メールマガジン

サーバー構築のデージーネットTOP > メールマガジン > デージーネットマガジン10月号 > 技術者育成への道

技術者育成への道

今月のアンケート(2015年10月号)

アンケート結果は、次のデージーネットマガジンでお知らせしますので、是非アンケートにお答えください。

こちらからご回答ください↓
アンケート(受付は終了しました)
結果は次回のデージーネットマガジンでお伝えします。お楽しみに!

9月号のアンケート結果

課題の追及

先月のアンケートでは、抱えている課題で多いものに対して、「課題の追及」というテーマのもと、アンケートを作成・配信させていただきました。

先ずは、皆様からのアンケート結果を見てみたいと思います。

1.運用、管理業務で負荷が大きいと感じているのはどれでしょうか。
社内ユーザからの問合せ業務33%
業務処理を行う運用業務0%
システムに対する監視業務0%
システムの障害対応業務50%
システムに対するメンテナンス業務17%
その他
[      ]
2.情報の属人化の原因となるものはどれでしょうか。
情報共有を行うシステムがないこと17%
情報の取り扱いに関するルールや規定がないこと17%
手順書等のマニュアルが存在しないこと0%
個人裁量の範囲が大きいこと0%
現場の技術力が一定でないこと66%
その他
[      ]
3.特定ベンダーに依存することで困ることはどれでしょうか。
情報量が限られること0%
受ける提案の良し悪しが判断出来ないこと50%
システムが自社に合っているか分からないこと17%
他ベンダーに相談や検討が出来難いこと33%
現場の技術力が低下すること0%
その他
[      ]
4.システム部門のメンバーは全員で何人でしょうか?
0人(専任はおらず、兼務で対応)33%
1人17%
2~5人0%
6~10人33%
11人以上17%

昨今、内製化が進んでいるなと、お客様への営業活動を通じて感じておりました。
しかし、組織体制上、兼務でご対応されているお客様も多く、その現状がアンケート結果に表れていたと思います。

次に、情報の属人化の原因となるものとして、「現場の技術力が一定でないこと」に一番多くのご回答を頂きました。
現場の技術力の水準を引き上げることで、特定の技術者に依存する状況を改善でき、属人化を防ぐことができるかと思います。

また、技術力の水準を引き上げる過程で、経験や知識を蓄積すると思います。技術力を磨くことが本来の目的ですが、得た経験や知識は、他でも役に立つと思いませんか?

例えば、課題として回答が多くあった障害時の対応やベンダーから受ける提案の良し悪しの判断です。障害時の対応では、手探りで対応に当たっていたことが、予測を立てて対応に当たれるようになるかと思います。そして、ベンダーから受ける提案では、技術面での評価を行えるようになったりと、付随して得られる効果もあると思います。

しかしながら、技術者の育成は時間と労力が掛かり、計画通りに進まないお客様も多いかと思います。
デージーネットでは、そういったお客様に対してセミナーをご用意しています。普段システム管理を実務で行っている専門家が、ノウハウを基礎から丁寧に分かり易くお伝えします。定型セミナーからカスタマイズセミナーまで幅広くセミナーサービスをご用意しております。

メンバーの育成、新人教育などにも活用頂くことが出来ますので、一度、ご検討を頂けると幸いです。

デージーネットマガジン2015年10月号記事一覧

技術者育成への道の先頭へ