よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > Webminとは

  • もっと調べる

Webminとは

Webminとは、ウェブブラウザからLinuxシステムの設定が可能なツールである。直感的に設定を変更することができるため、Linuxサーバに慣れていない人でも気軽に設定変更ができるようになる。ユーザやディスク使用上限、サービス、設定ファイルなどといったOS内部設定を多数行うことができ、ApacheやPHP、MySQLなどといった多くのオープンソースのアプリケーションの変更や制御も行うことができる。

Webminは主にPerlで構築されており、独自のプロセス、そしてウェブサーバとして動作する。Webminは設定ファイルやWebminサーバへのインタフェースとして実装されている。これにより、追加機能を容易に作成することができる。 Webminのモジュール方式を用いれば、誰でも設定用のプラグインを作成することができる。

管理者でログインする事で様々な設定が簡単にできてしまうため、セキュリティの面で注意が必要である。また、複数のサーバに対して同時に設定を変更することに向いていないため、冗長化構成のサーバに組み込むことは難しい。

【カテゴリ】:システム管理  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる

【Webセミナー】VPNだけじゃない! より安心・便利なリモートワーク環境改善
セミナー

日程: 8月27日(木)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: ご好評につき、6月に開催したセミナーを再度開催いたします! OSSを利用したリモートワーク環境の改善方法に関するセミナーです。中心となるソフトウェアの説明の他、既存のリモートワーク環境のセキュリティを強化するために役立つ事例も紹介していきます。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

Webminに関連するページ(事例など)

Webminとは先頭へ