よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > X2CRMとは

  • もっと調べる

X2CRMとは

X2CRMとは、マーケティングオートメーション(MA)に対応したOSSのCRM(顧客関係管理ツール)です。CRMは、顧客の情報や、案件情報・マーケティングなどの管理や管理するためのシステムを指す言葉です。X2CRMもこのような基本的な機能を持ち、特にWEBマーケティングに関しての機能が豊富です。

X2CRMとマーケティングオートメーション(MA)

X2CRMには、次のようなメリットがあります。

X2CRMで情報の関係性が見える化できる

X2CRMでは、顧客情報・企業情報・案件情報など、多くの情報を管理できます。そして情報同士の関係性を設定できます。例えば、個人と企業を紐付けたり、案件と個人(担当者)を紐付けることができます。このような関連付けができることで、次のようなメリットが生まれます。

  • 自社にメリットをもたらす企業や担当者を分析できる
  • 過去の案件の担当や状況などを知ることができる

X2CRMで効率的に情報を登録できる

システムに顧客の情報を登録するのは、非常に手間がかかる作業です。
X2CRMには、システムに情報を効率よく登録する仕組みが備わっています。まずWEBサイトのフォームとの連携機能です。X2CRMで生成したWEBフォームの埋め込みコードを公開サイトに埋め込むだけで、登録フォームを作成できます。このフォームから入力されたデータは、すべてX2CRMに登録されます。
またCSV形式でのインポート機能も実装されているため、既存の情報も容易に登録できます。

X2CRMでWebマーケティングを効率化できる

X2CRMの機能を使って、WEBサイトにアクセスしたユーザが、どのページにアクセスしたかを記録できます。そのため、問い合わせフォームなど、顧客からのアクションに繋がる重要ページまでの巡回経路を知ることができます。経路情報はWEBサイトの改善に活かすことができます。

X2CRMでキャンペーンメールの効果を分析できる

X2CRMでは、メールでのクーポン送付や、メールマガジンなど様々なキャンペーンメールを送信できます。またメールを送信した後に、メールの開封やリンククリックなど、どの顧客がアクションを起こしたのかを知ることができます。そのため、キャンペーンの効果を分析し、次のアクションを検討することで、マーケティングオートメーション(MA)に活かすことができます。

X2CRMでマーケティングオートメーション(MA)を実現

X2CRMでは、フォームからの情報入力や、メールのリンククリックなど、様々なイベントをトリガーにして、アクションを起こすことができます。この機能によって、マーケティングオートメーション(MA)を実現します。

マーケティングオートメーション(MA)とは

マーケティングオートメーション(MA)とは、マーケティングの各プロセスおけるアクションを自動化するための仕組みやプラットフォームのことです。マーケティングオートメーションの頭文字をとって「MA」と呼ばれることもあります。
マーケティングオートメーション(MA)は、既存顧客や見込み顧客が、どのようなアクションを起こしたかを記録し、「最適なコンテンツを、最適なタイミング、最適な方法で届ける」ことを目的に利用されます。マーケティングオートメーション(MA)を導入することで、業務が効率化され、生産性の向上が期待できます。

マーケティングオートメーション(MA)の3つの役割

マーケティングオートメーション(MA)には主に以下の役割があります。

  • リードジェネレーション
  • 見込み顧客の獲得

  • リードナーチャリング
  • 見込み顧客の育成

  • リードクォリフィケーション
  • 購買意欲の高い見込み顧客の抽出

X2CRMでは、マーケティングオートメーション(MA)を実現するため、例えば次のようなアクションを起こすことができます。

  • キャンペーンメールのリンクをクリックした人にだけ、クーポンを送る
  • 特定のページに3回アクセスした人の情報をマーケティング担当者に送る
  • Webの見積もり依頼から営業のアサイン・営業への通知を行う

X2CRMの拡張性

X2CRMでは、システムを拡張して、企業活動に合わせた仕組みを作れるようになっています。
まず入力できる情報の拡張です。企業が必要とする情報は、企業によって差異があります。X2CRMでは、標準で多くの情報を入力できるようになっていますが、不足する場合があります。そのような場合には、独自の入力項目を作成して、登録できる情報を増やすことができます。
またX2CRMは、RestfullなAPIが実装されています。APIを使うことで、X2CRMと連携した独自のフォームを作ったり、オートメーションのアクションでAPIを実行するなど、マーケティングオートメーション(MA)を実現するために必要な機能を比較的簡単に実装できます。

X2CRMの課題

X2CRMは日本語対応済ですが、機械的に翻訳されたような日本語になっているため、日本語での利用が難しい状態です。そのため、現状は英語のインタフェースを利用せざるをえません。

X2CRMに対するデージーネットの取り組み

デージーネットでは既に社内でX2CRMの利用し、マーケティングオートメーション(MA)の仕組み作りを開始しています。また日本語の課題についても、社内で利用しながら翻訳の間違いを修正できる仕組みを作り、日々の業務の中で日本語の修正を行えるようにしています。

【カテゴリ】:ビックデータ  情報共有  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる

関連用語

X2CRMに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「X2CRM」という用語と関連情報について説明します。「X2CRM」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

X2CRMとは先頭へ