メールマガジン

サーバー構築のデージーネットTOP > メールマガジン > デージーネットマガジン11月号 > ソフトウェアの情報収集について

ソフトウェアの情報収集について

今月のアンケート(2013年11月号)

アンケート結果は、次のデージーネットマガジンでお知らせしますので、是非アンケートにお答えください。

ソフトウェアの情報を入手する時には、最新の情報かをつねに確認する必要があります。どのように情報を集めているかを教えてください。
こちらからご回答ください↓(回答時間 30秒ほど)
アンケート(受付は終了しました)
結果は次回のデージーネットマガジンでお伝えします。お楽しみに!

10月号のアンケート結果

ソフトウェアのバグに対して

アンケートから、半数以上の人が普通の人が余り使わないソフトウェアを利用しており、半数近くの人がバグを見つけたときは自分で調べて報告するという事が分かりました。また、ソフトウェアのバグで困ったことがない人が殆どなため、ソフトウェアの品質が良いことがわかります。

OSSは利用者の要望が直接反映されやすい傾向にあるため、報告があるものに対し、改修され易い状態になり、品質が高くなります。
アンケートの結果からも、需要適合の原則が合っていることが分かります。

1.ソフトウェアのバグで困ったことがありますか?
ある15%
ない85%
2.バグを見つけたときどうしますか?
自分で調べて報告する43%
違う方法で出来ないかを考える57%
3.バグの詳細を調べて該当場所(会社・コミュニティ等)に報告したことがありますか?
ある29%
ない71%
4.普通の人が余りつかないようなソフトウェアを利用するほうですか?
利用する43%
利用しない57%

デージーネットマガジン2013年11月号記事一覧

ソフトウェアの情報収集についての先頭へ