よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > NSDとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

NSDとは

NSDとは、「Name Server Daemon」の略で、NLnet LabsとPIPE NCCが共同で開発を行い、保守を行っている権威DNSサーバのオープンソースソフトウェアです。DNSルートサーバの一部を担っており、十分な動作実績があります。

NSDには、以下のような特徴があります。

  • 権威DNSサーバの機能のみを提供し、再帰問い合わせの機能はない
  • BINDと比較しパフォーマンスが高い
  • BINDと比較し脆弱性が少ない
  • 静的なメモリデータベースを利用する
  • 設定ファイルがシンプルである
  • 権威DNSサーバの以下の機能は実装されていない
  •   ・IXFR(差分ゾーン転送)のマスター側機能
      ・クエリログ
      ・Dynamic Update
      ・bindのviewの機能

NSDは、インストール・設定方法がシンプルで、BINDとゾーンファイルの互換性があることから、導入は容易にできます。一部実装していない機能がある、ディストリビューションからrpmが提供されていないという点は注意が必要ですが、権威DNSサーバとして実用に耐えうるソフトウェアです。

また、「NSD,KnotDNS,PowerDNSベンチマーク報告書」によると、性能面でもBINDをはるかに越えていて、性能、実績とも十分なDNSサーバだといえます。

【カテゴリ】:DNS  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

NSDに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「NSD」という用語と関連情報について説明します。「NSD」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

NSDとは先頭へ