オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > SaMMA ZIP無害化プラグイン

next up previous contents
Next: 3. SaMMA ZIP無害化プラグインのインストール Up: SaMMA ZIP無害化プラグイン Previous: 1. SaMMA ZIP無害化プラグインとは


2. SaMMA ZIP無害化プラグインを利用するために

2.1 必要なソフトウェア

ZIP無害化プラグインの動作には、以下のソフトウェアが必要です。

  • SaMMA
  • Webサーバ
  • SQLite 3
  • PHP (5.4以上、mbstring, pdo, sqlite, pearをサポートしている必要があります。)
  • zipコマンド
  • unzipコマンド

本書では、以下の環境を利用することを想定して説明を行ないます。

構築環境
項目 内容
OS CentOS 7
WEBサーバ Apache HTTP Server 2.4
PHP php 5.4
DBサーバ SQLite 3.7

2.2 PHPの設定

SaMMAの設定を行ってください。設定方法については以下のURLを参照してください。

SaMMA インストール

2.3 PHPの設定

2.3.1 PHPのインストール

PHPを以下のコマンドでインストールします。

# yum install php php-cli php-common php-mbstring php-pdo

2.3.2 php.iniの設定

/etc/php.iniにタイムゾーンの設定を行ないます。

;date.timezone =
date.timezone = Asia/Tokyo

2.4 WEBサーバのインストール

2.4.1 Apache HTTP Serverのインストール

Apache HTTP Serverを以下のコマンドでインストールします。

# yum install httpd

2.4.2 Apache HTTP Serverの起動

Apache HTTP Serverを以下のコマンドで起動します。

# systemctl start httpd.service

2.5 SQLiteのインストール

SQLiteを以下のコマンドでインストールします。

# yum install sqlite

2.5.1 Firewalldの設定

Firewalldが有効な環境では、WEBサーバが利用するポートのアクセス許可設定を行う必要があります。 以下はhttpサービスを許可する例です。

# firewall-cmd --add-service=http
# firewall-cmd --permanent --add-service=http

next up previous contents
Next: 3. SaMMA ZIP無害化プラグインのインストール Up: SaMMA ZIP無害化プラグイン Previous: 1. SaMMA ZIP無害化プラグインとは

2017年10月31日