オープンソース

Canvas LMSとMoodle徹底比較!OSSのおすすめ学習管理システム

eラーニングの需要が急速に高まる中、効果的な学習管理システム(LMS:Learning Management System)の選定は教育機関や企業にとって非常に重要です。特に、オープンソースの学習管理システムであるCanvas LMSとMoodleは、その豊富な機能と柔軟性から多くの支持を集めています。本記事では、これら二つの主要なOSS(オープンソースソフトウェア)のLMSを比較し、それぞれの特徴やメリットを詳しく解説します。Canvas LMSとMoodleを比較した表も掲載していますので、特徴や違いを理解し、自らのニーズに応じた最適なLMSを検討する際の参考にしてください。

目次

LMS(学習管理システム)とは

LMS(学習管理システム)とは、オンライン上で行う学習において、教材の配信に関する仕組みや、教材内容・受講者・学習の進捗状況をデータ上で管理するシステムのことを指します。LMSは、英語の「Learning Management System」の略称です。インターネットの普及を背景に、自分のペースで学習を進めることができるeラーニングシステムの導入が進みました。またコロナ禍の影響で、対面での研修や受講者を集合させて講義を行う集団研修が困難になり、オンライン学習の記録や成績の確認をしやすくすることを目的として、LMSが活用されるようになりました。

近年のLMSは、学校教育や企業の人材育成向けに必要な機能を統合し、プラットフォーム的な役割を持つものが多いです。また、最近のLMSの傾向として、スマートフォンやタブレットの普及により場所・時間を問わず学習に参加できたり、メールやチャット、SNSと連携して講師と受講者間の双方向のコミュニケーションを気軽に取ることができたりするのも特徴です。

LMS(学習管理システム)の導入メリット

LMSを導入することで、講師・受講者・管理者のそれぞれに、以下のようなメリットがあります。

講師側のメリット

講師にとっては、LMSを利用することで、課題の提出状況やテストの結果のチェックなど、受講者の学習の進捗管理や成績管理をより効率的に行えるというメリットがあります。また、各受講者の学習の進行状況を確認することで、受講者一人ひとりの得意分野・苦手分野も分析しやすくなり、個々の学習状況に合わせたカリキュラムを作成することができます。

また、講師と受講者で個別にやり取りができるコミュニケーション機能を利用することで、離れた場所にいる場合でも手軽に、授業の内容を理解できたか、どこが分からなかったかなどを、LMS上ですぐに質問・回答することができます。そのため、受講者の理解度の把握、その後の学習のフォローをより効果的に行うことができ、苦手分野の克服や強化、新しい知識の定着や必要な能力の習得を促進することができます。

受講者側のメリット

学生や企業の新入社員・従業員など、受講者側にとってもLMSを使って学習するメリットがあります。LMSで進捗や成績を一覧で確認することで、より自身の学習目標を立てやすくなります。また、自らの得意・不得意を把握することができ、学習に対するモチベーションの向上にも繋がり、自律的な学びを促すことができます。

さらに、インターネットを使って学習を進めることができるため、スマホやパソコンからインターネットに繋ぐことができれば、移動中などの空いた時間に取り組むことができ、時間や場所に縛られないで自由に学べるというのも大きなメリットです。

管理者側のメリット

研修担当者や人事担当者など、管理者にもメリットがあります。LMSを利用することで、受講者情報やコース内容、講師が立てた学習計画の一元管理ができるため、教育や研修の運営を効率よく進めることができ、管理者の業務負担の軽減につながります。

また、これらの情報を一元管理することで、セキュリティやコンプライアンス対策を施しやすくなり、要件に準拠したシステムを運用することができます。

LMS(学習管理システム)の基本機能

LMSの基本的な機能として以下のようなものが挙げられます。

学習教材の配信

講義・研修で使用する教材や動画などを配信する機能です。自社で制作したオリジナルのビデオ教材や資料のアップロード、コースの登録、内容の更新や削除などを行い、受講者が簡単にアクセスできるようにします。

受講者ごとの学習管理

受講者情報の確認、進捗や成績の追跡、出欠管理をするための機能です。受講者の個人別のデータはもちろん、一覧表示で他の受講者との成果を比較しながら確認することもできます。また、コースに無関係なユーザが教材を閲覧できないよう、受講ユーザを制限する機能も含まれています。

課題の設定・採点機能

受講者の成績の評価やフィードバックを行うための機能です。講座に含まれるテストの実施やレポート提出、成績の記録、アンケート機能などが含まれます。

コミュニケーション機能

受講者同士や講師・学習者との間でコミュニケーションを取るための機能です。チャットやWeb会議などを通じて、受講者同士で情報を共有したり、講師へ質問をしたりする際に役立ちます。また、一緒に学習を進める者同士で交流の場や機会を設けることで、学習意欲を高めることに繋がります。さらに、難しいと感じた点や疑問点を仲間と共有することによって、課題や問題が解消することもあります。

本記事で紹介するOSSの学習管理システムであるCanvas LMSとMoodleにも、上記の基本機能が備わっています。以下では、それぞれのOSSの主な特徴について紹介します。

Canvas LMS

CanvasLMSイメージ

Canvas LMSは、Instructure社が開発を行い、世界中の企業や学校で利用されている学習管理システムです。オープンソースのコミュニティ版と、クラウドサービス版の両方が提供されており、オンプレミス型、クラウド型のどちらでも利用可能です。

Canvas LMSの歴史

2011年に最初のバージョンがリリースされ、当初から先進的な機能とユーザフレンドリーなインターフェースで注目を集めました。米国の大学や教育機関を中心に広く利用されるようになり、学習管理システムとしてのグローバルシェアは現在も拡大しています。

Canvas LMSの特徴

Canvas LMSには以下の特徴があります。

直感的なWebインターフェース

Canvas LMSは、簡単に使えて操作性の良い学習管理システムをポリシーとして設計されています。そのため、シンプルで分かりやすい操作画面が特徴です。ITに関する専門的な知識を持っていないユーザも直感的な操作で利用することができます。

SISインポート機能

Canvas LMSでは、学生に関する様々な情報を取得することができる「SIS(Student Information Services) インポート」と呼ばれる機能が搭載されています。SISインポートでは、以下の情報をCSV形式のファイルでインポートすることができます。

  • ユーザ情報・認証情報
  • ユーザの役割
  • アカウント
  • コース
  • グループ

世界シェアNo.1

学習管理システムの以前のマーケットシェアはMoodleがトップでしたが、2018年の米国の市場調査ではCanvas LMSが28%、Moodleが23%となり、Canvas LMSがMoodleを上回っています。それ以降、現在もCanvas LMSがNo.1のグローバルシェアを維持しています。そのため、活発でつながりのあるコミュニティによって、世界中のパートナーからサポートや技術情報の共有がされている点もCanvas LMSの強みです。最近は日本の国内でも徐々に導入数が増えてきています。

Canvas LMS詳細情報 Canvas LMS構築事例 Canvas LMSマニュアル Canvas LMSクラウドサービス Canvas LMS無料資料 お問合せ

Moodle

Moodleイメージ

Moodleは、世界中の教育機関や組織で利用されているWebベースの学習管理システムです。オーストラリアのMartin Dougiamas氏を中心として開発され、Moodle Pty Ltdによって開発および保守が行われています。Moodleには、オープンソース版とクラウド版があります。

Moodleの歴史

2002年に、基本的なeラーニングの機能を含んだ状態で、最初のバージョンであるMoodle 1.0がリリースされました。オープンソースであるため多くの開発者やコミュニティのメンバーが改善や機能追加を行ったことで急速に成長し、その後多くの教育機関や組織で採用されるようになりました。

Moodleの特徴

Moodleには以下の特徴があります。

教材ページの作成・公開が容易

Moodleでは、Webサーバーへのアップロード方法やHTML等についてのスキルや知識がなくても、比較的簡単に教材ページを作成・公開することができます。また、H5P(HTML5パッケージ)が用意されており、これをダウンロードして変更を加えることで、インタラクティブビデオ、動画内テスト、説明埋め込み、プレゼンテーションなど、様々なコンテンツを簡単に作成することが可能です。さらにMoodleは公式ドキュメントも充実しているため、使い方をすぐに検索して調べることができます。

カスタマイズ性が高い

Moodleでは、コミュニティやベンダーによって様々な種類のカスタムプラグインが提供されています。これらの拡張機能を追加することで、足りない機能を補ったり、用途に合わせて独自にカスタマイズしたりすることができます。

モバイルアプリが利用可能

Moodleには、モバイル用の専用アプリが用意されています。Google PlayやApple App Storeから無料でダウンロードでき、誰でも利用することが可能です。Moodleアプリを利用することで、メッセージやイベントに関する通知をモバイルデバイス上で確認したり、コース内のユーザとコミュニケーションを取ったりすることができます。

お問合せ

Canvas LMSとMoodleの比較表

オープンソース版のCanvas LMSとMoodleについて、特徴的な機能をまとめました。

※2024年5月時点

比較項目 Canvas LMS Moodle
価格 オープンソースのため無料 オープンソースのため無料

基本機能

コース管理
  • 公開範囲の設定
  • コースのインポート/エクスポート
  • ユーザグループの設定 など
  • 公開範囲の設定
  • コースのインポート/エクスポート
  • ユーザグループの設定 など
コンテンツ管理
  • ページビューの確認、CSVダウンロードが可能
  • 複数ユーザが同じドキュメントで同時に作業することが可能
  • コースの活動履歴や、
    資料の閲覧/未閲覧一覧を表示、
    ダウンロード可能
  • HTML5パッケージを使用したコンテンツ作成が可能
ユーザ管理
  • SISインポート機能
  • ロールの定義・権限設定
  • ユーザの一括アップロード
  • コース単位で参加者一覧をダウンロード
  • ロールの定義・権限設定
課題提出
  • 提出期間中の提出回数の制限
  • ファイル形式を問わずアップロード可能(ファイル形式の制限も可能)
  • 課題の点数設定
  • ルーブリック評価
  • ピアレビュー
  • 提出物の一括ダウンロード
  • 提出期間の設定
  • 画像・音声・動画等のファイル形式対応
  • レポートの評定タイプ(値、尺度、テキスト等)の選択
  • ルーブリック評価
  • ピアレビュー
  • 提出物の一括ダウンロード
テスト
  • 設問タイプ
    • 複数選択
    • 真/偽
    • 穴埋め
    • 複数穴埋め
    • 複数解答
    • 複数ドロップダウン
    • 整合
    • 数値による解答
    • 数式問題
    • 小論文
    • ファイルアップロード問題
    • テキスト(問題ではない)
  • 設問/選択肢のシャッフル
  • 自動採点(設問ごとに点数を設定)
  • 不正行為防止のためのロックダウンブラウザ(第三者製)をサポート
  • 設問タイプ
    • 多肢選択問題
    • ○/×問題
    • 組み合わせ問題
    • 記述問題
    • 数値問題
    • 作文問題
    • シンプル計算問題
    • ドラッグ&ドロップイメージ
    • ドラッグ&ドロップテキスト
    • ドラッグ&ドロップマーカー
    • ミッシングワード選択問題
    • ランダム記述組み合わせ問題
    • 計算問題
    • 穴埋め問題
    • 多肢選択計算問題
      (プラグインを使えば標準の設問形式以外も選択可能)
  • 設問/選択肢のシャッフル
  • 自動採点(デフォルトの評点+問題ごとの配点設定も可能)
出欠管理
  • 出席データのダウンロード
    (アップロードは不可)
  • 学生のアバターを使った座席表を作成し、仮想的にオンラインで出席を確認できる
  • 出席率を課題として設定し、成績に反映できる
  • 3つのモードによる出席管理
    • 自動モード:学生がコースにアクセス(ログイン)すると出席になる
    • 半自動モード:学生が出席のリンクをクリックすると出席になる
    • 手動モード:教員が手動で学生の出欠を登録する
  • 出席データのダウンロード(アップデートはプラグインで可能)
コミュニケーション
  • チャット(外部アプリ)
  • メール通知
  • いいね表示
  • フィードバック表示
  • ディスカッション
  • Zoom(外部アプリ)
  • Microsoft365(外部アプリ) ほか
  • チャット
  • メール通知
  • いいね表示
  • フィードバック表示
  • フォーラム
    (非同期型ディスカッション)
  • Zoom(コミュニティプラグイン)
  • Microsoft365
    (ベンダープラグイン) ほか
アンケート
  • アンケートは小テスト機能で行うため、様々な形式、回答による評価が可能
  • アンケート結果の確認
  • 回答のダウンロード(CSV)
  • 集計結果の公開設定
  • 回答のダウンロード
    (CSV、Excel、テキスト等)
カスタマイズ 外部アプリ(LTI)等でカスタマイズ可能 豊富なカスタムプラグインによって高度なカスタマイズが可能
インターフェースの操作性
  • 直感的で一貫性のあるインターフェース
  • クリック数を最小限に抑えたナビゲーション

専用のデザインテーマを採用した美しくユーザーフレンドリーなインターフェース

セキュリティ

プライバシーの設定はGDPRに準拠

  • プライバシーの設定はGDPRに準拠
  • 許可またはブロックするIPアドレスのリストの設定
認証プロバイダ
  • CAS
  • LDAP
  • OIDC
  • SAML
  • Facebook
  • Github
  • Google
  • Microsoft
  • Twitter
  • CAS
  • LDAP
  • 外部データベース
  • Shibboleth
  • Facebook
  • Google
  • Microsoft
  • LinkedIn
  • その他、追加の認証プラグインも多数あり
サポートとトレーニング

活発でつながりのある教育者コミュニティで、各国の企業や大学などのパートナーとサービス、サポート、技術を共有可能

  • コミュニティサポートが豊富
  • 公式ドキュメントやフォーラムが利用可能
システム連携
  • SISインポート機能のほか、様々な教育サービスとの連携が可能
  • BigBlueButtonと連携させることで、リアルタイムのオンライン講義が可能

プラグインを使用することで、多くの外部サービスやデータベースと連携が可能

国際規格への対応
  • SCORM規格に対応
    (SCORM LTIは、コースで使用する前に、アカウントレベルで外部アプリで有効にする必要がある)
  • CMII5はLTIモジュールにて対応可能
  • SCORM規格に対応
  • CMI5はプラグインにて対応可能
多言語対応 約50の言語に対応 120以上の言語に対応
アップデート 毎月第3土曜日に実施 年2回メジャーバージョンアップを実施
利用統計情報 以下の統計情報を取得
  • コース数
  • 講師数
  • 受講生数
  • ユーザ数
  • ファイルストレージ使用状況
  • 最近作成されたコース
  • 最近ログインしたユーザ など
サイト内の様々な部分で発生したヒット数をグラフで表示
モバイルアプリ クラウドサービス版でのみ利用可能 利用可能

上記はオープンソース版についての比較です。

OSSのおすすめ学習管理システムまとめ

今回ご紹介したCanvas LMSとMoodleについて、それぞれのポイントを以下にまとめました。

Canvas LMS

  • Webインターフェースがシンプルで分かりやすく、操作しやすい
  • SISインポートに対応している
  • 世界中でシェアが伸びており、コミュニティの活動が活発

Moodle

  • 専門的な知識が無くても、簡単にコースや教材を作成できる
  • 豊富なプラグインが用意されており、カスタマイズ性が高い
  • モバイルアプリが利用可能

デージーネットの取り組み

デージーネットでは、学習管理システムの構築を行っています。システムを導入する会社や組織の利用環境、規模、予算などをご相談しながら、最適なシステムをご提案しております。また、導入後支援として、Open Smart Assistanceという保守サービスを提供しています。Q&Aやセキュリティの情報提供、障害調査など、運用中のシステムを安心して利用して頂くためのサポート内容となっています。

クラウドサービス版の提供

デージーネットは、クラウドサービス版のCanvas LMSを提供しているInstructure社とパートナー契約を結んでいます。そのため、お客様のご要望に合わせて、クラウドサービス版、コミュニティ版の両方をご提案可能です。クラウドサービス版は、導入時にかかる初期費用やバージョンアップ管理などのメンテナンスの手間が不要で、手軽にシステムを運用することが可能です。クラウドサービス版の特徴や機能、コミュニティ版との違いなどは以下のページで紹介しています。

OSSを使ったeラーニングシステム

デージーネットでは、独自のeラーニングシステム「LearNET(ラーネット)」を開発しました。「LearNET」は、学習管理システムのCanvas LMS、動画配信システムのAVideo、シングルサインオンのKeycloakといった、複数のOSSを連携させたシステムとなっています。LearNETには、デージーネットが独自に設計した、動画視聴の履歴を参照できるWebUIがあります。この画面で、ユーザーのアクセス状況、どれくらい動画を視聴したのかなどを一覧で確認することが可能です。そのため、学習の管理と動画などの教材の視聴が、このシステム内で完結します。また、Keycloakと連携させることで、システムごとに都度ID・パスワードを入力する必要がなく、1度のログインだけでeラーニングシステムを利用することが可能です。

学習管理システムの関連情報

Canvas LMS調査報告書

CanvasLMSは、学校などの教育機関や企業の社員教育などで利用できる学習管理システムです。管理者・講師・受講者向けの機能の説明や、サーバーへのインストール方法、基本的な操作方法を調査してまとめています。

Canvas LMS調査報告書

Canvas LMS〜Moodleに代わるOSSの学習管理システム〜

Canvas LMS

Canvas LMSとは、企業の社員研修や学校などの教育機関で教材配信や成績の管理ができるオープンソースソフトウェアの学習管理システムです。学習に必要な機能を集結しており、世界中の多くの教育機関で採用されています。弊社が実際に構築した導入事例や、作成したマニュアルも掲載しています。

Canvas LMSのクラウドサービス

学習管理システムのCanvas LMSはクラウドサービス版も提供されています。そのため、WebベースのSaasとしての利用も可能です。ここでは、クラウドサービス版の特徴と機能や多様なオプションの紹介、コミュニティ版との違いを整理して掲載しています。

Canvas LMSのクラウドサービス

学習管理システムCanvas LMSを利用した社内研修システム構築事例

お客様の社内研修用システムとして、Canvas LMSを導入した事例です。導入の結果、ユーザの作成から講座の登録までを一元管理できるようになりました。また、Azure ADでユーザがログインできるよう認証の設定も行いました。

構築事例(Canvas LMS)

Canvas LMSを利用した社内の学習管理システムの導入

デージーネット社内に、Canvas LMSを利用した学習管理システムを構築した事例です。eラーニングシステムを導入した結果、講座内のテストを自動で採点できたり、受講者の成績を一覧で把握できるため、成績管理や情報共有がとてもスムーズになりました。研修教材の修正も簡単にできるため、研修実施の効率化も実現できています。

Canvas LMS事例

無料のOSSを使ったeラーニングシステム おすすめ機能を解説〜LearNET〜

LearNET(ラーネット)とは複数の既存のOSSを組み合わせ、成績管理や動画の視聴状況など、受講者の管理機能を充実させたOSSのeラーニングシステムです。

OSS情報(LearNet)

Canvas LMSとMoodle徹底比較!OSSのおすすめ学習管理システムの先頭へ