メールマガジン

サーバー構築のデージーネットTOP > メールマガジン > 急激に進む企業のLinux採用

急激に進む企業のLinux採用

今月の気になるオープンソース情報(2013年5月号)

フロンティア開発部 米山陽介

Linux Foundationが3月27日に発表した、Linux採用に焦点をあてたレポート「2013 Enterprise End User Report」によると、2012年第4四半期は、サーバビジネス全体の伸びが前年比わずか3.1%のプラス、Windowsサーバの収入も同3.2%増にとどまったにもかかわらず、Linuxは前年同期比12.7%もの増加を記録したようです。

また、約76%がLinuxサーバをクラウドに使用し、また74%は将来的なクラウド関連の取り組みにLinuxを使用し続ける、もしくは使用率をさらに上げることを計画していることも確認されているようです。

これを踏まえ、今後5年間でLinuxサーバの使用率を高めたいと考える組織は全体の80%になる予想になるようです。

この調査結果を見る限り、Linuxの将来は明るいように思えます。ただ、それに対してLinuxの技術者不足はとても深刻な問題であると思います。Linuxを扱える技術者の育成が今後も重要になってきそうですね。

技術者を増やすためにもセミナー等を開催したり、積極的にLinuxを広める活動をしていきたいと考えています。

デージーネットマガジン2013年5月号記事一覧

急激に進む企業のLinux採用の先頭へ