お知らせ

サーバ構築のデージーネットTOP > お知らせ > 新型コロナウイルス感染症対策におけるテレワークに活用 無料で使えるソフトウェア『Jitsi(ジトシ)』を使ったWEB会議 日本語利用マニュアルを2020年4月28日無償公開開始

新型コロナウイルス感染症対策におけるテレワークに活用 無料で使えるソフトウェア『Jitsi(ジトシ)』を使ったWEB会議 日本語利用マニュアルを2020年4月28日無償公開開始

2020年4月28日 プレスリリース



新型コロナウイルス感染症対策におけるテレワークに活用
無料で使えるソフトウェア『Jitsi(ジトシ)』を使ったWEB会議
日本語利用マニュアルを2020年4月28日無償公開開始

2020年4月28日
株式会社デージーネット

オープンソースソフトウェア※1(以下、OSS)に特化したIT企業である株式会社デージーネット(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:恒川 裕康)は、新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークなどで利用できる「WEB会議システム(Jitsi)」の日本語マニュアルを2020年4月28日よりホームページにて公開します。

Jitsi利用マニュアル画面

【Jitsi利用マニュアル画面】

(※1)オープンソースソフトウェア
オープンソースソフトウェア(略称:OSS)とは、無償で利用でき、ソースコードが公開されているソフトウェアのことです。

Jitsiとは、オープンソースソフトウェアのWEB会議システムです。ウェブブラウザを使用して、遠隔にいる社員同士とWEB会議を行なうことができます。Jitsiは、フランスのBlueJimp社がオープンソースとして開発しました。現在Jitsi Communityは、8x8社によってサポートされています。

利用マニュアル無償公開

デージーネットは、JitsiでWEB会議を行うための『Jitsi利用マニュアル』を作成しました。2020年4月28日より、次のURLでJitsi利用マニュアルを無償公開します。

Jitsi利用マニュアル

https://www.designet.co.jp/ossinfo/rocket.chat/jitsi_manual/

このマニュアルは、画面のキャプチャと合わせた説明で、初めてJitsiを使ってWEB会議を行う人でも分かりやすいマニュアルとなっています。

2020年4月16日に政府が「緊急事態宣言」を、全国に拡大すると発表しました。これに伴い、企業ではテレワークを活用した在宅勤務をさらに強化する動きが広がっています。これを受け、今回Jitsiを利用したWEB会議方法などをまとめた『Jitsi利用マニュアル』の無償公開に至りました。

デージーネットのサービス

Jitsiはオープンソースソフトウェアのため、無料で入手できます。さらに、今回デージーネットが公開するJitsiの利用マニュアルも無料で公開されているため、Jitsiを使ってWEB会議システムを構築することで完全に無料で利用することが可能です。デージーネットでは、JitsiのインストールやJitsiを活用したWEB会議システムの設置に不安のある企業向けに、システム設置のサービスも提供しています。

WEB会議システム設置価格

設置・設定費用 :28万円(標準モデルの場合)
保守費用          :4万円 / 年間
(クラウドサービスへの契約料を含みません。詳しくはお問い合わせください。)

Jitsi利用のメリット

クラウドを利用せずWEB会議が可能

現在、WEB会議を行うための便利なクラウドサービスが多々展開されています。その一方で、ビジネス上の会議となると機密情報を扱うこともあり、クラウドサービスの利用が憚られることがあります。

Jitsiを使ったWEBシステムの構築では、クラウドサービスを使用せずオンプレミス環境に構築を行うことができます。そのため、機密情報や個人情報等をやり取りする場合でも安心してWEB会議を行うことができます。

専用ソフトウェアは不要

Jitsiは、ウェブブラウザからWEB会議を行なうことができます。そのため、WEB会議専用のソフトウェアをインストールする必要がありません。発行されたURLをクリックするだけでWEB会議に参加することができます。また、スマートフォンからはアプリ(Jitsi Meet)を使用してWEB会議に参加することができます。

音声以外の操作も可能

JitsiのWEB会議ルーム内では、挙手制度やチャットもあり音声で話す以外でも、会話をすることが可能です。WEB会議に参加しているメンバーは、自分のPCのデスクトップ上に開いている任意のウィンドウを、他のメンバーに共有することもできます。

ランニングコストが抑えられる

Jitsiはオープンソースソフトウェアのため、ユーザ数やルーム数ごとの費用は掛かりません。

このように、JitsiでWEB会議システムを構築することで、テレワークや顧客との打ち合わせなどでWEB会議を行うことができるようになります。しかし、Jitsiを活用してWEBシステムの構築しても、WEB会議を利用するユーザが参考にできるマニュアルが散乱していて探せなかったり、情報があっても英語で敷居が高いなどの難点がありました。

そこでデージーネットではJitsiでWEB会議を行うための『Jitsi利用マニュアル』を作成し、2020年4月28日より無償公開します。

Jitsi利用マニュアル

https://www.designet.co.jp/ossinfo/rocket.chat/jitsi_manual/

その他のサービス

デージーネットではOSSを使ったシステム構築以外に、システム導入後のサポートやコンサルティングも行っています。

  1. 導入後支援サービス

    デージーネットでシステムを構築した場合、Open Smart Assistanceという導入後サポートを提供しています。継続してシステム管理のサポートを行うサービスで、以下のようなサポートがあります。

    • Q&A(インストールしたOSSやソフトウェアの利用方法に関してのご質問にお答えします。)
    • セキュリティ情報提供
    • 点検とチューニング
    • 障害調査、障害回避
    • 障害時オンサイト対応
    • 障害時システム再構築
    • 運用サービス
    • ソフトウェアのアップデート
  2. コンサルティング

    自社システムのセキュリティを強化したいお客様や、自力でWEB会議システムを導入したいお客様に、専門家の視点からコンサルティングを行います。

参考URL

Jitsi〜OSSのWeb会議システム〜

ビジネスチャットシステムであるRocket.Chatは、Web会議機能を連携することができます。そのバックエンドとしてオープンソースソフトウェアのWeb会議システムJitsiと連携できます。ここでは、Rocket.Chatと連携できるWeb会議システムJitsiについて紹介します。

→詳細はこちら

Jitsi(OSSのWeb会議システム)

会社概要

会社名: 株式会社  デージーネット
代表者: 代表取締役  恒川 裕康
本社   : 〒465-0025  愛知県名古屋市名東区上社四丁目39-1
資本金: 4,000万円
URL   : https://www.designet.co.jp/

<一般の方からのお問い合わせ先>
https://www.designet.co.jp/contact/

このお知らせの先頭へ