メールマガジン

サーバー構築のデージーネットTOP > メールマガジン > デージーネットマガジン9月号 > OSSのパラダイム

OSSのパラダイム

システム管理のつぼ(2013年9月号)

フロンティア開発部 米山陽介

OSSは、使い方によってはとても便利で、役立つものになりますが、使い方を誤ると思わぬ問題を引き起こしたり、使い辛いものになってしまいます。

では、どのようなことを知っていれば、より快適に使うことが出来るのでしょうか?

「オープンソースでメシが食えるか!?成功するシステム構築のためのOSS活用術」(秀和システム:恒川 裕康)の中で、OSSのパラダイムとして7つの原則が紹介されています。
この原則を知っていると、オープンソースを扱う場合の指針になります。

1. 善意の原則
    OSSの公開情報の扱いや、コミュニティの扱いについて
2. 需要適合の原則
    OSSのアップデートの扱いや、OSSの利用について
3. 陳腐化の原則
    OSSの最新情報の扱いについて
4. 早期公開の原則
    OSSの機能の保証について
5. OSS優先の原則
    OSSを使用する環境について
6. 協調の原則
    OSSの標準化について
7. 部品の原則
    OSSそれぞれが部品であることについて

デージーネットでは、OSSを扱うプロフェッショナルとして、OSSをより最適に使用できるように、常に意識しています。

来月から順番に紹介します。乞うご期待ください。

デージーネットマガジン2013年9月号記事一覧

OSSのパラダイムの先頭へ