メールマガジン

サーバ構築のデージーネットTOP > メールマガジン > システムバックアップのOSS〜Relax-and-Recover〜

システムバックアップのOSS〜Relax-and-Recover〜

OSS研究室 大野 公善

今回は、サーバ障害や災害時のリカバリに役立つオープンソースソフトウェアをご紹介いたします。

近年、大地震や津波等の大規模な災害も多く発生していることもあり、事業継続計画(BCP)を検討する企業が増えています。BCPを検討するうえで、サーバシステムの災害時リカバリ計画を検討することも重要な課題となっています。

サーバシステムのリカバリでは、システムの復旧、データの復旧が必要になります。システムの復旧は、OSやミドルウェアの環境を復元し、OSやミドルウェアを提供できる状態にすることが必要です。また、データの復旧では、災害や障害が発生する前のデータを復元して、サービスを継続できるようにする必要があります。

今回はLinuxの「システムの復旧」に利用できるオープンソースソフトウェアをご紹介します。

システムを復旧するためには、OSのインストール、ウェブサーバ、メールサーバ、データベース等のミドルウェアのインストールし、それぞれの設定を行う必要があります。これらの作業をひとつずつ実施していては、時間がかかってしまい、迅速な復旧を行うことができません。

このような課題を解決するために、システムバックアップを行うためのOSSであるRelax-and-Recover を使用することができます。

Relax-and-Recover は、Linuxシステムのディザスタリカバリを実装するための管理ツールです。Relax-and-Recover は、下記のような特徴があります。

オンラインで実行できる

Linuxシステム実行中に、リカバリイメージを作成することができます。リカバリイメージとは、リカバリ操作を行うために起動するメディア(DVD等)のことを言います。Relax-and-Recoverで作成したメディアでコンピュータを起動し、簡単にリカバリ作業を行うことができます。

コマンドラインで操作する

リカバリイメージの作成やリカバリ操作は、すべてコマンドラインで操作します。グラフィカルな環境は不要ですので、環境を選ばず、あらゆる環境で操作を行うことができます。

リモートサーバにリカバリイメージを保存できる

Relax-and-Recoverで作成するリカバリイメージは、nfs,rsync,sshを通してリモートサーバに保存することができます。バックアップ対象サーバ上に、バックアップを取得する領域がなくても実行可能です。

フルバックアップ、差分バックアップの運用ができる

定期的なバックアップ取得にも Relax-and-Recover を使用することができます。月曜日にはフルバックアップ、それ以外の日には差分バックアップというような運用を行うことも可能です。リカバリが必要になったときには、最新のフルバックアップと最新の差分バックアップが自動的に選択されてリストアされます。

様々なLinuxディストリビューションをサポートしている

Red Hat Enterprise Linux / Enterprise Server SUSE Linux / Ubuntu 等、様々なLinuxディストリビューションをサポートしています。

簡単に操作できる

Relax-and-Recover の運用イメージは下記のようになります。

  1. リカバリイメージの作成
    rear mkbackup を実行
  2. システムリカバリ
    リカバリメディアでシステム起動
    表示されるメニューで Automatic Recover を選択

とても簡単に操作できます。

デージーネットでは、災害時リカバリを実現するために Relax-and-Recover を使用したシステムバックアップを提案しています。Linuxシステムの構築後、お客様環境に納品する前に、Relax-and-Recover を使用してシステムバックアップを取得し、システムリカバリメディアを納品させて頂きます。システムリカバリメディアがあれば、災害時だけでなく、サーバ故障時等でも、容易に迅速にシステム初期状態を復旧することができます。

Linuxシステムのシステムバックアップに Relax-and-Recover を使用してみてはいかがでしょうか?

関連ページ

OSSのシステムバックアップツール〜Relax-and-Recover〜

Linuxシステムを構築した時やLinuxシステムの構成を大きく変更した時など、いつでもその状態に戻せるようにするためにシステムバックアップが必要になることがあります。ここでは、オープンソースソフトウェアのシステムバックアップツールであるRelax-and-Recoverについて紹介します。

デージーネットからのお知らせ

無料資料ダウンロードに【Relax-and-Recover調査報告書】を掲載しました。

Relax-and-Recoverは、Linuxシステムのディザスタリカバリを実装するための管理ツールです。システムブートができるレスキューイメージを作成することができますので、簡単にLinuxシステムのリカバリを行うことができます。本書は、Relax-and-RecoverとLinuxシステムのシステムバックアップを行う方法についての調査報告書です。

https://www.designet.co.jp/download/#buckup

メールサーバの安全性を無料でチェックできるサイトを公開しています。

メールセキュリティへの関心が高まる中、メールセキュリティのチェック項目を整理して、誰でも簡単にチェックできるツールはありませんでした。本サイトでは、メールアドレスを入力するだけで、メールサーバのセキュリティを無料でチェックできます。

メールサーバセキュリティ診断MSchecker外部サイトへ

デージーネットマガジン2020年3月号記事一覧

システムバックアップのOSS〜Relax-and-Recover〜の先頭へ