よくある質問・用語集

デージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > Logstashとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

Logstashとは

Logstashは、ログを収集し、扱いやすい形式に変換するためのオープンソースソフトウェアです。ログだけではなく様々な形式のデータを収集・変換し、任意の場所に保管することができます。
Elastic社が開発しているオープンソースソフトウェアで、Apache2ライセンスの下で公開されています。

Logstashを利用すると、ログファイルに溜まっているデータを解析して、データベースへ格納するなど、用途にあった形にデータを変換・保存することができます。

Logstashで実現できること

Logstashを使うことで、主に以下のようなことが実現できます。

  • WEBサーバやメールサーバなどシステムのログの解析とデータベースへの登録
  • ログ監視(アラート通知も可能)
  • コマンドの実行結果の定期的な取得
  • AWSサービスのAPIから取得した情報の変換と登録
  • 入力されたデータを解析してzabbixやnagiosへ登録

Logstashの動作

Logstashはデータをパイプの中に流すイメージで動作します。イメージは以下の通りです。

[input] -> [filter] -> [output]

上記のように処理の流れは入力(input)・変換(filter)・出力(output)の3つのセクションに別れています。Logstashはセクション毎に、どのようなデータをどのように処理するかをきめ細かく設定することができます。またそれぞれのセクションの機能は、すべてプラグインとして実装されており、新たなプラグインをインストールすることで、扱えるデータの形式を増やすことができます。

ElasticSearch/Kibanaとの連携

Logstashは、Elastic社が開発しているため、同社の開発した全文検索システム「ElasticSearch」とデータのグラフ化を行うためのシステム「Kibana」と連携することができます。Logstashを使って様々なデータをElasticSearchに登録し、Kibanaで可視化することができます。可視化することで、攻撃の検知やシステムの異常の検知のために、データを利用できるようになります。

デージーネットの取り組み

デージーネットでは、Logstashの機能について以下の検証を行いました。

  • Apache HTTP Serverのアクセスログの変換
  • Logstashによるコマンドの定期実行と実行結果の収集
  • ElasticSearch/Kibanaとの連携

この検証結果をもとに、様々な形式のログの管理や、ログを可視化して利用できる仕組みを構築していきます。

【カテゴリ】:ビッグデータ  オープンソースソフトウェア  システム管理  システム監視  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

Logstashに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「Logstash」という用語と関連情報について説明します。「Logstash」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

Logstashとは先頭へ