オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > postLDAPadmin

next up previous contents
Next: 5. 設定詳細(web.conf) Up: postLDAPadmin Previous: 3. インストール



4. 使い方

postLDAPadminの利用方法を次の順に解説します。

  • 基本的な機能
  • メールのユーザ管理をすべてLDAPだけで行うことができます。
  • postLDAPadminのWebインタフェースの画面構成

4.1 基本的な機能

postLDAPadminには次のような機能があります。

  • 管理者用インタフェース
    • ユーザ管理機能
      • 仮想ユーザの追加
      • 仮想ユーザの検索
      • 仮想ユーザの編集
      • 仮想ユーザの削除
      • 仮想ユーザの一括登録
      • 仮想ユーザの一括編集
      • 仮想ユーザの一括削除
    • メーリングリスト管理機能
      • メーリングリストの追加
      • メーリングリストの削除
      • メーリングリストに所属するメールアドレスの追加
      • メーリングリストに所属するメールアドレスの削除
    • postLDAPadmin管理者のパスワード管理
  • ユーザ用インタフェース
    • 仮想ユーザのユーザパスワード、メール転送アドレス管理

4.2 postLDAPadminのWebインタフェースの画面構成

postLDAPadminのWebインタフェースの画面構成は図[*]のようになっています。

図: postLDAPadminの画面構成
Image 4_gamen

4.2.1 postLDAPadmin管理者用インタフェース

4.2.1.1 管理者ログイン画面

図: 管理者ログイン画面
Image 4_admin_login

  • ログイン
    次の項目を指定し、[ログイン]ボタンをクリックしてください。
    • ユーザ名
    • パスワード
    ユーザ名とパスワードには、web.confで設定した「AdminName」と「AdminPasswd」の項目で設定した値を指定します。

4.2.1.2 ユーザアカウント管理画面

図: ユーザアカウント管理画面
Image 4_admin_usraccount

仮想ユーザを検索・編集・削除するには、[ユーザアカウント表示]ボタン/リンクをクリックし、ユーザアカウント検索画面に移動します。
仮想ユーザを追加するには、[ユーザアカウント登録]ボタン/リンクをクリックし、ユーザアカウント登録画面に移動します。
仮想ユーザの一括登録・編集・削除するには、[CSV一括処理]ボタン/リンクをクリックし、CSV一括処理画面に移動します。

4.2.1.3 ユーザアカウント検索画面

図: ユーザアカウント検索画面
Image 4_admin_usrsearch

  • 仮想ユーザの検索
    次の項目を指定し、[検索]ボタンをクリックします。
    • 検索する文字列(ユーザ名)
    • 検索条件(を含む/と一致する)
    ユーザ名に何も入力しないで検索を行うと、登録されている仮想ユーザすべてを表示します。
    検索結果として、次の項目が表示されます。
    • ユーザ名
    • メールエイリアス
    • メール転送アドレス
    • メール容量
    • [編集]リンク
      • 仮想ユーザの編集を行う画面に移動します。

  • 仮想ユーザの検索結果ダウンロード
    次の項目を指定し、[CSVダウンロード]ボタンをクリックします。
    • 検索する文字列(ユーザ名)
    • 検索条件(を含む/と一致する)
    ユーザ名に何も入力しないでCSVダウンロードを行うと、登録されている仮想ユーザの情報をすべてダウンロードファイルに表示します。
    検索結果として、以下の項目がCSV形式のファイルでダウンロードされます。 ダウンロードされるファイルの名前は「userdata_(Webサーバで設定した環境変数DOMAINの値).csv」です。

    username,quotasize,mailalias,mailforwardaddr,save


    表: 各項目の説明
    項目 説明
    username ユーザ名
    quotasize メールボックス容量
    mailalias メールエイリアス
    mailforwardaddr メール転送アドレス
    save サーバにメールを残す(0)/残さない(1)

    値が設定されていない項目は空欄となります。

図: ユーザアカウント編集画面
Image 4_admin_usredit

  • 仮想ユーザの編集
    次の編集する項目を入力し、[更新]ボタンをクリックします。
    • ユーザ名
    • パスワード/パスワード(確認)
    • メールボックス容量
    • メールエイリアス
    • メール転送アドレス
    メール転送アドレスを指定した場合は、サーバにメールを残すか残さないかを選択してください。
  • 仮想ユーザの削除
    [アカウント削除]ボタンをクリックします。

4.2.1.4 ユーザアカウント追加画面

図: ユーザアカウント追加画面
Image 4_admin_usradd

  • 仮想ユーザの追加
    次の項目を入力し、[登録]ボタンをクリックします。
    • ユーザ名
    • パスワード/パスワード(確認)
    • メールボックス容量※
    • メールエイリアス※
    • メール転送アドレス※
    ※必須項目ではありません。
    メール転送アドレスを指定した場合は、サーバにメールを残すか残さないかを選択します。

4.2.1.5 CSV一括登録画面

図: CSV一括登録画面
Image 4_admin_csv

  • 仮想ユーザの一括登録・編集
    動作タイプに登録を指定します。 以下の形式のCSVファイルを作成し、アップロードファイルに指定します。

    username,passwd,quotasize,mailalias,mailforwardaddr,save


    表: 各項目の説明
    項目 説明 必須
    username ユーザ名
    passwd パスワード
    quotasize メールボックス容量
    mailalias メールエイリアス
    mailforwardaddr メール転送アドレス
    save サーバにメールを残す(0)/残さない(1) △※
    ※ メール転送アドレスが指定されている場合必須項目です。

    CSV一括登録ファイルの例
    add01,passwd,100,alias01,fw01@test.designet.jp,0
    add02,passwd,,,,
              :
    

    オプションを選択すると以下の動作を行います。

    • 『既存のデータを上書き』を選択
      指定された仮想ユーザが既に登録されている場合、仮想ユーザ情報の編集を行います。
    • 『エラーの場合も処理を継続』を選択
      エラーが発生した場合、処理を終了せず次の行の処理を行います。
    LDAPへの追加・変更を行わずファイルの形式チェックのみを行う場合は[ファイルチェック開始]ボタンをクリックします。
    LDAPへの追加・編集処理を行う場合は[更新]ボタンをクリックします。
    [ファイルチェック開始]ボタン、[更新]ボタンを押すと、別ウィンドウに処理結果が表示されます。

  • 仮想ユーザの一括削除
    動作タイプに削除を指定し、一括削除するユーザ名を記載したファイルをアップロードファイルに指定します。

    CSV一括削除ファイルの例
    del01
    del02
      :
    

    オプションを選択すると以下の動作を行います。

    • 『既存のデータを上書き』を選択
      削除の場合、このオプションは無視されます。
    • 『エラーの場合も処理を継続』を選択
      エラーが発生した場合、処理を終了せず次の行の処理を行います。
    LDAPへの削除を行わずファイルの形式チェックのみを行う場合は[ファイルチェック開始]ボタンをクリックします。
    LDAPへの削除処理を行う場合は[更新]ボタンをクリックします。
    [ファイルチェック開始]ボタン、[更新]ボタンを押すと、別ウィンドウに処理結果が表示されます。

  • 注意事項
    • アップロードファイルに指定されるファイルのサイズがphp.iniのupload_max_filesizeの設定値を超えるとファイルをアップロードすることができません。
      この場合、upload_max_filesizeの設定値を変更してください。
    • CSVファイルの処理時間がphp.iniのmax_execution_timeの設定値を超えると、 PHPの処理がタイムアウトします。この場合、max_execution_timeの設定値を変更してください

4.2.1.6 メーリングリスト管理画面

図: メーリングリスト管理画面
Image 4_admin_mladmin

メーリングリストを編集するために、[メーリングリスト編集]ボタン/リンクをクリックし、メーリングリスト編集画面に移動します。

4.2.1.7 メーリングリスト編集画面

図: メーリングリスト編集画面
Image 4_admin_mllist

画面左側のテキストエリアに、登録されているメーリングリストアドレスの一覧が表示されます。

  • メーリングリストに所属するメールアドレスの追加・削除
    メーリングリストアドレス一覧から削除するメーリングリストアドレスを選択します。
    [メールアドレスの追加・修正]ボタンをクリックし、メーリングリスト修正画面に移動します。
  • メーリングリストの削除
    メーリングリストアドレス一覧から削除するメーリングリストアドレスを選択し、[選択したメーリングリストを削除]ボタンをクリックします。
  • メーリングリストの追加
    画面下部のメーリングリストアドレス入力欄に追加するメーリングリストアドレスを入力し、[新規追加]ボタンをクリックします。

図: メールアドレス管理画面
Image 4_admin_mledit

画面左側のテキストエリアに、メーリングリストに所属するメールアドレスの一覧が表示されます。

  • メールアドレスの削除
    メールアドレス一覧から削除するメールアドレスを選択し、[選択したメールアドレスを削除]ボタンをクリックします。
  • メールアドレスの追加
    画面中央のメールアドレス入力欄に追加するメールアドレスを入力し、[追加]ボタンをクリックします。
  • メールアドレスの一括追加
    メールアドレスの一括追加は、次のように行います。
    • [参照]ボタンをクリックし、一括追加するメールアドレスを記述したファイルをアップロードします。
    • [一括追加]ボタンをクリックします。
    一括追加で指定するファイルには、次の例のように一行に1つのメールアドレスを記述してください。

一括追加ファイルの例
add01@test.designet.jp
add02@test.designet.jp
  :

4.2.1.8 管理者アカウント管理画面

図: 管理者アカウント管理画面
Image 4_admin_acc

  • 管理者アカウント管理
    新しい管理者パスワードを入力し、[更新]ボタンをクリックします。

4.2.2 ユーザ用インタフェース

4.2.2.1 ユーザログイン画面

図: ユーザログイン画面
Image 4_user_login

  • ログイン
    ユーザ名、パスワードを入力し、[ログイン]ボタンをクリックします。

4.2.2.2 ユーザ編集画面

図: ユーザ編集画面
Image 4_user_usredit

  • 仮想ユーザの編集
    次の編集する項目を入力し、[更新]ボタンをクリックします。
    • パスワード/パスワード(確認)
    • メール転送アドレス
    メール転送アドレスを編集した場合は、サーバにメールを残すか残さないかを選択します。

4.3 メール転送詳細設定の利用

4.3.1 メール転送詳細設定で実現出来る事

メール転送詳細設定では、送信者や件名、宛先に含まれるキーワードと条件によって、それぞれ設定した転送先にメールを振り分ける事が可能になります。

4.3.2 メール転送詳細設定への切り替え

web.confのForwardConfを1に設定すると、メール転送詳細設定機能がONに切り替わります。
設定例は設定詳細(web.conf)([*])を参照してください。

user_tab.confを以下のように設定すると、ユーザ編集画面にメール転送詳細設定機能へのリンクタブが表示されます。

[l]postldapadmin/user:ユーザアカウント編集
postldapadmin/forward:メール転送設定

4.3.3 必要な動作環境

dovecot-sieveが動作する環境が必要です。
設定例はAppendix([*])を参照してください。

httpdプロセスがapacheユーザで動作している場合、以下のようにsudoの設定を追加する必要があります。

[l]Defaults:apache !requiretty
apache ALL=(ALL) NOPASSWD: /usr/local/postldapadmin/bin/make_sieve

4.3.4 メール転送詳細設定利用時の画面構成図

postLDAPadminのメール転送詳細設定利用時の画面構成は図[*]のようになっています。

図: postLDAPadminのメール転送詳細設定利用時画面構成
Image 4_gamen_new

4.3.5 管理者側のメール転送詳細設定

図: ユーザアカウント検索画面(転送設定ON時)
Image 4_admin_search_on

  • 仮想ユーザの検索
    ユーザ名に何も入力しないで検索を行うと、登録されている仮想ユーザすべてを表示 します。
    検索結果として、次の項目が表示されます。
    • [転送設定]リンク※
      • 仮想ユーザのメール転送設定を行う画面に移動します。

  • 仮想ユーザの検索結果ダウンロード
    次の項目を指定し、[CSVダウンロード]ボタンをクリックします。
    • 検索する文字列(ユーザ名)
    • 検索条件(を含む/と一致する)
    ユーザ名に何も入力しないでCSVダウンロードを行うと、登録されている仮想ユーザの情報をすべてダウンロードファイルに表示します。
    検索結果として、以下の項目がCSV形式のファイルでダウンロードされます。 ダウンロードされるファイルの名前は「userdata_(Webサーバで設定した環境変数DOMAINの値).csv」です。

    username,quotasize,mailalias,mailforwardaddr,save,mailfilterorder※,mailfilterarticle※


    表: 各項目の説明
    項目 説明
    username ユーザ名
    quotasize メールボックス容量
    mailalias メールエイリアス
    mailforwardaddr メール転送アドレス
    save サーバにメールを残す/残さない
    mailfilterorder メールフィルタ順序、on/off※
    mailfilterarticle メールフィルタ設定内容※

    ※web.confでForwardConfがon(=1)が設定されている場合に利用できる項目 となります。
    値が設定されていない項目は空欄となります。

図: ユーザアカウント編集画面(転送設定ON時)
Image 4_admin_useredit_on

  • 仮想ユーザの編集
    メール転送アドレス入力欄が非表示になります。

図: ユーザメール転送設定画面
Image 4_admin_forwardmod

  • ユーザメール転送設定の編集
    次の編集する項目を入力し、[更新]ボタンをクリックします。
    • 全て転送
    • 詳細設定
    • 送信者チェックボックス
    • 送信者入力欄
    • 送信者一致処理/〜と一致する,〜を含む,〜を含まない,〜が空である
    • 件名チェックボックス
    • 件名入力欄
    • 件名一致処理/〜と一致する,〜を含む,〜を含まない,〜が空である
    • 宛先チェックボックス
    • 宛先入力欄
    • 宛先一致処理/〜と一致する,〜を含む,〜を含まない,〜が空である
    • メール転送先アドレス入力欄
    • サーバにメールを/残す,残さない
  • ユーザメール転送設定の削除
    [削除]ボタンをクリックすると入力値が削除されます。削除の反映は更新ボタ ンのクリックで実行されます。

4.3.5.1 ユーザアカウント追加画面

図: ユーザアカウント追加画面(転送設定ON時)
Image 4_admin_usradd_on

  • 仮想ユーザの追加
    メール転送アドレス入力欄が非表示になります。

4.3.5.2 CSV一括登録画面

図: CSV一括登録画面
Image 4_admin_csv

  • 仮想ユーザの一括登録・編集
    動作タイプに登録を指定します。 以下の形式のCSVファイルを作成し、アップロードファイルに指定します。

    username,quotasize,mailalias,mailforwardaddr,save,mailfilterorder※2,mailfilterarticle※2


    表: 各項目の説明
    項目 説明 必須
    username ユーザ名
    passwd パスワード
    quotasize メールボックス容量
    mailalias メールエイリアス
    mailforwardaddr メール転送アドレス ※1
    save サーバにメールを残す(0)/残さない(1) ※1
    mailfilterorder フィルタ順序、on/off ※2
    mailfilterarticle フィルタ設定値 ※2
    ※1 転送設定がONの時は入力されていても登録されない項目です。
    ※2 転送設定がONの時に利用できる項目です。

    CSV一括登録ファイルの例
    add01,passwd,100,alias01,fw01@test.designet.jp,0,,,
    add02,passwd,,,,,,,
    add03,passwd,100,alias03,,,+1:+2:-3,MTpGMTY6aG9nZUBleGFtcGxlLmNvbWYxczB0MEEzMTpv
    bm91ZV9mb3J3YXJkMDFAdGVzdC5leGFtcGxlLmpwZDA=:MjpmMFM0OmhvZ2VzMXQwQTE3OmhvdXNlQGV
    4YW1wbGUuY29tZDA=:MzpmMHMwdDBBMDpkMA==
              :
    

    オプションを選択すると以下の動作を行います。

    • 『既存のデータを上書き』を選択
      指定された仮想ユーザが既に登録されている場合、仮想ユーザ情報の編集を 行います。
    • 『エラーの場合も処理を継続』を選択
      エラーが発生した場合、処理を終了せず次の行の処理を行います。
    LDAPへの追加・変更を行わずファイルの形式チェックのみを行う場合は[ファイルチェック開始]ボタンをクリックします。
    LDAPへの追加・編集処理を行う場合は[更新]ボタンをクリックします。
    [ファイルチェック開始]ボタン、[更新]ボタンを押すと、別ウィンドウに処理結果が表示されます。

  • 仮想ユーザの一括削除
    動作タイプに削除を指定し、一括削除するユーザ名を記載したファイルをアップロードファイルに指定します。

    CSV一括削除ファイルの例
    del01
    del02
      :
    

    オプションを選択すると以下の動作を行います。

    • 『既存のデータを上書き』を選択
      削除の場合、このオプションは無視されます。
    • 『エラーの場合も処理を継続』を選択
      エラーが発生した場合、処理を終了せず次の行の処理を行います。
    LDAPへの削除を行わずファイルの形式チェックのみを行う場合は[ファイルチェック開始]ボタンをクリックします。
    LDAPへの削除処理を行う場合は[更新]ボタンをクリックします。
    [ファイルチェック開始]ボタン、[更新]ボタンを押すと、別ウィンドウに処理結果が表示されます。

  • 注意事項
    • アップロードファイルに指定されるファイルのサイズがphp.iniのupload_max_filesizeの設定値を超えるとファイルをアップロードすることができません。この場合、upload_max_filesizeの設定値を変更してください。
    • CSVファイルの処理時間がphp.iniのmax_execution_timeの設定値を超 えると、PHPの処理がタイムアウトします。この場合、max_execution_timeの設定値を変更してください

4.3.6 ユーザ側のメール転送詳細設定

4.3.6.1 ユーザ編集画面

図: ユーザ編集画面(転送設定ON時)
Image 4_user_usredit_on

  • 仮想ユーザの編集
    メール転送アドレス入力欄が非表示になります。

4.3.6.2 ユーザメール転送設定画面

図: ユーザメール転送設定画面
Image 4_user_forwardmod

  • ユーザメール転送設定の編集
    次の編集する項目を入力し、[更新]ボタンをクリックします。
    • 全て転送
    • 詳細設定
    • 送信者チェックボックス
    • 送信者入力欄
    • 送信者一致処理/〜と一致する,〜を含む,〜を含まない,〜が空である
    • 件名チェックボックス
    • 件名入力欄
    • 件名一致処理/〜と一致する,〜を含む,〜を含まない,〜が空である
    • 宛先チェックボックス
    • 宛先入力欄
    • 宛先一致処理/〜と一致する,〜を含む,〜を含まない,〜が空である
    • メール転送先アドレス入力欄
    • サーバにメールを/残す,残さない
  • ユーザメール転送設定の削除
    [削除]ボタンをクリックすると入力値が削除されます。削除の反映は更新ボタンのクリックで実行されます。


next up previous contents
Next: 5. 設定詳細(web.conf) Up: postLDAPadmin Previous: 3. インストール

29年10月06日