システム構築

サーバー構築のデージーネットTOP > システム構築 > インターネットサーバ構築 > PostgreSQLサーバ冗長化

構築事例:PostgreSQLサーバ冗長化

Open Smart Design

Postgres、pgpoolで冗長構成されたWEB-DBシステムを、DRBD、heartbeatを使ったシステムに置き換えることで性能向上を実現しました。

導入企業業種
ゲームコンテンツ開発(東京都)
ユーザー規模
不明(10万人以上と思われる)
利用OS
Linux(CentOS5)
導入月
2009年10月頃
お客様が悩まれていた課題
アクセス数が多く処理が間に合わない
正常にデータ登録ができない場合がある
頻繁にデータメンテナンスが必要
夜間対応などの運用負荷が高い

デージーネットが提案した「PostgreSQLサーバ冗長化」

解決ポイント

heartbeatとDRBDにより、PostgreSQLデータベースを冗長化

非常にアクセスが多いコンテンツ配信システムで、当初に想定した構成ではうまく運用できていませんでした。既存システムは、PostgreSQLとpgpoolという負荷分散プロキシソフトで構成し、複数のデータベースにデータを複製し、負荷分散していました。しかし、正常にデータが登録できない場合があり、頻繁にサーバ間でデータの差分が発生し、非常に運用負荷が高くなっていました。

安定性、冗長性に加え、拡張性(スケーラビリティ)を確保

heartbeatDRBDにより、PostgreSQLデータベースを冗長化し、これを更新専用のデータベースとしました。多くの参照リクエストに対応するために、slonyによるデータベースのレプリケーションを行い、参照用データベースを複数設置することで負荷分散するようにしました。

heartbeat,DRBDを使ってPostgreSQLサーハ_を二重化

性能テストの結果に基づき改善方法を提案!

管理するデータの特性や、更新処理の頻度を考えると、pgpoolでは十分に性能が出ない可能性を発見し、具体的な性能テストの結果を元に、改善方法についてご提案をしました。ユーザ様にも納得していただき、導入を行いました。

導入後の結果

今までは、複数のデータベースの間で差が出てしまう事象が発生していましたが、それが発生しなくなり、サービスが安定しました。夜間にも障害が発生していたので、対応にも苦慮していましたが、問題は完全に収まりました。さらに、データベースの冗長化もしっかりされているので、何かあったときも慌てることなく対応できるようになりました。



インターネットサーバ構築の事例一覧

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。

モデルプランをご希望の方

PostgreSQLサーバ冗長化の先頭へ