システム構築

サーバー構築のデージーネットTOP > システム構築 > インターネットサーバ構築 > IPv4、IPv6デュアルスタックサーバ移行

構築事例:IPv4、IPv6デュアルスタックサーバ移行

Open Smart Design

エンドユーザ向けにIPv6のIPアドレスを配布することになり、サービス提供サーバもIPv6対応をすることになりました。現サーバの設定を変更してデュアルスタック化を行い、IPv6でもアクセス可能なサーバにしました。

導入企業業種
インターネットサービスプロバイダ(岐阜県)
ユーザー規模
約50,000人
利用OS
Linux(Red Hat Enterprise Linux 6)
導入月
2012年3月
お客様が悩まれていた課題
IPv6を導入したいがノウハウがない
サービスを停止させられない

デージーネットが提案した「IPv4、IPv6デュアルスタックサーバ移行」

解決ポイント

IPv4、IPv6デュアルスタック化

IPv4でサービス提供している、WWWFTPサーバおよびメール、POP3サーバについて、IPv4、IPv6デュアルスタック化するための設定変更を依頼されました。設定変更の際に、サービス停止しないように行ってほしいという要望もありました。

クライアントアクセスを洗い出し、障害リスクを軽減

IPv4_IPv6デュアルスタックサーバ移行

SuSE Linux Enterprise Server 10で構成された既存のサーバを精査し、クライアントからのアクセスのある点を洗い出すことで、クライアントからの通信部分だけをIPv4、IPv6デュアルスタックにするように提案しました。サーバ間の通信は既存のままとすることで影響範囲を小さくし、障害のリスクを減らすように提案しました。

評価環境での事前調査に基づき、計画的に切り替えを実施

IPv4からIPv4、IPv6デュアルスタックにするための評価環境を構築して、手順を確認しました。サービス停止しないように、ロードバランサの切り替え作業をベンダーにお願いし、連携しながら作業に取り組みました。設定確認作業では、デージーネットのIPv6アドレスから接続テストを実施することで確認を行い、正常動作を確認しました。

導入後の結果

IPv4、IPv6デュアルスタック環境へ移行したあとも、問題なく運用できています。WWW、メールなど、インターネットサービスプロバイダで提供する主要サービスのほとんどで、IPv6対応サービスを提供できるようになりました。



インターネットサーバ構築の事例一覧

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。

モデルプランをご希望の方

IPv4、IPv6デュアルスタックサーバ移行の先頭へ