メールマガジン

サーバー構築のデージーネットTOP > メールマガジン > Fedora18 アルファ版

Fedora18 アルファ版

今月の気になるオープンソース情報(2012年10月号)

フロンティア開発部 米山陽介

Fedora Projectは9月18日、「Fedora 18(開発コード: Spherical Cow)」のアルファ版を公開しました。Fedora 18ではいくつもの新機能が予定されていますが,アルファ版の段階で実装されたものは以下です。

  • デフォルトファイアウォールにfirewalldを導入
  • クラウドではOpenShift Origin,Eucalyptus,OpenStack Folsomなどが利用可能に
  • デスクトップはGNOME 3.6、KDE Plasma Workspace 4.9、Xfce 4.10、Sugar 0.98のほか,GNOME 2ベースのMATEも選択可能に
  • インストーラのUIが大幅変更
  • Active Directoryドメインへの参加が容易に
中でも一番注目しているのは「firewalld」です。これは、iptablesのポリシーを動的に作り出すことができる機能のようで、これによりサービスへ影響を及ぼす事なくiptablesのルールの変更が可能になる可能性があるからです。 また、2013年後半に「RHEL 7」をリリースするという情報がありましたが、時期的にみて、このFedoraの情報を参考に開発していく可能性があります。 「RHEL 7」に正式導入された際には、弊社の今後のサービスにも組み込んでいけるのではないかと考えております。

5月のメールマガジンでもFedora17のリリースを掲載しましたが、実に半年の間のメジャーバージョンアップということですので技術の進歩は本当に早いですね。早く新しい技術に触れてみたいものです。

デージーネットマガジン2012年10月号記事一覧

このページの先頭へ