よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > オープンソースソフトウェアとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

オープンソースソフトウェアとは

OSSとは、無償で利用でき、ソースコードが公開されているソフトウェアのことである。Open Source Softwareの略称で、日本語でもオープンソースソフトウェアと呼んでいる。無償で利用できるとは言っても、ライセンス(著作権)表示が存在しない訳ではなく、自由に配布したり利用したりすることができるライセンス形式になっている。

オープンソースソフトウェアという言葉は、Netscapeというウェブブラウザのソースコードを公開するにあたって、適切な言葉を議論した中で生まれてきたものと言われていて、2000年前後くらいから使われるようになった。

実際にオープンソースソフトウェアと同様の考えは、1980年代から既に普及していた。特に、無償のUnixであるFreeBSDが使っているBSDライセンスや、フリーソフトウェア財団(GNU)が使っているGPL(GNU Public License)は、その頃から存在している。

オープンソースソフトウェアの要件の厳密な定義はないが、一般的にはOpen Source Initiative (OSI) が 掲げたOpen Source Definition(OSD)の定義が使われている。

Open Source Definition(「OSSで飯が食えるか」より引用)

  1. 再配布の自由
    ライセンスが、ソフトウェアを自由に販売、配布することを制限しないこと。また、販売に対して報酬を要求しないこと。
  2. ソースコードの配布
    ソースコード(設計情報)の配布を許可し、容易に入手できること(無償ダウンロードを推奨)。
    また、変更が容易な形式で公開されていること。
  3. 派生ソフトウェアの配布の許可
    ライセンスが、ソフトウェアの変更を許可すること。また、変更後の派生ソフトウェアを元のソフトウェアと同じ条件で配布することを許可すること。
  4. 作者コードの完全性
    オリジナルコードの作者は、ソフトウェアを変更した場合には、元のソースコードが分かるようにパッチ形式(変更の差分)で配布するようにライセンスで求めることができる。また、変更したソフトウェアに別の名前を付けるように求めることもできる。
  5. 個人やグループに対する差別の禁止
    ライセンスで特定の個人やグループに対しての利用制限を行うなどの差別を行わないこと。つまり、可能な限りの多種多様な人々が平等に使用でき、ソフトウェアの発展に貢献できなければならない。
  6. 使用分野に対する差別の禁止
    ライセンスで特定の用途に対する利用制限を行うなどの差別を行わないこと。
  7. ライセンスの配布
    プログラムに対する権利は、第三者の追加的なライセンスへの同意を求めることなく、再配布された人に等しく分配されること。
  8. 製品を特定したライセンスの禁止
    プログラムに対する権利が、他の特定の配布物の一部であることを前提としてないこと。つまり、プログラムの一部を配布物から取り出した場合にも、同じ権利で利用できること。
  9. 他のソフトウェアを制限するライセンスの禁止
    他のソフトウェアと同じメディアを使って配布することを禁止するなど、他のソフトウェアに対する制限を行わないこと。
  10. ライセンスの技術的な中立
    他の製品やインタフェース様式に基づいたライセンス条項がないこと。

現在のインターネットの元になったWWWサーバの技術や、暗号化の技術などが、オープンソースソフトウェアとして公開されたことがきっかけで、インターネットを中心にした多くのテクノロジーが生まれたと言われている。オープンソースソフトウェアと同様の考え方は、オープンソースムーブメントと言われ、広く世界に普及しつつある。

【カテゴリ】:オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

オープンソースソフトウェアに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「オープンソースソフトウェア」という用語と関連情報について説明します。「オープンソースソフトウェア」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

オープンソースソフトウェアとは先頭へ