オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > KeaKeeper

next up previous contents
Next: 5. KeaKeeperの機能 Up: KeaKeeper Previous: 3. KeaKeeperのインストール


4. KeaKeeperの使い方

KeaKeeperの主な使い方の手順を解説します。

4.1 基本的な画面構成

4.1.1 画面構成

keaKeeperにログインすると、以下の画面が表示されます。 KeaKeeperの基本的な画面構成は以下のとおりです。

図: 画面構成
Image basic

4.2 ホスト管理

ホスト予約情報(固定でIPアドレスを払い出す設定)の管理方法の手順を解説します。 なおこの手順はDHCPv4の画面を使って解説していますが、DHCPv6の場合も画面構成は同様です。読み替えてご利用ください。

4.2.1 新規ホスト予約フロー

新しくホスト予約を行うためには、以下の手順で作業を行ないます

  1. 初期画面(リース情報検索画面)のサイドメニューからサブネット検索画面に移動します
  2. サブネット検索画面から、ホスト予約を行うサブネットを検索し、編集ボタンをクリックします
  3. ホスト検索画面が表示されるので、サイドメニューからホスト追加画面に移動します
  4. ホスト予約を行ないます

図: 新規ホスト予約フロー
Image addflow

4.2.2 ホスト予約情報変更フロー

予約済みホストの情報の変更を行うためには、以下の手順で作業を行ないます

  1. 初期画面(リース情報検索画面)のサイドメニューからサブネット検索画面に移動します
  2. サブネット検索画面から、ホスト予約を行うサブネットを検索し、編集ボタンをクリックします
  3. ホスト検索画面から変更対象のホストを検索し、編集ボタンをクリックします
  4. ホスト予約情報の変更を行ないます

図: ホスト予約情報変更フロー
Image editflow

4.2.3 ホスト予約情報削除フロー

予約済みホストの情報の変更を行うためには、以下の手順で作業を行ないます

  1. 初期画面(リース情報検索画面)のサイドメニューからサブネット検索画面に移動します
  2. サブネット検索画面から、ホスト予約を行うサブネットを検索し、編集ボタンをクリックします
  3. ホスト検索画面から削除対象のホストを検索し、ゴミ箱アイコンボタンをクリックします

図: ホスト予約情報削除フロー
Image delflow

4.3 リース情報

4.3.1 リース情報検索

リース情報の検索を行うためには、以下の手順で作業を行ないます。

  1. 初期画面・またはグローバルメニューのDHCPv4/DHCPv6リンクからリース情報検索画面に移動します
  2. リース情報を検索します

図: リース情報検索フロー
Image searchflow

next up previous contents
Next: 5. KeaKeeperの機能 Up: KeaKeeper Previous: 3. KeaKeeperのインストール

2018年1月31日