お知らせ

サーバ構築のデージーネットTOP > お知らせ > 新型コロナウイルス感染症対策におけるテレワークに対応 OSSのWEB会議システムを設置する新サービス 2020年4月7日提供開始 最短1週間で利用開始可能

新型コロナウイルス感染症対策におけるテレワークに対応 OSSのWEB会議システムを設置する新サービス 2020年4月7日提供開始 最短1週間で利用開始可能

2020年4月7日 プレスリリース



新型コロナウイルス感染症対策におけるテレワークに対応
OSSのWEB会議システムを設置する新サービス
2020年4月7日提供開始

最短1週間で利用開始可能

2020年4月7日
株式会社デージーネット

オープンソースソフトウェア※1(以下、OSS)に特化したIT企業である株式会社デージーネット(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:恒川 裕康)は、新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークなどで利用できる「WEB会議システム」をOSSを使って設定するサービスの提供を開始します。

2020年3月27日に新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の流行に伴い、東京都知事より不要不急の外出の自粛要請が行われました。この要請に伴って、企業ではテレワークを活用した在宅勤務を強化する動きが広がっています。

これを受け、今回のサービス提供開始に至りました。

【WEB会議システム利用画面】

(※1)オープンソースソフトウェア
オープンソースソフトウェア(略称:OSS)とは、無償で利用でき、ソースコードが公開されているソフトウェアのことです。

デージーネットが設定するWEB会議システムの特徴

デージーネットでは、Jitsiを使ってWEB会議システムを設定します。Jitsiはオープンソースのビデオ会議システムです。
デージーネットで設置するWEB会議システムでは以下の特徴があります。

ウェブブラウザで使用できる

専用ソフトウェアを必要とせず、発行されたURLをクリックするだけでWEB会議に参加することができます。

モバイルからも利用できる

スマートフォンからは、アプリ(Jitsi Meet)を使用してWEB会議に参加することができます。AndroidとiOSのアプリを使用することができます。

デスクトップを共有できる

WEB会議に参加しているメンバーは、自分のPCのデスクトップ上に開いている任意のウィンドウを、他のメンバーに共有することができます。

ユーザ数による課金がない

OSSはライセンスフリーのため、OSSを利用して設置したWEB会議システムでは、ユーザ数やルーム数による追加課金はありません。

デージーネットでWEB会議システムを設置するメリット

ランニングコストが抑えられる

クラウドサービスのWEB会議システムでは、1ユーザ当たり毎月1500円~3000円のランニングコストがかかります。一方、デージーネットではOSSを使ってWEB会議システムを設定するため、ユーザ数やルーム数による追加課金はありません。つまり、デージーネットのWEB会議システムでは、初期設置・設定費用とわずかな保守費用のみで利用することができます。

1週間程度で利用開始可能

デージーネットの東京営業所では、現在Jitsiを利用しテレワークを実施しています。また他社に対しても、コミュニケーションツールの一つとしてJitsiを利用したWEB会議システムの構築実績があります。このような構築・運用のノウハウや技術力から、受注後1週間程度で利用を開始することが可能です。

助成金の対象になる

厚生労働省から新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークに関する助成金制度が発表されました。WEB会議システムの導入はこの助成金の対象となります。

◇時間外労働等改善助成金(テレワークコース)
※ 助成額と補助率:1企業当たりの上限額:100万円、補助率1/2

さらに東京都では以下の助成金制度も実施されています。

◇東京都:事業継続緊急対策(テレワーク)助成金
※ 助成額と補助率:上限250万円、助成率が100%

(※ 詳細については厚生労働省のHPをご覧ください。)

価格

設置・設定費用:28万円(標準モデルの場合)
保守費用:4万円/年間
(クラウドサービスへの契約料を含みません。詳しくはお問い合わせください。)

デージーネットのサービス

  1. システムの構築

    デージーネットでは、OSSを利用したシステムの提案・構築を行っています。デージーネットで利用しているOSSは多岐にわたり、お客様に合ったOSSでシステム構築を行うことが可能です。

  2. 導入後支援サービス

    デージーネットでシステムを構築した場合、Open Smart Assistanceという導入後サポートを提供しています。継続してシステム管理のサポートを行うサービスで、以下のようなサポートがあります。

    • Q&A(インストールしたOSSやソフトウェアの利用方法に関してのご質問にお答えします。)
    • セキュリティ情報提供
    • 点検とチューニング
    • 障害調査、障害回避
    • 障害時オンサイト対応
    • 障害時システム再構築
    • 運用サービス
    • ソフトウェアのアップデート
  3. コンサルティング

    自社システムのセキュリティを強化したいお客様や、自力でプライベート認証局を導入したいお客様に、専門家の視点からコンサルティングを行います。

参考URL

Jitsi〜OSSのWeb会議システム〜

ビジネスチャットシステムであるRocket.Chatは、Web会議機能を連携することができます。そのバックエンドとしてオープンソースソフトウェアのWeb会議システムJitsiと連携できます。ここでは、Rocket.Chatと連携できるWeb会議システムJitsiについて紹介します。

→詳細はこちら

Jitsi(OSSのWeb会議システム)

構築事例:Rocket.ChatやJitsiを利用したビジネスチャットシステム

海外のオフショア会社とのコミュニケーションがとるツールが欲しいとのことで、ビジネスチャットシステムのRocket.chatを導入しました。そして文字でのチャットだけではなく音声通話やデスクトップ画面の共有も行いたいとのことで、ビデオ会議システムのjitsiの連携も提案しました。

→詳細はこちら

構築事例:Rocket.ChatやJitsiを利用したビジネスチャットシステム

Jitsi調査報告書

Jitsiはオープンソースのビデオ会議システムです。リモートワークなどで、離れた場所にいるメンバーとの会議などに活用できます。自組織専用のシステムを構築できるため、安心して使えるビデオ会議システムを提供することができます。本書は、Jitsiについて調査した内容をまとめたものです。

→詳細はこちら

Jitsi調査報告書

会社概要

会社名: 株式会社  デージーネット
代表者: 代表取締役  恒川 裕康
本社   : 〒465-0025  愛知県名古屋市名東区上社四丁目39-1
資本金: 4,000万円
URL   : https://www.designet.co.jp/

<一般の方からのお問い合わせ先>
https://www.designet.co.jp/contact/

このお知らせの先頭へ