メールマガジン

サーバ構築のデージーネットTOP > メールマガジン > デージーネットマガジン2月号 > HAproxyを利用したメール中継システム導入事例

HAproxyを利用したメール中継システム導入事例

ソリューション開発部 丸吉 祐也

今回は、機器メーカー様のメール中継システム導入事例です。
お客様から、自社で製造、販売をしている機器からメールを送信したいというご要望がありました。

該当機器は、外部にアクセスができない閉域網のネットワークにあるため、メールを中継し、さらに複数の外部のホスティングシステムに中継をし、そこから外部に送信するシステムが必要でした。

ご要望内容

お客様から以下のご要望がありました。

  • 該当機器のメール送信を確実に行いたい
  • 送信先のメールサーバが1台停止してもメール送信できるようにしたい

デージーネットからのご提案

お客様のご要望を踏まえデージーネットでは下記の提案を行いました。

  • ダウンしたメールサーバにはメールを送信しないように、ヘルスチェック機能を持ったHAProxyを利用
  • メール送信の失敗にも早く気づけるように、透過型の通信を行うようにし、メール送信の失敗を機器側で気づけるようにする
  • メールサーバは負荷分散させ、サーバが1台停止してももう1台で稼働できるようなシステムにする

導入にあたりデージーネットで工夫したポイント

デージーネットが工夫したポイントは下記の通りです。

  1. 実際に社内でHAProxyの検証環境を作成した

    社内にHAProxyの検証環境を作り、事前に動きを確認して設計を進めました。メール送信だけでなく、エラーになるパターンなども洗い出して事前にお客様に説明を行いました。

  2. ログからホスティングのダウンを確認する

    当初は、ホスティングシステムのメールサーバがすべてダウンした場合にHAProxyでメール送信をするという提案をしていました。しかし、その機能はHAProxyの最新バージョンでしか対応しておらず、その機能がCentOS7標準のHAProxyにはありませんでした。そのため、ホスティングシステムがダウンした場合にHAProxyでログを記録するようにしました。そのログを別途監視してもらい、ホスティングのダウンに気づけるようにしました。

  3. 送信先のサーバの振り分け

    送信元によって、送信先のサーバを振り分けるようにしたいとのご要望でしたので、IPアドレスを複数設定し、メールの振り分け先を変えるようにしました。

導入後の結果

システムを導入した結果、該当システムからメールが安定して送信ができるようになりました。メールサーバを負荷分散したため、1つのホスティングシステムがダウンしても、もう一つのホスティングシステムでメールを中継することで安定して通知ができるようになりました。

関連ページ

HAproxyを利用したメール中継システム導入事例

お客様から、自社で製造、販売をしている機器からメールを送信したいというご要望がありました。該当機器は、外部にアクセスができない閉域網のネットワークにあるため、メールを中継し、さらに複数の外部のホスティングシステムに中継をし、そこから外部に送信するシステムが必要でした。デージーネットではヘルスチェック機能を持ったHAProxyを使用したメール中継システムをご提案いたしました。

デージーネットからのお知らせ

無料資料ダウンロードに【OpenCA OCSPD調査報告書】を掲載しました。

https://www.designet.co.jp/download/#remotework

ビジネスチャットの不安【見えない・残らない】を解消 リモートワークのコミュニケーションをWEBから監査 新オプション『会話ログ機能』2月12日より提供開始

https://www.designet.co.jp/info/?id=350

はじめてのCentOS 8 Linuxサーバエンジニア入門編」を出版しました。

https://www.designet.co.jp/books/

メールサーバの安全性を無料でチェックできるサイトを公開しています。

メールセキュリティへの関心が高まる中、メールセキュリティのチェック項目を整理して、誰でも簡単にチェックできるツールはありませんでした。本サイトでは、メールアドレスを入力するだけで、メールサーバのセキュリティを無料でチェックできます。

メールサーバセキュリティ診断MSchecker外部サイトへ

デージーネットマガジン2020年2月号記事一覧

HAproxyを利用したメール中継システム導入事例の先頭へ