よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > セキュリティ(1/5)

セキュリティ(1/5)

セキュリティの情報ページです。

1/5ページ

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

AIDEコマンド調査報告書

aide はオープンソースソフトウェアの IDS(Intrusion Detection System)です。Linuxサーバで IDS を使用することで、セキュリティに強いシステムを構築することができます。本書は、aideコマンドの使用方法等を調査した内容をまとめたものです。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

DNS水責め攻撃対策の調査報告書

2014年初旬からDNS水責めと呼ばれるDNSのDDoS攻撃が見られるようになりました。日本国内でもこの攻撃によるDNS障害が多く発生しております。本書は、OSSのunboundとunbound-reqmonを使用したDNS水責め攻撃対策について調査した内容をまとめたものです。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

FirewallD調査報告書

FirewallDは、Fedora 18から採用されたパケットフィルタリング管理ツールです。この資料は、実際のサーバ構築の現場で利用できるかを調査しまとめたものです。(本資料は、デージーネットの社員が社内研修で作成した資料です)

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

OSSEC調査報告書

OSSECは、オープンソースソフトウェアのホスト型 IDS(Intrusion Detection System)です。OSSECを使用すれば、ログ解析と整合性チェック、ルートキットの検出、リアルタイム警告とアクティブレスポンスを実行することができます。本書はOSSECのインストール方法と使用方法を調査した内容をまとめたものです。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

Vuls 調査報告書

Vulsは、オープンソースソフトウェアの脆弱性診断ツールです。NVDとJVNから入手する脆弱性情報を元にサーバの脆弱性診断を実施することができます。診断結果は様々な形式でレポートすることができます。本書はVulsのインストール方法と使用方法を調査した内容をまとめたものです。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

OpenXPKI 調査報告書

OpenXPKIは、認証局を管理運用するためのソフトウェアです。複雑な証明書の管理をWEB UIから行うことができます。本書では、インストール方法から証明書の発行・失効の操作フローを紹介しています。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

Firejail調査報告書

FirejailはLinuxシステムでサンドボックスを実装するためのオープンソースソフトウェアです。Firejailを使用すれば、Linuxシステムに悪い影響を与える可能性があるソフトウェアをサンドボックス内で安全に実行することができるようになります。本書はFirejailのインストール方法と利用例をまとめたものです。

DNSSECしてますか? | OSSでのシステム構築・デージーネット

DNSSECしてますか?

CentOSでは、従来からDNSサーバにBIND(Berkeley Internet Name Domain)を採用していますが、CentOS 6 からDNSSEC(DNS Security Extensions)の検証機能がデフォルトで有効になったことが、話題になっています。DNSSECとは、DNSサーバから得た情報が正しいかどうか検証するための仕組みです。DNSの情報に電子署名をつけることで、正規のドメイン(ゾーン)の情報であることと、改竄されていないことを確認することができます。

Java 7に未パッチの脆弱性 | OSSでのシステム構築・デージーネット

Java 7に未パッチの脆弱性

米オラクルは2012年8月30日、「Java SE 7」に遠隔から任意のコマンドを実行される危険がある深刻な脆弱性が見つかったことを受け、 これを修正するためのパッチおよびこれを適用したアップデート版パッケージを緊急リリースしたようです。この脆弱性は、最新のJRE version 1.7 update 6をインストールしたFirefoxで、実際に攻撃が可能であることも確認できたようです。

FirewallD | OSSでのシステム構築・デージーネット

FirewallD

Fedora18から標準搭載されているFirewallDについて調査をしました。Linuxサーバを運用する際、多くの場合iptablesを使用しパケット制御を行っていると思います。iptablesにルールを追加した際、iptablesの再起動が必要となります。再起動をすることで、一時的にルールがない状態になる等の問題があります。

このページの先頭へ