システム構築

構築事例:資産管理システムSnipe-ITの社内導入

Open Smart Design

今回は、資産管理システムSnipe-ITをデージーネットの社内に導入した事例です。弊社では、業務効率化とセキュリティ強化の対策として、パソコンやマウス、ハードウェア等のIT資産や、紙やペンなどの消耗品も資産管理システムを使って管理・運用しています。

お客様が悩まれていた課題
資産がタイムリーに管理できていない
Excelでの台帳管理は手間
ソフトウェアライセンスの管理ができていない
+導入企業プロフィール
導入企業業種

IT企業

ユーザー規模

40名

利用OS

Ubuntu20.04LTS

導入月

2022年1月

デージーネットが提案した「資産管理システムSnipe-ITの社内導入」

アイコン男性

解決ポイント

資産管理システムSnipe-ITを利用してWeb上で資産管理を行う

Snipe-ITとは、WEBインタフェース上で企業の資産を管理するためのオープンソースソフトウェアです。OSSのためライセンスフリーで利用すること可能です。Snipe-ITは、パソコンやスマートフォンなどのデバイスやソフトウェア、ライセンス等のPC関連用品、そしてオフィス用品などのIT資産管理のために開発されているソフトウェアです。OSSの資産管理システムにはインベントリ管理に特化したものも多いですが、Snipe-ITは管理対象を問わず、IT資産以外の消耗品等管理にも応用することが可能です。Snipe-ITでは、登録の際に資産とユーザ・場所を関連させる他に、資産の写真などもあわせてアップロードすることができます。名前から判別がつきにくいものも、画像で判別ができるように工夫されています。また資産を管理するためのバーコードやQRコードを発行する機能があります。QRコードを印刷して資産に貼りつけておくことで棚卸にも活用できます。

snipe-it画面

社内で導入しようとしたきっかけ

これまで社内の方針では、パソコンやスマホなどの資産を、Excelの表で管理していました。ただExcelの表では、1人しか更新作業が行えず、また更新する人によって、登録する情報に差異が生じるという問題がありました。そもそもの更新が滞り、破棄されたはずの資産が残っているなど、正確な数の把握が十分にできていないということもありました。また、会社としてISMS認証の取得のため、ソフトウェアライセンスなどを含む、資産管理の効率化が課題として挙がっていたという背景もあります。個人情報保護に加え、情報資産の保護の為、これまで以上に正確な資産管理が求められる状況でした。これらの課題といくつかのソフトウェアを鑑みて、もっとも柔軟に運用を開始できるSnipe-ITの導入を行うことにしました。

Snipe-ITの活用方法

デージーネットでは、以下の資産をSnipe-ITで管理しています。

  • パソコン
  • マウス
  • ハードウェア
  • ソフトウェア
  • スマートフォン
  • ライセンス
  • 消耗品(コピー用紙やCD,DVD)

パソコンなどのIT機器は、1台ごとに型番や使用者、設置デスクやサポート期間を登録しています。消耗品は、利用や配布した際に消費ボタンを押し、一定の在庫数になった際に自動でメールが送られるようにしています。

導入・運用の際の工夫

Snipe-ITは、CSVでのデータインポートに対応しているため、Excelからの移行は比較的素早く行うことができました。またSnipe-ITは、資産毎に必要な情報だけをカスタマイズして登録できるため、登録する情報の変更など、担当者に負担がかかる業務の工数を減らすことができました。結果として、運用的にも、ExcelからSnipe-ITの移行がスムーズに行われました。ただ、Excelから移行できない情報もありました。そのような情報はSnipe-ITのAPIを使って移行のためのプログラムを開発し連携させました。結果として、手動での移行作業を減らし効率のよい導入が実現できました。

導入後の結果

アイコン女性

Snipe-ITを導入後、資産を効率的に一元管理できるようになりました。WEBインタフェースから利用できるため、検索も簡単に行うことができ、また複数人での利用も可能なため運用効率も大幅に向上しました。WEBであることは、昨今のリモートワークの現場でも役にたっています。また保守期限が迫った場合のメール通知や、ライセンスやモノの在庫切れの通知など、物品の購入を計画的に行う仕組みもあり、便利になりコスト削減にもつながっています。

【Webセミナー】脱PPAPへ、パスワード付きZIPファイルに代わるセキュリティ対策セミナー

日程: 5月19日(木)Webセミナー
「BigBlueButton」を使用します。
内容: パスワード付きZIPファイルのメール送信(PPAP)の代替となるセキュリティ対策をご紹介します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

資産管理システムSnipe-ITの社内導入の関連ページ

社内サーバインフラの構築の事例一覧

デージーネットの構築サービスの流れ

デージーネットの構築サービス(Open Smart Design)では、OSSを安心して使っていただくために、独自の導入ステップを採用しています。詳しい情報は以下のリンクからご覧ください。


詳細情報ボタン

サービスの流れイメージ

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。


モデルプランをご希望の方

モデルプラン資料イメージ

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。


unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

全国対応イメージ

資産管理システムSnipe-ITの社内導入の先頭へ