メールマガジン

学習管理システムCanvas LMSのウェビナー連携

OSS研究室 加茂 智之

今回は、学習管理システムCanvas LMSとBigBlueButtonの連携についてご紹介します。

Canvas LMSとは

Canvas LMSは、教育機関での講義や一般企業での社内研修などで利用できる学習管理システムです。Canvas LMSには、企業内研修でも活用できる次のような機能があります。

講師側の機能

  • 受講者の管理

    講師は受講者の登録や削除など受講者の管理を行うことができます。また、登録した受講者の受講状況の確認や、課題の提出状況の確認も可能です。

  • 講義資料の作成・配布

    担当する講義のカリキュラムや教材をオンライン上で作成することができ、受講者に向けてそれらのコンテンツを公開するかどうかを決めることができます。さらにCanvas LMSではコース内容のエクスポート/インポートができるため、過去の受講コースの情報を再度利用することも可能です。

  • 課題、小テストの作成・添削

    担当する講義の課題・小テストを作成することができます。あらかじめ正解を登録しておける課題・小テストについては、自動的に採点が行われます。テストの点数だけでなく、正答率の統計を表示することも可能です。

受講者側の機能

  • 講義日程の確認

    受講コースや講義の日程、課題の期限などのスケジュールを管理することができます。受講者は、Canvas LMSのカレンダーで確認することで自身の学習スケジュールを知ることができます。

  • 受講コース情報の参照

    自身が受講しているコースのカリキュラムや教材など、講師が公開しているものはすべて参照することができます。

  • 課題提出・成績の確認

    受講者は、オンライン上で課題の提出から成績の確認まで行うことができます。成績の確認では、受講コース内で自身が提出した課題の結果も確認することができます。課題の結果から、自分が何を間違えたのか、どの単元が苦手なのかなど客観的に振り返ることができます。

上記のように、Canvas LMSは企業内研修などで使用する教材や受講者の管理を行うことのできるソフトウェアです。しかし、Canvas LMS単独ではオンライン講義の機能はありませんでした。

オンライン講義を実施したい場合、外部のウェブ会議サービスや別個に立てたウェブ会議サーバを利用することも可能ですが、受講者へオンライン講義のURL等を案内し、本来の受講者以外がオンライン講義に参加できないようにするにはそれなりに手間がかかります。

Canvas LMSとBigBlueButton連携によるメリット

Canvas LMSをBigBlueButtonと連携することで、オンライン講義を簡単に開催することが可能です。Canvas LMSとBigBlueButtonの連携により以下のメリットがあります。

講師側のメリット

  • オンライン講義の予定を作成できる

    連携設定をすると、担当コースの画面上にオンライン講義を実施できる「会議」メニューが表示されるようになります。「会議」管理画面から、オンライン講義の予定を作成することが可能です。

  • 受講者を簡単に指定可能

    講義コースの受講者全員、もしくは一部の受講者を選択し、オンライン講義に招待することができます。この機能により、オンライン講義を受講させたい人を簡単に指定することができます。

  • 講義の録画ができる

    講師は任意のタイミングで講義の様子の録画を開始・停止することができます。講義を録画しておくことで、オンライン講義に出席できなかった受講者が後から録画を見ることができます。

受講者側のメリット

  • 受講コースのオンライン講義にすぐに参加できる

    受講コースのオンライン講義の予定を、Canvas LMSの画面から確認することができます。また、連携により表示された「会議」メニューから、参加ボタンを押すことですぐにオンライン講義に参加することができます。Canvas LMSは受講コースごとに画面が管理されているため、オンライン講義のURLや会議室名などを意識することなく参加することができます。

  • 後から録画による受講も可能

    オンライン講義に出席できなかった場合でも講義が録画されていれば、後からオンデマンド授業のように後から録画で講義を受けることができます。

最後に

Canvas LMSとBigBlueButtonを連携して使うことで、受講者への告知やオンライン講義への誘導が一括して行えるようになります。

現在デージーネットでは、社内研修の実施や社内勉強会にBigBlueButtonを活用しています。オンタイムで聞けなかった社員へは録画機能を活用して後日見てもらっています。今後は、Canvas LMSとの連携も導入することで、アンケート機能や視聴状況の管理でも活用していく予定です。

関連ページ

Moodleに代わるOSSの学習管理システム〜Canvas LMS〜

OSS情報(Canvas LMS)

Canvas LMSとは、企業の研修や学校などの教育機関で教材配信や成績の管理ができるオープンソースソフトウェアの学習管理システムです。学習に必要な機能を集結させた学習管理システムで、Moodleを超えるシェア率になっており、世界中の多くの教育機関で採用されています。

BigBlueButton〜OSSのウェビナーシステム〜

OSS情報(BigBlueButton)

BigBlueButtonとは、オープンソースのWeb会議システムでオンプレミス環境で構築することが可能です。BigBlueButtonは、ウェビナーの機能が豊富です。ここではBigBlueButtonの特徴や機能について解説します。

デージーネットからのお知らせ

無料資料ダウンロードに【CanvasLMS調査報告書 1.01版】を掲載しました。

CanvasLMSは、学校などの教育機関で利用できる学習管理システムです。CanvasLMSは、学習カリキュラムや、講師や受講者の情報登録を行うことができます。本書は、学習管理システム(Learning Management System)の1つであるCanvasLMSの調査報告書です。また、ウェビナーシステムであるBigBlueButtonとの連携についても記載しています。

https://www.designet.co.jp/download/#information

メールサーバの安全性を無料でチェックできるサイトを公開しています。

メールセキュリティへの関心が高まる中、メールセキュリティのチェック項目を整理して、誰でも簡単にチェックできるツールはありませんでした。本サイトでは、メールアドレスを入力するだけで、メールサーバのセキュリティを無料でチェックできます。

メールサーバセキュリティ診断MSchecker外部サイトへ

デージーネットマガジン2020年7月号記事一覧

学習管理システムCanvas LMSのウェビナー連携の先頭へ