オープンソース

OSSの動画配信サーバ〜AVideo〜

テレワークが普及したことで、動画の活用用途が広がっています。Web会議や研修などでは、動画を録画することができるようになりました。ここでは動画配信や動画管理ができるオープンソースソフトウェアのAVideoを紹介します。

動画配信サーバのAVideoとは

AVideoとは、オープンソースの動画配信サーバです。撮影した動画を、ウェブブラウザにストリーミング配信することができます。Json Licenseのもとで、オープンソースソフトウェアとして提供されています。GitHubには「AVideo Platform is an Audio and Video Platform or simply "A Video Platform".」とAVideoについて記載されています。

AVideoイメージ

AVideoの特徴

AVideoを活用することで、動画配信を行うことができます。以下のメリットがあります。

オンデマンドのストリーミング配信ができる

AVideoでは、視聴者が必要な時(オンデマンドで)動画を選んで閲覧することができる動画配信サイトを構築することができます。そして、AVideoではストリーミング型で動画配信を行うことができます。

ファイルサーバに動画ファイルを置いて、ファイルをダウンロードするダウンロード型の配信とは異なり、端末にデータを保管しないため、クライアント側のストレージ容量を消費しません。また、勝手に再配信されて流出したりする可能性が少なく、重要な情報を含む動画も 安心して配信することができます。動画の再生はブラウザ上で行えるため、PCだけでなくスマホでも動画を視聴することができます。

動画をオンプレミス環境で管理、配信できる

AVideoは、社内でWebを使ったセミナーや研修の録画を管理したり、動画配信することができます。そのためセミナーや研修に参加できなかった人へ後日録画をみてもらうことができます。参加できなかった人への情報共有を効率よく行えるだけではなく、ビジネスでは打ち合わせや商談などを録画し保管しておくことで上司がその打ち合わせの録画を確認できます。それを部下への指導をおこなう等の社員教育にも活用することができます。社内研修や商談などは個人情報や機密情報も取り扱う可能性があります。クラウドの動画配信サービスとは異なり、AVideoはオンプレミス環境にもサーバを構築することが可能です。自社専用のシステムを構築でき、情報漏えいリスクも少なくなります。そのためセキュリティも安心してデータの管理が可能になります。

動画の視聴状況が確認できる

AVideoは、管理者がユーザの視聴状況の確認を行うことができます。例えば、テレワークなどの在宅ワークが増えたことで直接手順を説明できる機会が減り、引継ぎなどがやりずらいという問題があります。しかし文字で作られている作業手順や、操作マニュアルを動画にすることで、リモートにいる人にもわかりやすく手順を説明することができます。そのため、研修や作業手順動画、操作マニュアルなど社員がいつどこまでその動画をみたのか受講状況の管理や分析ができます。

社外の人への動画配信ができる

AVideoには、一般公開機能という機能があり、動画のURLを教えることで誰でも動画を視聴できる設定があります。また動画にパスワードを付け、パスワードを知っている人限定に公開することも可能です。この機能をつかって社外向けのセミナーや採用での会社説明会などの動画配信をすることも可能です。

オープンソースソフトウェアのためユーザ制限なく利用可能

AVideoは、オープンソースソフトウェアのため一度サーバを構築すれば初期費用のみでユーザや月額の料金がかかることなくコストを抑えて使用できます。そのため自社の目的にあわせて動画配信サーバを利用できます。

AVideoの機能

AVideoは以下のような動画配信に必要な機能を備えています。

動画の参照・検索

接続すると動画配信のギャラリービューが表示されます。ギャラリービューでは、トレンドや最も多く見られたビデオ、カテゴリ別などで動画の並びかえられ表示されています。また検索バーから動画の検索も可能です。ページは、レスポンシブデザインで作成されており、ウェブブラウザの画面サイズにあわせて柔軟に表示されます。

動画参照・検索イメージ

動画の再生・アップロード

ギャラリービューに表示されている動画のサムネイルをクリックすると、動画再生ページが表示されます。動画再生ページでは、専用の動画ビューアがブラウザ内に起動され、動画の再生を行うことができます。図のように再生速度のコントロール、音量の調整、最大化などの機能を使うことができます。

動画アップロードの権限を持つユーザでログインすると、ページ右上部に動画アップロードボタンが表示されます。動画アップロードボタンを押すと、動画アップロードのページが表示されます。タイトル、解説、カテゴリ、参照を許可するユーザグループを指定し、Start Uploadボタンを押すと、動画の情報が登録され、アップロードが開始されます。アップロードされたファイルは、AVideo-EncoderによりAVideoで利用できる形式にエンコードされ、所定のディレクトリに配置されます。参照を許可するユーザグループを指定しない場合、すべてのユーザに参照が許可されます。

動画再生・アップロードイメージ

動画の評価・コメント投稿機能

動画再生ページでは、動画に対して評価を行ったり、コメントを記載したりすることができます。動画投稿者は利用者からのフィードバックを受けることができ、次の機会の動画作成や投稿に役立てることができます。

ダッシュボード機能

動画のアップロード権限を持つユーザは、ダッシュボードの機能を利用することができます。ダッシュボードでは、動画配信の統計情報を表示することができます。自身でアップロードした動画がどれくらい視聴されているかなどを確認することができます。

ダッシュボードイメージ

アクセス制限機能

「管理者」「動画投稿も可能なユーザ」「視聴するだけのユーザ」と動画配信の公開範囲を制限することが可能です。指定したグループだけに公開することもできます。またユーザ専用視聴機能という機能があり、システムにログインした人だけが動画を視聴することができます。そのためシステムにアカウントのある人だけに視聴させることも可能です。

自動エンコーディング機能

ウェブインタフェースから動画をアップロードすると、自動的に動画がエンコードされて配置されます。利用者は特別な知識がなくても、簡単に動画をアップロードすることができます。

エンコードイメージ

ロゴやデザインのカスタマイズ

ぺージに表示されているロゴや全体のデザインも変更することができます。デザインはテンプレートがいくつか用意されていてユーザーの好みのものに変更が可能です。

カスタマイズ1イメージ

[Netflix]

カスタマイズ2イメージ

[United]

AVideoのプラグイン

AVideoには、プラグインの機能があります。多くのプラグインが標準でインストールされており、使用したいプラグインを有効にすれば利用できます。また、プラグインストアで有料のプラグインを購入して適用することも可能です。プラグインにはAPIやLDAP認証のプラグインがあります。

どんな人におすすめか

AVideoでは、さまざま場面で利用することができます。以下のような課題を持っている方へおすすめしています。

  • 作業の手順をリモートワークで教えるのが手間

    リモートワークをしている人へ文字や口頭で手順を教えるのは時間がかかったりと手間があります。しかし作業の手順を動画で撮り保管しておくことで、リモートワーク中でもその動画をみて作業を行うことができます。動画は流用ができるので、教えるという作業がなくなり業務の効率にもつながります。

  • Web会議の録画機能があるが撮った動画を上手く活用できていない

    Web会議などの打ち合わせで撮った動画を保存しておくことで議事録の代わりになります。さらにその動画を上司がレビューして部下への指導に使うことで同行する手間もなくなります。

  • リモートワークの人に研修が行えない

    社内研修の動画を保管しておくことでリモートワークの人へ動画を見せることができます。アクセス制限の機能があるので、研修に参加した人でグループを作りその人達だけに動画を視聴してもらうことも可能です。視聴したかの確認も行うことができます。

デージーネットの取り組み

デージーネットでは、AVideoを使用した動画配信サーバの構築を行っています。また自社内でも動画配信サーバを利用して、定期的に外部向けセミナーを実施したり、社内の技術研修の動画を管理しています。また、テレワーク中の社員が、技術的な調査を行う時に、社内公開されている技術研修の動画を参照するというケースもあります。資料だけではわかりにくいことでも、動画を参照することですばやく理解することができ、業務の効率化を期待できます。

インストール方法や詳細な情報は、AVideo調査報告書に掲載しています。

「情報の一覧」

AVideo調査報告書

無料資料ダウンロード

ウェブブラウザを使用して、動画の配信を行うことができます。Json Licenseのもとで、オープンソースソフトウェアとして公開されています。AVideoの詳細についての調査報告書は無料でダウンロード可能です。

動画配信システムAVideoを利用した社内の動画活用事例

構築事例(AVideo)

デージーネット社内で活用している動画配信システムAVideoの導入事例です。弊社では、AVideoを使用して動画の管理を行っています。動画を活用することで技術者のスキルの向上や採用活動の多様化に繋がっています。

テレワークで使えるおすすめのOSS10選

テレワークで使えるおすすめのOSS10選

働き方改革を促進するために、テレワーク環境の整備や生産性の向上などが求められています。ここではテレワークで使えるOSSについて紹介します。

プレスリリース記事 2020 年 12月

プレスリリース記事2020年12月

社外秘を含む動画を管理可能な、OSSを使った動画配信サーバーの構築サービスについてのプレスリリースです。

デモのお申込み

もっと使い方が知りたい方へ
操作方法や操作性をデモにてご確認いただけます。使い方のイメージを把握したい、使えるか判断したい場合にご活用下さい。デモをご希望の方は、下記よりお申込みいただけます。

デモをご希望の方

デモの申し込みイメージ

OSS情報

OSSの動画配信サーバ〜AVideo〜
ここでは動画の管理や配信ができるオープンソースソフトウェアのAVideoを紹介します。
AVideoのプラグイン
AVideoには、多くのプラグインの機能があり標準でインストールされています。ここではAVideoのプラグインについて紹介します。
AVideoのライブ配信
動画配信の方法として、オンデマンド配信とライブ配信の2種類があります。ここでは、AVideoのライブ配信機能について紹介します。
AVideo管理者マニュアル
ここでは、デージーネットで独自に作成したAVideoの管理者向け利用マニュアルを紹介します。
AVideo利用者マニュアル
ここでは、デージーネットで独自に作成したAVideoの利用者向けマニュアルを紹介します。

OSSの動画配信サーバ〜AVideo〜の先頭へ