よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > Cactiとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

Cactiとは

Cactiとは、サーバのネットワークトラフィック、CPU使用率、空きメモリ量、ディスク使用率などをグラフ化するソフトウェアである。raXnetが開発し、オープンソースソフトウェアとして公開されている。

Cactiは、SNMPを使用し、監視ターゲットの統計情報を取得・グラフ化する。また、Cacti Users提供のプラグインをインストールすることで監視システムとしても利用できる。

CactiはMRTGの代替ツールであり、MRTGがテキストファイルで設定、データを管理するのに対して、Cactiはデータの保存にRRDToolを使用しており、ホストの追加やインタフェースの追加など、すべてWEBインタフェースを通して設定変更が可能である。

作成されるたくさんのグラフをネットワーク機器の機種や用途などで分類し、ツリー構造で管理することができる点、また、設定変更といったすべての権限を持った管理者ユーザや、グラフを見ることしか出来ない一般ユーザといったように、ユーザごとの権限を設定できる点も、MRTGより優れている点である。LDAPを使ったユーザ管理にも対応している。

デージーネットのcactiに対する取り組み

デージーネットでは、OSSの監視ソフトウェアとしてZabbix、Cacti、Nagiosなど、いろいろなソフトウェアを扱っている。その中でも、MRTGからの移行、リソース監視、グラフの作成などの機能が重要視されるケースでは、Cactiを推奨している。

Cactiによる監視サーバの構築

デージーネットでは、Cactiを使った監視サーバの構築サービスを実施している。Cactiサーバをインストールするだけでなく、モニタ対象機器の登録などを行う。Cactiでは、プログインなどを導入することで閾値監視を行うことも可能だが、こうしたカスタマイズにも対応する。

Cactiサーバの冗長化

非常に重要なシステムをモニタする場合には、Cactiサーバを冗長化し、ハードウェア障害があったときにもモニタが継続できるような構成をとる必要がある。デージーネットでは、このような冗長構成のシステム構築も行っている。

Cactiサーバのスケーラビリティ

通常、1台のCactiサーバで監視できる監視対象の数は数百台程度である。それ以上の対象を監視する場合には、情報収集を行うpollerを高速なものに置き換えるなどの対処を行っている。また、さらに大規模な場合や監視対象のロケーションが複数に分かれている場合には、複数のpollerを配置し、分散型の監視システムを構築することで、スケーラビリティを確保することを推奨している。

Cactiソフトウェアの保守

残念ながら、Cactiでは商用サポートが利用できない。しかし、デージーネットでは、導入後の支援としてOpen Smart Assistanceを提供している。Open Smart Assitanceでは、障害が発生した時に、リモートから障害原因の解析サービスを受けることができる。そして、バグなどがあった場合には、デージーネットがコミュニティーに連絡して、対応を促している。
また、Open Smart Assitanceのクーポンサービスを活用し、新たな監視対象を追加する方法の問い合わせなどにも対応している。

【カテゴリ】:システム監視  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

Cactiに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「Cacti」という用語と関連情報について説明します。「Cacti」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

Cactiとは先頭へ