よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > BINDの関連ページ一覧

BINDの関連ページ一覧

bindによるDNSSEC対応の権威DNSサーバ事例
権威DNSサーバをDNSSEC対応にしたいという問い合わせがあり、BINDを使って構築しました。BINDの設定だけではなく、上位のレジストラへの登録などの含めて、総合的に対応させていただきました。

unboundによるDNSキャッシュサーバ事例
加入ユーザ向けのDNSキャッシュサーバをunboundを使って構成しました。unboundを利用することで、DNSキャッシュサーバを分離した構成とし、DNSセキュリティの向上が実現できました。

デージーネットのチャレンジ~PowerDNS調査~
PowerDNSのメリットをご紹介します。PowerDNSによるDNSサーバ構築サービスを始めるにあたって、事前に調査を行ったOSS研究室のメンバーにインタビューしました。PowerDNSはBINDに代わるDNSサーバ構築のためのオープンソースソフトウェアとして注目されています。

PowerDNSによるDNSサーバ事例
BINDに替わる権威DNSサーバとして注目されているPowerDNSを使用して、DNSサーバのセキュリティとスピードの向上を図りました。また、PowerDNSの管理ツールであるPowerAdminと合わせて利用することで、管理性も向上することができました。

DNSキャッシュサーバの水責め攻撃対策事例
近年、日本国内のISPでDNSキャッシュサーバの障害が報告されています。DNS水責め攻撃とよばれる攻撃が行われたためです。そのため、各ISPでは対策に追われています。本事例は、デージーネットがDNSキャッシュサーバにDNS水責め攻撃の対策を行ったものです。

マルチDNS環境の事例
BINDに脆弱性が多く発見され、DNSサーバのバージョンアップなどの対策が頻繁に必要になっています。マルチDNS環境は、複数のDNSサーバソフトウェアを使ってDNSサーバを構成することで、特定のソフトウェアの脆弱性によって外部から攻撃を受けてDNSサービスが停止することがないようにするのが目的です。本事例は、このようなマルチDNS環境を構築したものです。

PowerDNSによるDNSSEC対応の権威DNSサーバ事例
権威DNSサーバをBINDで構築し、DNSSEC対応をしているが管理が煩雑だということでご相談を頂きました。PowerDNSとPowerAdminを利用することで、DNSSECの運用が簡単に行えるようになりました。

DNSサーバ
DNSに対する攻撃の対策をしてきた経験を元に、最新のDNSセキュリティ対策も含めてご提案致します。

OSSのDNSサーバ比較
DNSサーバのOSSについて、選定のポイントと各OSSの機能・特徴・メリット・デメリットを紹介します。DNSは、ほとんどの場合、OSSのサーバソフトウェアが利用されます。








デージーネット用語集のページです。「BIND」という用語の関連情報一覧ページです。デージーネットは、サーバ構築やOSSシステム構築・コンサルティングサービスなどを行っております。「BIND」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

BIND関連一覧の先頭へ