オープンソース

Canvas LMS〜Moodleに代わるOSSの学習管理システム〜

LMS(Learning Management System)とは、インターネット上で学習を行うeラーニングシステムにおいて、学習教材の配信や成績をオンライン上で管理するシステムのことです。「学習管理システム」とも呼ばれます。LMSを利用すれば、教材や受講者の進捗状況・成績などを一括管理できます。講師、受講者、管理者すべてにメリットがあるため、多くの教育機関や企業でLMSが導入されています。この記事では、OSSのLMSであるCanvas LMSについて紹介します。

目次

学習管理システムとは

学習管理システムとは、オンラインでの学習において、教材を配信する仕組みや、教材内容・受講者をデータ上で管理するシステムのことです。英語の「Learning Management System」の略称から、LMSとも呼ばれています。インターネットの普及によって、自分のペースで学習を進めることができるeラーニングシステムの導入が進み、オンライン学習の記録や成績の確認をしやすくすることを目的として、学習管理システムが利用されるようになりました。

現在は、新型コロナウイルスの拡大や働き方改革の影響で、遠隔から行うオンライン授業や社員研修が増えたことで、学習管理システムは大きく注目されています。最近はスマートフォンやタブレットの専用アプリを用意しているものも多く、より受講しやすく、かつコミュニケーションが取りやすい学習管理システムが増えてきています。

Canvas LMSとは

Canvas LMS:ダッシュボード

Canvas LMS:ダッシュボード

Canvas LMSとは、企業の研修や大学などの教育機関で教材配信や成績の管理ができる、オープンソースソフトウェアの学習管理システム(LMS:Learning Management System)です。米国のInstructure社が開発し、ライセンスはAGPLv3で公開されています。オープンソースのLMSではMoodleが有名ですが、2018年の米国での市場調査では、マーケットシェアはMoodleが23%に対しCanvas LMSは28%と、Canvas LMSが上回りました。Canvas LMSは学習に必要な機能を集結させた学習管理システムで、世界中の大学や企業で採用され、日本の国内でも現在シェアを伸ばしています。

また、Canvas LMSはOSSとして提供されているだけでなく、クラウドサービスとしても提供されており、WebベースのSaasとしての利用も可能です。オンプレミスに構築できるOSS版とクラウドサービス版を、Canvas LMSでは環境や目的に合わせて選択して使用することができます。

Canvas LMSの特徴

Canvas LMSの特徴は以下になります。

使いやすいインタフェース

Canvas LMSの画面は、どれも綺麗で整理されたインタフェースとなっています。またCanvas LMSは、日本語を含む多数の言語に対応しています。日本語への翻訳も、海外製品特有の直訳や間違いは少なく、ほとんどがきちんと意味がわかる内容であり、初心者でも使用しやすくなっています。

Canvas LMS:インタフェース画面

Canvas LMS:インタフェース画面

外部のIDプロバイダと連携して、認証を行うことができる

Canvas LMSは、facebookやツイッターなどの各種SNSと連携し認証が行えるよう設計されています。Canvas LMSの連携が可能な主なIDプロバイダは次の通りです。

  • CAS
  • LDAP
  • OIDC
  • SAML
  • Facebook
  • Github
  • Google
  • Microsoft
  • Twitter

しかし、外部IDプロバイダを利用した場合、認証の部分しか連携がされません。ユーザの名前などの属性は別の方法でCanvas LMSに登録する必要があります。そのため、Canvas LMSにはユーザなどの情報を一括でインポートする仕組みが備わっています。

既存のシステムと連携して利用が可能

Canvas LMSには、SIS(Student Information Services)インポートといわれる、受講者の様々な情報をインポートする機能があります。ユーザ情報・認証情報や受講コース、グループなどの情報を、CSV形式のファイルでCanvas LMSにインポートすることが可能です。今現在、違うシステムで管理されている場合でも、Canvas LMSと簡単に連携することができます。またCanvas LMSのSISインポートの機能には、バッチモードというSISインポートで登録されたデータ以外のデータを削除する機能や、インポートするCSVに記載されたSIS IDと同一のSIS IDを持つデータの差分を登録する差分バッチモードがあります。Canvas LMSは、環境や運用に合わせて、登録処理を行うことができます。

脆弱性の数が少なく安全に利用できる

Canvas LMSは、過去数年で報告された脆弱性の数がとても少なく、安全なソフトウェアです。LMSとして古くから存在するMoodleとCanvas LMSで、報告された脆弱性の件数を比べると、2019年ではMoodleが16件に対し、Canvas LMSは3件と、圧倒的に少なくなっています。教育の現場で使用されるというソフトウェアの特性からも、管理者は頻繁なアップデートを避けたいため、管理が楽になります。

Canvas LMSの導入メリット

受講コースや日程の管理が楽になる

Canvas LMSでは、受講コースや講義の日程、課題の期限などのスケジュールをインターネット上で確認することができます。講師や受講者は、Canvas LMSのカレンダーを確認するだけで、自身の学習スケジュールを知ることができます。

テストの実施・テストの採点がWeb上で行える

Canvas LMSではオンラインで試験が実施できるため、費用と手間を削減できます。また、選択問題や穴埋め問題など、予め正解を登録しておける問題については、受講者がテストを提出すると自動的に採点が行われます。さらに、テストの点数や正答率の統計を表示することも可能なため、受講コースに対しての受講者の理解度を図ることも容易です。

授業の内容を再利用できる

Canvas LMSでは、コース内容のエクスポート・インポートが可能です。そのため、過去の受講コースの情報を再度利用することができます。

Canvas LMSの機能

Canvas LMSは非常に多機能なLMSであり、LMSとして古くから有名なMoodleと比較しても、劣らない機能を備えています。Canvas LMSの機能は以下の通りです。

管理者向け機能

管理者は、いわゆるシステム管理者の他に、学習カリキュラムや講師・受講者の情報登録などの役割もあります。管理者に向けた機能としては、次のようなものがあります。

  • 管理者・講師・受講者などのユーザの管理
  • 一般ユーザへの部分的な管理権限の付与(講師に学習コースの管理権限を与えるなど)

    権限の設定では、コースでの役割とアカウントでの役割を登録することができます。コースでの役割は、学生や講師以外にも、学生に関する情報のみが見えない権限や、全体へアナウンスのみ行うことができる権限などがあります。

    Canvas LMS:管理者向け機能

  • アカウントと呼ばれる学部・学科などのグループの管理
  • 学習コースの管理

    アカウントごとに複数のコースを作ることができ、コース作成後、コースに講師と学習者を追加することができます。追加時に登録するユーザの情報と、役割を選択することができます。

  • 各情報のCSVインポート機能

講師向け機能

  • 学習コースの管理

    管理者が学習コースに講師を追加することで、担当講師はコースの管理を行うことができるようになります。

  • 講義資料や課題、小テストの作成・添削

    自身が担当する講義のカリキュラムや教材・課題を作成することができます。また学生に向けて、それらのコンテンツを公開するかどうかを決めることもできます。要綱の作成やモジュールの設定もすることが可能です。テストの問題も作成することができます。

    Canvas LMS:講師向け機能

  • 受講者の受講状況の確認
  • 成績一覧の確認

    Canvas LMSでは、コースごとに課題の成績を管理することができます。各課題の点数だけでなく、課題全体の点数の割合も確認することができます。

    Canvas LMS:講師向け機能

  • 日誌の作成
  • コース内でのディスカッション

    ディスカッションは掲示板のような機能です。通常のディスカッションや質疑応答といったコミュニケーションに役立つ他、受講生の提出物をコース内の受講生全員で共有することもできます。

受講者向け機能

  • 受講したコースの情報閲覧
  • カレンダーや一覧での講義日程の確認

    受講生は自身が参加しているコースの予定などを、カレンダーで参照することができます。

    Canvas LMS:受講者向け機能

  • 課題のアップロード
  • ディスカッション
  • 自身の成績の確認

システム管理機能

  • LDAPやSAML/OIDC等の認証
  • ユーザ等の情報CSV連携
  • 学部・学科、コースの管理者への権限委譲

ウェビナーシステムとの連携

Canvas LMSは、ウェビナーシステムのBigBlueButtonと連携してCanvas LMSのシステム内でウェビナーを開催することができます。Canvas LMSの管理者画面で、プラグイン設定からBigBlueButtonを選択することで講義を開始することができます。BigBlueButtonと連携することで、レジュメを使用した講義の開催はもちろん、その講義のビデオ録画もすることが可能です。またBigBlueButtonには、グループチャットや共有メモ、アンケートの機能があるため、講義の内容にあわせた運用が実現できるようになります。

BigBlueButtonと連携

BigBlueButtonとの連携画面

デージーネットの取り組み

デージーネットでは、学習管理システムを利用したソリューションの構築、保守を行ってます。Canvas LMSのインストール方法や使い方、基本的な機能などのより詳しい内容については、無料でダウンロードが可能な「Canvas LMS調査報告書」に記載しています。また、構築例や参考価格を記載したモデルプランも提供しております。

OSSを使ったeラーニングシステム

デージーネットでは、Canvas LMSと、動画配信システムのAVideoを連携させたeラーニングシステム「LearNET(ラーネット)」を開発しました。LearNETには、デージーネットが独自に設計した、動画視聴の履歴を参照できるWebUIがあります。この画面で、ユーザのアクセス状況、どれくらい動画を視聴したのかなどを、一覧で確認することが可能です。そのため、学習の管理と動画などの教材の視聴が、このシステム内で完結します。また、シングルサインオンのOSSであるKeycloakとも連携しているため、1度のログインですべてのシステムを利用可能となっています。

Canvas LMSのクラウドサービス

Canvas LMSはクラウドサービス版も提供されており、WebベースのSaasとしても利用可能です。なおデージーネットは、クラウドサービス版を提供しているInstructure社とパートナー契約を結んでいます。そのため、お客様のご要望に合わせて、クラウドサービス版、コミュニティ版の両方をご提案可能です。クラウドサービス版の特徴や機能、コミュニティ版との比較などは以下のページで紹介しています。

Canvas LMS 関連情報一覧

Canvas LMS調査報告書

無料資料ダウンロード

本書は、学校などの教育機関で利用できる学習管理システム(Learning Management System)である、Canvas LMSの調査報告書です。ウェビナーシステムであるBigBlueButtonとの連携についても記載しています。

Canvas LMSのクラウドサービス

CanvasLMSクラウドサービス

学習管理システムのCanvas LMSはクラウドサービス版も提供されています。そのため、WebベースのSaasとしての利用も可能です。ここでは、クラウドサービス版の特徴と機能、コミュニティ版との比較などを紹介します。

学習管理システムCanvas LMSを利用した社内研修システム構築事例

構築事例

お客様は、社内研修を管理するシステムとして、学習管理システムのCanvas LMSの導入を検討していました。しかし、構築するための技術に不安を感じていました。また、お客様が現在利用しているAzure ADでユーザ管理を行いたいというご要望でした。

Canvas LMSを利用した社内の学習管理システムの導入事例

構築事例

Canvas LMSを利用した学習管理システムをデージーネット社内に構築した事例です。現在は、新人研修から、SE向けの技術研修まで社内の研修全てで活用をしています。

BigBlueButtonを利用した社内へのウェビナーシステムの導入事例

BigBlueButtonシステム構築事例

今回は、デージーネットの社内にウェビナーシステムを導入した事例です。デージーネットでは、社内向けの研修や社外向けのセミナーでこのウェビナーシステムを利用しています。ウェビナーシステムを導入したことで営業活動のお客様の層が広がり、採用活動では、採用の多様性に繋がりました。

無料のOSSを使ったeラーニングシステム おすすめ機能を解説〜LearNET〜

OSS情報(LearNet)

LearNET(ラーネット)とは複数のOSSを組み合わせ、成績管理や動画の視聴状況など、受講者の管理機能を充実させたOSSのeラーニングシステムです。

BigBlueButton〜OSSのウェビナーシステム〜

OSS情報(BigBlueButton)

BigBlueButtonとは、オープンソースソフトウェアのWeb会議システムです。ウェブブラウザを使用して、遠隔の利用者とWeb会議を行うことができます。ここでは特徴や機能について紹介します。

OSSのウェビナーツールおすすめ5選!クラウドサービスと比較したメリット

ウェビナーツール比較

ウェビナーとは、インターネット回線を使って行うオンラインのセミナーのことで、ウェブとセミナーを合わせた造語です。ここでは、クラウドと比較したメリットとおすすめOSSを紹介します。

Web会議システムとサービス比較 無料で使えるおすすめ7選

OSS比較(Web会議システム)

Web会議システムに至っては、たくさんのサービスが存在しています。ここでは、クラウドサービスとオンプレミスのWeb会議システムについて比較します。

OSSの学習管理システムCanvas LMSとMoodleの機能比較

OSS比較(学習管理システム)

オープンソースの学習管理システムであるCanvas LMSとMoodleは、豊富な機能と柔軟性から多くの支持を集めています。ここでは、二つのLMSを比較し、それぞれの特徴やメリットを解説します。

デモのお申込み

もっと使い方が知りたい方へ
操作方法や操作性をデモにてご確認いただけます。使い方のイメージを把握したい、使えるか判断したい場合にご活用下さい。デモをご希望の方は、下記よりお申込みいただけます。

デモをご希望の方

デモの申し込みイメージ

OSS情報

Canvas LMS
〜Moodleに代わるOSSの学習管理システム〜
ここではオープンソースソフトウェアの学習管理システムCanvas LMSの特徴、機能、導入メリットについて説明します。
CanvasLMS×BBB管理者マニュアル
デージーネットで作成しました社内向けセミナーシステムの管理者用マニュアルです。
CanvasLMS×BBB講師マニュアル
デージーネットで作成しました社内向けセミナーシステムの講師用マニュアルです。
CanvasLMS×BBB受講者マニュアル
デージーネットで作成しました社内向けセミナーシステムの受講者用マニュアルです。