectdはシステムの統計情報を収集して保存するためのツールです。サーバにcollectdをインストールすれば、そのサーバの統計情報をグラフで参照することができるようになります。本書はcollectdのインストール方法と使用方法を調査した内容をまとめたものです。

Cacti分散構成調査報告書

Cactiは、ネットワーク機器の監視を行い、その情報をグラフ化して表示するためのオープンソースソフトウェアです。本書は、Cactiを機能毎に分散することで、大規模システムの監視にも対応できる構成を調査した内容をまとめたものです。

Zabbix Proxy調査報告書

Zabbix Proxyは、Zabbixサーバのかわりに監視対象から監視データを収集し、Zabbixサーバに情報を送信する機能です。この資料は、Zabbix Proxyについて調査しまとめたものです。

Zabbix構築サービス

Zabbix構築サービスのカタログです。構築費用の概算などの情報も記載されています。

DNS

NSD調査報告書

NSDは、"Name Server Daemon"の略で、DNSサーバのオープンソースソフトウェアです。NSDのインストールや設定方法、BIND比較した性能や脆弱性の数をまとめています。本書は、2015年1月21日に作成した調査報告書を改訂した資料です。

OSSで構築する安全で便利なDNSサーバ(PowerDNS, dnsdist, Unbound)

2018年2月24日にOSC 2018 Tokyo/Springで行ったセミナーの資料です。PowerDNS, dnsdist, Unbound等のオープンソースソフトウェアを使用した、安全で便利なDNSサーバの構成を紹介しています。

Unbound水責め攻撃対策調査報告書

本書は、DNSサーバに対する水責めと呼ばれる攻撃の対策についての調査報告書です。高速・堅牢なキャッシュDNSサーバであるUnboundのセキュリティ機能が、攻撃の対策として有効であるか検証を行ないました。

dnstap調査報告書

DNSのクエリログを取得したいけれど、DNSサーバのパフォーマンスに影響することが心配という声をお聞きします。こんな時にはdnstapが便利です。本書は、DNSのログ出力の仕組みであるdnstapについて調査した内容をまとめたものです。

ネット史上初めての「KSKロールオーバー」の概要、影響と、その対策

2017年8月に東京で行ったセミナーの資料です。セミナーでは、「KSKロールオーバー」の概要、影響、行なっておくべき対策についてご説明しました。

PowerDNSとその周辺OSSのご紹介 ~BINDはもういらない~

2017年8月4日にOSC 2017 Kyotoで行ったセミナーの資料です。セミナーでは、セキュアで便利な権威DNSサーバPowerDNSと、広く利用されているBINDの比較を行いました。

Linuxシステムをもっと安全で便利に!~PowerDNSと冗長化システムのご紹介~

2016年11月3日にOSC 2016 Tokyo/Fallで行ったセミナーの資料です。セキュアで便利な権威DNSサーバPowerDNS、Linux冗長化の導入事例、デージーネット製のOSSについて紹介しています。

DNS水責め攻撃対策の調査報告書

2014年初旬からDNS水責めと呼ばれるDNSDDoS攻撃が見られるようになりました。日本国内でもこの攻撃によるDNS障害が多く発生しております。本書は、OSSのunboundとunbound-reqmonを使用したDNS水責め攻撃対策について調査した内容をまとめたものです。

NSD,KnotDNS,PowerDNSベンチマーク報告書

デージーネットOSS研究室が、BINDに代わって使われるようになった、NSDKnotDNSPowerDNSなどの権威DNSサーバの性能評価を行った報告資料です。

PowerDNS+Poweradmin

BINDに代わって注目されているDNSサーバのPowerDNSと管理ソフトウェアの説明資料です。

DHCP

Kea調査報告書

KeaはISC(Internet Systems Consortium)が開発してリリースしているオープンソースソフトウェアのDHCPv4/DHCPv6サーバです。リース情報をデータベースに出力したり、APIを利用してDHCPサーバの統計情報を取得したりする機能が実装されています。本書は、Keaのインストール方法と基本的な使用方法を調査した結果をまとめたものです。

DHCPサーバのPrefix Delegationの動作確認とルータの設定について

IPv6 Prefix Delegationの確認方法について解説したレポートです。また、Prefix Delegationを利用するLinuxルータの構築方法についても詳細に記載しています。

認証

389 Directory Server調査報告書New!

389 Directory Serverはオープンソースのディレクトリサーバです。OpenLDAPサーバに替わるLDAPソフトウェアとして注目されています。本書では、389 Directory Serverのインストールや基本的な管理方法を紹介しています。

Keycloak調査報告書New!

Keycloakは、シングルサインオンを実現するための認証プロバイダです。SAMLとOpenID Connectに対応するソフトウェアと連携ができます。本調査報告書では、Rocket.chatとApache HTTP Serverのoidcモジュールとの連携方法を調査した結果を解説しています。

Google Authenticator調査報告書

Google Authenticatorは、Google社が開発した、二段階認証を行うためのモバイル端末向けアプリケーションです。iPhoneやAndroid端末などにインストールして使用できます。WordPressやRoundcubeなど、Googleと関係のないOSSでも二段階認証を行うことができます。本書はGoogle Authenticatorのインストール方法と使用方法を調査した内容をまとめたものです。

daloRADIUS調査報告書

daloRADIUSは、RADIUS認証サーバの管理を行うためのウェブプラットフォームです。ユーザ管理、グラフィカルレポーティング、アカウンティングログ参照等の操作をウェブインタフェースから実施することができます。本書は、daloRADIUSのインストール方法と基本的な使用方法を調査した結果をまとめたものです。

情報配信/管理

phpMyFAQ調査報告書New!

phpMyFAQは、FAQシステムを構築するためのソフトウェアです。「質問」と「回答」を集めて検索、表示するためのシステムで公開することで、利用者の利便性を向上することができます。また、ヘルプデスクやサポートセンター等では、想定される質問とその回答を予めFAQで公開すると、問い合わせの数を減らす効果も期待できます。

X2CRM調査報告書New!

X2CRMは、マーケティングやセールスを効率化するためのソフトウェアです。顧客毎の情報を管理するだけでなく、顧客からの問い合わせをトリガーとして、自動的に担当者をアサインして、応答メールを送信するなど、オートメーションの機能も搭載されています。本書は、X2CRMのコアな機能と使用方法をまとめたものです。

Rocket.Chat調査報告書

Rocket.Chatは、オープンソースソフトウェアのビジネスチャットツールです。Slackのようなチャットサービスをプライベート空間に実装することができます。本書は、Rocket.Chatのインストール方法や基本的な使用方法を調査した結果をまとめたものです。

Fess調査報告書

Fessは全文検索サーバです。WEBサイト内やファイルシステム内のデータを自動的に収集してElasticsearchに保管し、検索を行うことができます。データの収集の設定や検索のためのWEBインタフェースが用意されているため、導入してすぐ使うことができます。本書はFessのインストール方法と使用方法を調査した内容をまとめたものです。

便利で安全なwebメールRoundcube

2017年9月10日にOSC 2017 Tokyo/Fallで行ったセミナーの資料です。セミナーでは、便利で安全なwebメールRoundcubeを紹介しました。また、一緒に使用すると便利なプラグインや冗長化の仕組みも合わせてご紹介しています。

Linuxシステムをもっと安全で便利に!~冗長化システム、動画配信OSS Kalturaのご紹介~

OSC 2016 Nagoyaで行ったセミナーの資料です。動画配信プラットフォームKaltura、HAクラスタの事例、デージーネット製のOSSについてご紹介しています。

Kaltura調査報告書

Kalturaは、動画コンテンツの管理、編集、配信、レポーティングがweb上で一元管理できるオープンソースソフトウェアの動画配信プラットフォームです。本書では、Kalturaのインストール方法や基本的な使い方を紹介しています。

データベース

pg_bulkload調査報告書

pg_bulkloadとは、一定の制約条件の下で大量のデータを高速にロードするためのプログラムです。PostgreSQLの機能を拡張して利用します。従来のCOPYコマンドより高速に大量のデータをロードすることができます。本書は、pg_bulkloadのベンチマークの結果をまとめたものです。

PostgreSQLの外部データベース連携

Postgres_FDWは、PostgreSQLの外部データベース接続を行えるモジュールです。外部に存在するデータベースをあたかも内部のデータベースのように扱うことができます。本書はPostgres_FDWを利用し、外部データベースとの連携処理を調査した内容をまとめたものです。

PostgreSQL9.xレプリケーションの評価

PostgreSQL9.xから追加されたストリーミングレプリケーション機能を使ってHAクラスタを構築する場合の設定例と、ベンチーマーク結果をまとめたものです。ベンチマークでは、pgpoolやsloonyを使った場合との性能比較を紹介しています。

バックアップ

Duplicty調査報告書

Duplicityは、指定されたディレクトリを暗号化されたtarファイルにし、リモートサーバにアップロード、もしくはローカルサーバに保存するユーティリティです。本書は、Duplictyのインストール方法やDuplictyコマンドなど、デージーネットのOSS研究室が行なった調査結果をまとめたものです。

システムイメージバックアップ調査報告書

システムイメージバックアップとは、OS、アプリケーション、設定、データなどシステム全体を丸ごとバックアップする方法です。本書は、システムイメージバックアップが行えるオープンソースソフトウェアであるMondo Rescue, Relax-and-Recover, Clonezillaの3つのソフトウェアについて調査を行し、まとめたものです。

クラウド・仮想基盤

GitLabコンテナレジストリ機能調査報告書New!

GitLabは、ソフトウェア開発ライフサイクルを実施するための単一アプリケーションです。本書は、GitLabのコンテナレジストリ機能について調査した内容をまとめたものです。

Kubernetes/Linstor調査報告書New!

Kubernetesは、コンテナのオーケストレーションソフトウェアです。Kubernetesのバックエンドストレージのひとつとして、Linstor が利用できるようになりました。本書は、KubernetesとLinstorを利用する方法についてまとめたものです。

Kubernetes調査報告書New!

Kubernetesは、Dockerコンテナを始めとするコンテナを管理するためのソフトウェアです。コンテナ間のネットワーク制御や、コンテナの監視、異常時のセルフヒーリング機能など、コンテナを管理する上で必須の機能が備わっています。本書では基本的なKubernetesの概念と使い方を紹介しています。

CloudStack冗長化調査報告書

CloudStackは、IaaSクラウドを構築するためのオープンソースソフトウェアです。本書は、デージーネットのOSS研究室がCloudStackの冗長構成について調査し、まとめたものです。

ownCloud調査報告書

ownCloudは、OSSのオンラインストレージのソフトウェアです。SuSE Linuxの開発者などが中心になり、コミュニティで開発が行われています。本書は、ownCloudのインストール方法やLDAPサーバとの連携など、デージーネットのOSS研究室がownCloudを調査した結果をまとめたものです。

Dockerの紹介

RedHat Enterprise Linux 7/CentOS 7で利用できるDockerについての説明資料です。

セミナー資料

OSS技術者が変わる10の習慣

2014年7月5日のOSC名古屋で、弊社代表の恒川が講演したセミナーの資料です。

資料申し込みフォーム

入力項目は全て必須です。

請求資料 【働き方改革】
リモートワークをOSSで実現!(OSC 2019 Tokyo/Spring)
NFSv4調査報告書
Nextcloud調査報告書
Jitsi調査報告書
OpenXPKI紹介資料
GoogleAuthenticator紹介資料
Rocket.Chat紹介資料
OpenXPKI調査報告書
Google Authenticator調査報告書
Rocket.Chat調査報告書
Fess調査報告書
【セキュリティ】
Rspamd調査報告書
OpenSCAP調査報告書
Firejail調査報告書
OpenXPKI調査報告書
Vuls 調査報告書
OSSEC調査報告書
AIDEコマンド調査報告書
FirewallD調査報告書
【冗長化/負荷分散】
コンテナHAクラスタ環境調査報告書
Minio調査報告書
GlusterFS調査報告書
LinstorによるDRBD SDS構築について
HAProxy調査報告書
DRBD read-balancing調査報告書
Hawk (HA Web Konsole) 調査報告書
Corosync+Pacemakerでのクラスタリング検証報告書
【運用/監視】
metabase調査報告書
icinga2調査報告書
不正調査から障害調査まで〜大量のログデータの統合管理をオープンソースで〜
Grafana調査報告書
ログ管理/全文検索のOSS紹介+α 〜情報の「見える化」〜
  (OSC 2018 Nagoya)
情報の「見える化」をOSSで!(OSC 2018 Hiroshima)
情報の「見える化」をOSSで!(OSC 2018 Kyoto)
phpIPAM調査報告書
Cacti 1.x分散構成調査報告書
Graylog調査報告書
Fluentd調査報告書
Logstash調査報告書
collectd調査報告書
Cacti分散構成調査報告書
Zabbix Proxy調査報告書
Zabbix構築サービス
【DNS】
NSD調査報告書
OSSで構築する安全で便利なDNSサーバ
  (OSC 2018 Tokyo/Spring)
Unbound水責め攻撃対策調査報告書
dnstap調査報告書
KSKロールオーバーの概要、影響と、その対策
PowerDNSとその周辺OSSのご紹介 ~BINDはもういらない~
  (OSC 2017 Kyoto)
PowerDNSとその周辺OSSのご紹介 ~BINDはもういらない~
  (OSC 2017 Nagoya)
PowerDNSとその周辺OSSのご紹介 ~BINDはもういらない~
  (OSC 2017 Tokyo/Spring)
PowerDNSと冗長化システムのご紹介
DNS水責め攻撃対策の調査報告書
NSD,KnotDNS,PowerDNSベンチマーク報告書
PowerDNS+Poweradmin
【DHCP】
Kea調査報告書
DHCPサーバのPrefix Delegationの動作確認とルータの設定について
【認証】
389 Directory Server調査報告書
Keycloak調査報告書
Google Authenticator調査報告書
daloRADIUS調査報告書
【情報配信/管理】
phpMyFAQ調査報告書
X2CRM調査報告書
Rocket.Chat調査報告書
Fess調査報告書
便利で安全なwebメールRoundcube
冗長化システム、動画配信OSS Kalturaのご紹介(OSC 2016 Nagoya)
冗長化システム、動画配信OSS Kalturaのご紹介(OSC 2016 Tokyo/Spring)
Kaltura調査報告書
【データベース】
pg_bulkload調査報告書
PostgreSQLの外部データベース連携
PostgreSQL9.xレプリケーションの評価
【バックアップ】
Duplicty調査報告書
システムイメージバックアップ調査報告書
【クラウド・仮想基盤】
GitLabコンテナレジストリ機能調査報告書
Kubernetes/Linstor調査報告書
Kubernetes調査報告書
CloudStack冗長化調査報告書
ownCloud調査報告書
Dockerの紹介
【セミナー資料】
OSS技術者が変わる10の習慣
例:株式会社デージーネット
例:山田 太郎
例:ヤマダ タロウ
例:example@designet.co.jp(半角英数字でご記入ください)

個人情報の取り扱いについて

以下の文章は株式会社デージーネットが、このたびの資料申し込みに伴い取得するお客様の個人情報のお取扱いについてご説明するものです。
当社へお問い合わせくださる場合には、必ず本書面をお読み頂き、ご同意のうえ、お問い合わせいただきますようお願い致します。

1.個人情報の利用目的

当社は、資料申し込みフォームに記載された個人情報について、以下の目的のためにのみ利用します。

  1. お客様との連絡
  2. メールマガジンの配信
  3. サービスのご案内

2.個人情報の第三者への提供

お客様の個人情報を、外部に提供することはありません。

3.情報提供の任意性

個人情報のご提供は、任意です。ただし、ご提供頂けなかった場合、必要な諸手続きを行うことできないことがございます。あらかじめご了承ください。

4.お客様の個人情報の保護対策

  1. 当社は保有する個人情報に厳重な安全対策を施します。
  2. 個人情報管理責任者を任命し、お客様の個人情報に対する保護の監督に努めます。
  3. 当社の従業員に対して個人情報保護に関する教育を定期的に行います。

5.個人情報の委託

お客様の個人情報を、データ処理などのために外部委託することはありません。

6.当社の個人情報管理責任者(「個人情報保護管理者」)

所属及び氏名:ソリューション開発部 丸吉 祐也
連絡先:052-709-7121

7.お問い合わせ、訂正・利用停止等

当社が保有するお客様の個人情報の開示、その内容の訂正もしくは削除については、下記お問い合わせ窓口までご連絡ください。

【お問い合わせ・相談窓口】
担当 管理部まで

苦情処理について

認定個人情報保護団体の対象事業者における、個人情報の取扱いに関する苦情処理の申出先は以下のとおりです。

一般財団法人日本情報経済社会推進協会 個人情報保護苦情相談室

<住所>
〒106-0032 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル12F

<電話番号>
03-5860-7565
0120-700-779

<お申出電話の録音について>
お電話での苦情等のお申出の際に、申出内容を正確に把握し対応をさせて頂くため、通話を録音させて頂くことがございます。録音させて頂いた内容については、苦情等の解決のために利用いたします。

プライバシーマーク

無料資料ダウンロードの先頭へ