オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > KeaKeeper

next up previous contents
Next: この文書について... Up: KeaKeeper Previous: 4. KeaKeeperの使い方


5. KeaKeeperの機能

KeaKeeperの機能を解説します。

5.1 DHCPv4機能

5.1.1 DHCPv4リース情報検索画面

DHCPv4リース情報検索画面では以下の内容でリース情報の検索を行うことができます。

  • IPアドレスによるリース情報の検索
  • MACアドレス/DUID/Circuit-IDによるリース情報の検索
  • リース開始日によるリース情報の検索
  • リース終了日によるリース情報の検索

図: DHCPv4リース情報検索画面
Image searchlease4

DHCPv4リース情報検索画面機能詳細
項目名 解説
IPv4アドレスフォーム IPv4アドレスを検索キーに指定します。前方一致での検索が可能です。
識別子フォーム MACアドレス/DUID/Circuit-IDを検索キーに指定します。完全一致での検索が可能です。
リース開始日フォーム リース開始日を2017/07/04などの形式で指定します。 左側のフォームが検索開始日、右側のフォームが検索終了日です。 フォームを選択すると日付入力用のカレンダーが表示されます。
リース期限日フォーム リース期限日を2017/07/04などの形式で指定します。 左側のフォームが検索開始日、右側のフォームが検索終了日です。 フォームを選択すると日付入力用のカレンダーが表示されます。
検索ボタン 検索ボタンをクリックすることで、検索が実行されます。

図: 日付入力画面
Image searchlease4_date

検索結果は以下のように表示されます。

図: 検索結果
Image searchlease4_result

5.1.2 DHCPv4 共有ネットワーク追加画面

DHCPv4共有ネットワーク一覧・追加画面では現在設定されている共有ネットワークの一覧表示と共有ネットワークの追加を行うことができます。
※設定ファイルへ適用する為には、設定適用画面(5.1.14 DHCPv4 設定適用)での操作が必要です。

図: DHCPv4共有ネットワーク追加
Image addsharednet4

DHCPv4 共有ネットワーク追加機能詳細
項目名 解説
共有ネットワーク フォーム 共有ネットワーク名を指定します。この項目の入力は必須です。
追加ボタン 追加ボタンをクリックすることで、追加が実行されます。
共有ネットワーク 設定された共有ネットワークが表示されます。
編集ボタン 編集ボタンをクリックすることで、共通ネットワーク編集画面に移動します。

5.1.3 DHCPv4共有ネットワーク編集画面

DHCPv4共有ネットワーク編集画面ではセッションに共有ネットワークの編集を行うことができます。
※設定ファイルへ適用する為には、設定適用画面(5.1.14 DHCPv4 設定適用)での操作が必要です。

図: DHCPv4共有ネットワーク編集
Image editsharednet4

DHCPv4共有ネットワーク編集機能詳細
項目名 解説
共有ネットワークフォーム 共有ネットワーク名を指定します。この項目の入力は必須です。
所属するサブネット サブネットを選択し、矢印のボタンをクリックすることで、共有ネットワークへの所属・未所属の変更をすることができます。
未所属のサブネット サブネットを選択し、矢印のボタンをクリックすることで、共有ネットワークへの所属・未所属の変更をすることができます。
編集ボタン 編集ボタンをクリックすることで、編集が実行されます。
削除ボタン 削除ボタンをクリックすることで、削除が実行されます。
戻るボタン 戻るボタンをクリックすることで、共有ネットワーク画面に移動します。

5.1.4 DHCPv4サブネット検索画面

DHCPv4サブネット検索画面では、現在設定されているサブネットの情報の一覧表示と絞り込み検索ができます。

図: DHCPv4サブネット検索画面
Image subnet4

DHCPv4サブネット検索画面機能詳細
項目名 解説
サブネットフォーム 指定したネットワークアドレスを検索キーとして、kea-dhcp4.confに設定されているサブネットを指定します。前方一致での検索が可能です。
検索ボタン サブネットフォームに入力した値で、絞り込み検索を行ないます。
追加ボタン サブネット追加画面に移動します。
削除 クリックすることでサブネットを削除します。
ID 設定されたサブネットIDが表示されます。※設定の際にIDが自動的に徐々に生成します
サブネット 設定されたサブネットが表示されます。
貸出IPアドレスの範囲 サ設定されたサブネットの貸出範囲が表示されます。
ホスト設定ボタン サブネットのホスト予約情報を追加・更新するインタフェースに移動します。
範囲設定ボタン サブネットの貸出範囲を追加・更新するインタフェースに移動します。
オプション設定ボタン サブネットのオプションを追加・更新するインタフェースに移動します。

5.1.5 DHCPv4サブネット追加画面

DHCPv4サブネット追加画面ではセッションにサブネットの追加を行うことができます。
※設定ファイルへ適用する為には、設定適用画面(5.1.14 DHCPv4 設定適用)での操作が必要です。

図: DHCPv4サブネット追加画面
Image addsubnet4

DHCPv4サブネット追加画面機能詳細
項目名 解説
サブネットフォーム IPアドレス/ネットマスク形式で、サブネットを指定します。この項目の入力は必須です。
追加ボタン 追加ボタンをクリックすることで、追加が実行されます。
戻るボタン 戻るボタンをクリックすることで、DHCPv4サブネット検索画面に移動します。

5.1.6 DHCPv4貸出範囲の追加画面

DHCPv4貸出範囲追加画面ではセッションにサブネットと紐づく貸出IPアドレスの追加を行うことができます。
※設定ファイルへ適用する為には、設定適用画面(5.1.14 DHCPv4 設定適用)での操作が必要です。

図: DHCPv4貸出範囲の追加
Image addrange4

DHCPv4貸出範囲の追加機能詳細
項目名 解説
貸出フォーム(開始) 貸出IPアドレス(開始)を指定します。この項目の入力は必須です。
貸出フォーム(終了) 貸出IPアドレス(終了)を指定します。この項目の入力は必須です。
追加ボタン 追加ボタンをクリックすることで、追加が実行されます。
戻るボタン 戻るボタンをクリックすることで、DHCPv4貸出範囲画面に移動します。

5.1.7 DHCPv4貸出範囲の変更画面

DHCPv4貸出範囲変更画面ではセッションにサブネットと紐づく貸出IPアドレスの変更を行うことができます。
※設定ファイルへ適用する為には、設定適用画面(5.1.14 DHCPv4 設定適用)での操作が必要です。

図: DHCPv4貸出範囲の変更
Image editrange4

DHCPv4貸出範囲の変更機能詳細
項目名 解説
貸出フォーム(開始) 貸出IPアドエス(開始)を指定します。この項目の入力は必須です。
貸出フォーム(終了) 貸出IPアドレス(終了)を指定します。この項目の入力は必須です。
編集ボタン 編集ボタンをクリックすることで、編集が実行されます。
戻るボタン 戻るボタンをクリックすることで、DHCPv4貸出範囲画面に移動します。

5.1.8 DHCPv4オプション更新画面

DHCPv4オプション更新画面ではセッションにサブネットと紐づくオプションの追加・変更・削除を行うことができます

図: DHCPv4オプション更新
Image option4

DHCPv4オプション更新機能詳細
項目名 解説
ルータフォーム ルータを指定します。この項目の入力は必須です。コンマ(,)で区切って複数値を設定できます。
DNSサーバアドレスフォーム DNSサーバアドレスを指定します。この項目の入力は必須です。コンマ(,)で区切って複数値を設定できます。
更新ボタン 更新ボタンをクリックすることで、追加・変更が実行されます。
削除ボタン 削除ボタンをクリックすることで、削除が実行されます。
戻るボタン 戻るボタンをクリックすることで、DHCPv4サブネット検索画面に移動します。
追加オプションボタン 追加オプションボタンをクリックすることで、追加オプションを表示・非表示をします。

5.1.9 DHCPv4 追加オプション更新画面

DHCPv4オプション更新画面ではセッションにサブネットと紐づく追加オプションの追加・変更・削除を行うことができます。

図: DHCPv4 追加オプション更新
Image extra_option4

DHCPv4 追加オプション更新機能詳細
項目名 解説
オプション名フォーム オプション名を指定します。
オプション値フォーム オプション値を指定します。
更新ボタン 更新ボタンをクリックすることで、追加・変更が実行されます。
リセットボタン リセットボタンをクリックすることで、入力フォームに記入した内容を全て削除し、入力する前の状態に戻します。
削除ボタン 削除ボタンをクリックすることで、削除が実行されます。
オプション名 設定されたオプション名が表示されます。
オプション値 設定されたオプション値が表示されます。

5.1.10 DHCPv4ホスト検索画面

DHCPv4ホスト検索画面では、サブネットに紐づくホスト予約情報を検索できます。

図: DHCPv4ホスト検索画面
Image searchhost4

DHCPv4ホスト検索画面機能詳細
項目名 解説
IPアドレスフォーム IPv4アドレスを検索キーとして指定します。前方一致での検索が可能です
識別子フォーム MACアドレス/DUID/Circuit-IDを検索キーとして指定します。完全一致での検索が可能です。
検索ボタン 検索ボタンをクリックすることで、検索が実行されます。

検索結果は以下のように表示されます。

図: DHCPv4ホスト検索結果
Image searchhost4_result

検索結果の内容は以下の通りです。

DHCPv4ホスト検索結果
項目名 解説
削除 クリックすることでホスト予約情報を削除します。
ホスト名 ホストに設定されたホスト名が表示されます。
タイプ 識別子のタイプ(MAC/DUID/Circuit-ID)が表示されます。
IPアドレス 予約されたIPアドレスが表示されます。
編集 ホスト編集画面に移動します。
コピー ホストのオプションなどの情報を保持してホスト追加画面に移動します。

5.1.11 DHCPv4ホスト追加画面

DHCPv4ホスト追加画面では、サブネットと紐づくホスト予約情報を追加できます。

図: DHCPv4ホスト追加画面
Image addhost4

ホスト追加時の入力情報は以下の通りです。

DHCPv4ホスト追加画面機能詳細
項目名 解説
ホスト名フォーム FQDNでホスト名を指定します。
タイプフォーム 登録する識別子のタイプをMAC/DUID/Cirucit-IDの中から選択できます。
識別子フォーム 識別子を指定します。この項目の入力は必須です。
IPv4アドレスフォーム IPアドレスを指定します。画面右上に表示されたプールの範囲に含まれていないIPアドレスが指定できます。この項目の入力は必須です。
domain-name-serversフォーム ホストに割り当てるDNSサーバのIPアドレスを指定します。
routersフォーム ホストに配布するデフォルトゲートウェイのIPアドレスを指定します。
dhcp:next-serverフォーム BOOTPプロトコルを使用してブートイメージを取得するサーバのIPアドレスを指定します。
dhcp:boot-fileフォーム BOOTPプロトコルで使用するブートファイルのパスを指定します。
tftp-server-nameフォーム DHCPプロトコルを使用してブートイメージを取得するサーバのIPアドレスを指定します。
boot-file-nameフォーム DHCPプロトコルで使用するブートファイルのパスを指定します。
追加ボタン ホスト予約を実行します。

5.1.12 DHCPv4ホスト編集画面

DHCPv4ホスト編集画面では、サブネットと紐づくホスト予約情報を変更できます。

図: DHCPv4ホスト編集画面
Image edithost4

ホスト情報変更時の入力情報は以下の通りです。

DHCPv4ホスト編集画面機能詳細
項目名 解説
ホスト名フォーム FQDNでホスト名を指定します。
タイプフォーム 登録する識別子のタイプをMAC/DUID/Cirucit-IDの中から選択できます。
識別子フォーム 識別子を指定します。この項目の入力は必須です。
IPv4アドレスフォーム IPアドレスを指定します。画面右上に表示されたプールの範囲に含まれていないIPアドレスが指定できます。この項目の入力は必須です。
domain-name-serversフォーム ホストに割り当てるDNSサーバのIPアドレスを指定します。
routersフォーム ホストに配布するデフォルトゲートウェイのIPアドレスを指定します。
dhcp:next-serverフォーム BOOTPプロトコルを使用してブートイメージを取得するサーバのIPアドレスを指定します。
dhcp:boot-fileフォーム BOOTPプロトコルで使用するブートファイルのパスを指定します。
tftp-server-nameフォーム DHCPプロトコルを使用してブートイメージを取得するサーバのIPアドレスを指定します。
boot-file-nameフォーム DHCPプロトコルで使用するブートファイルのパスを指定します。
適用ボタン ホスト情報の変更を適用します。

5.1.13 DHCPv4ホスト一括管理画面

DHCPv4ホスト一括管理画面では、CSVを登録することでホスト情報の一括登録・削除を行うことができます。

図: DHCPv4ホスト一括管理画面
Image bulkhost4

ホスト一括登録画面では、モードに「追加」を指定することで、ホストの追加を行うことができます。
また「削除」を指定することで、ホストの削除を行うことができます。


利用するCSVのフォーマットは以下の通りです。

  • CSVは全11カラムで構成されます
  • 必須でないカラムも含めて、必ず11カラムが必要です
  • ダブルクオートで囲われたデータはカンマが含まれていても1つのデータとみなされます
  • 追加モード・削除モードどちらも同じCSVのフォーマットを利用します
  • 削除モードの場合は、IPアドレスの情報をキーにしてデータの削除を行ないます

CSVのカラムの内容は以下のとおりです。

DHCPv4ホスト編集画面機能詳細
カラム番号 内容
カラム1 サブネット
カラム2 識別子タイプ
カラム3 識別子
カラム5 ホスト名
カラム6 dhcp-next-server
カラム7 dhcp:boot-file
カラム8 domain-name-servers
カラム9 routers
カラム10 tftp-server-name
カラム11 boot-file-name

下記はCSVの例です。

192.168.57.0/24,MAC,e3:eb:d9:12:52:ba,192.168.57.50,host01.example.com,,,,,,
192.168.57.0/24,MAC,e3:eb:d9:12:52:bb,192.168.57.51,host02.example.com,10.1.1.20,/data/boot.img,192.168.0.11,192.168.57.10,10.1.1.10,/data/boot.img
192.168.57.0/24,MAC,e3:eb:d9:12:52:bc,192.168.57.52,host03.example.com,10.1.1.20,/data/boot.img,"192.168.0.10,192.168.0.11",192.168.57.10,10.1.1.10,/data/boot.img

5.1.14 DHCPv4 設定適用画面

各画面で設定した設定をセッションからkea-dhcp4.confに設定を反映し、設定を適用させます。

図: DHCPv4設定適用
Image applysetting4

図: DHCPv4変更履歴の確認ボタンを押す時
Image applysetting_hist4

図: DHCPv4設定適用ボタンを押すとき
Image applysetting_app4

DHCPv4 設定適用詳細
項目名 解説
設定適用 設定適用ボタンをクリックすることで、kea-dhcp4.confに設定を反映し、設定を適用させます。
履歴変更の確認 履歴変更の確認ボタンをクリックすることで、履歴変更が表示されます。

5.2 DHCPv6機能

5.2.1 DHCPv6リース情報検索画面

DHCPv6リース情報検索画面では以下の内容でリース情報の検索を行うことができます。

  • IPアドレスによるリース情報の検索
  • MACアドレス/DUID/Circuit-IDによるリース情報の検索
  • リース開始日によるリース情報の検索
  • リース終了日によるリース情報の検索

図: DHCPv6リース情報検索画面
Image searchlease6

図: 日付入力画面
Image searchlease6_date

検索結果は以下のように表示されます。

図: 検索結果
Image searchlease6_result

5.2.2 DHCPv6 共有ネットワーク追加画面

DHCPv4共有ネットワーク一覧・追加画面では現在設定されている共有ネットワークの一覧表示と共有ネットワークの追加を行うことができます。
※設定ファイルへ適用する為には、設定適用画面(5.2.14 DHCPv6 設定適用)での操作が必要です。

図: DHCPv6共有ネットワーク追加
Image addsharednet6

DHCPv6 共有ネットワーク追加機能詳細
項目名 解説
共有ネットワーク フォーム 共有ネットワーク名を指定します。この項目の入力は必須です。
追加ボタン 追加ボタンをクリックすることで、追加が実行されます。
共有ネットワーク 設定された共有ネットワークが表示されます。
編集ボタン 編集ボタンをクリックすることで、共通ネットワーク編集画面に移動します。

5.2.3 DHCPv6共有ネットワーク編集画面

DHCPv6共有ネットワーク編集画面ではセッションに共有ネットワークの編集を行うことができます。
※設定ファイルへ適用する為には、設定適用画面(5.12.14 DHCPv6 設定適用)での操作が必要です。

図: DHCPv6共有ネットワーク編集
Image editsharednet6

DHCPv6共有ネットワーク編集機能詳細
項目名 解説
共有ネットワークフォーム 共有ネットワーク名を指定します。この項目の入力は必須です。
所属するサブネット サブネットを選択し、矢印のボタンをクリックすることで、共有ネットワークへの所属・未所属の変更をすることができます。
未所属のサブネット サブネットを選択し、矢印のボタンをクリックすることで、共有ネットワークへの所属・未所属の変更をすることができます。
編集ボタン 編集ボタンをクリックすることで、編集が実行されます。
削除ボタン 削除ボタンをクリックすることで、削除が実行されます。
戻るボタン 戻るボタンをクリックすることで、共有ネットワーク画面に移動します。

5.2.4 DHCPv6サブネット検索画面

DHCPv6サブネット検索画面では、現在設定されているサブネットの情報の一覧表示と絞り込み検索ができます。

図: DHCPv6サブネット検索画面
Image subnet6

DHCPv6サブネット検索画面機能詳細
項目名 解説
サブネットフォーム 指定したネットワークアドレスを検索キーとして、kea-dhcp6.confに設定されているサブネットを指定します。前方一致での検索が可能です。
検索ボタン サブネットフォームに入力した値で、絞り込み検索を行ないます。
追加ボタン サブネット追加画面に移動します。
削除 クリックすることでサブネットを削除します。
ID 設定されたサブネットIDが表示されます。※設定の際にIDが自動的に徐々に生成します
サブネット 設定されたサブネットが表示されます。
貸出IPアドレスの範囲 サ設定されたサブネットの貸出範囲が表示されます。
ホスト設定ボタン サブネットのホスト予約情報を追加・更新するインタフェースに移動します。
範囲設定ボタン サブネットの貸出範囲を追加・更新するインタフェースに移動します。
オプション設定ボタン サブネットのオプションを追加・更新するインタフェースに移動します。

5.2.5 DHCPv6サブネット追加画面

DHCPv6サブネット追加画面ではセッションにサブネットの追加を行うことができます。
※設定ファイルへ適用する為には、設定適用画面(5.12.14 DHCPv6 設定適用)での操作が必要です。

図: DHCPv6サブネット追加画面
Image addsubnet6

DHCPv6サブネット追加画面機能詳細
項目名 解説
サブネットフォーム IPアドレス/ネットマスク形式で、サブネットを指定します。この項目の入力は必須です。
追加ボタン 追加ボタンをクリックすることで、追加が実行されます。
戻るボタン 戻るボタンをクリックすることで、DHCPv6サブネット検索画面に移動します。

5.2.6 DHCPv6貸出範囲の追加画面

DHCPv6貸出範囲追加画面ではセッションにサブネットと紐づく貸出IPアドレスの追加を行うことができます。
※設定ファイルへ適用する為には、設定適用画面(5.12.14 DHCPv6 設定適用)での操作が必要です。

図: DHCPv6貸出範囲の追加
Image addrange6

DHCPv6貸出範囲の追加機能詳細
項目名 解説
貸出フォーム(開始) 貸出IPアドレス(開始)を指定します。この項目の入力は必須です。
貸出フォーム(終了) 貸出IPアドレス(終了)を指定します。この項目の入力は必須です。
追加ボタン 追加ボタンをクリックすることで、追加が実行されます。
戻るボタン 戻るボタンをクリックすることで、DHCPv6貸出範囲画面に移動します。

5.2.7 DHCPv6貸出範囲の変更画面

DHCPv6貸出範囲変更画面ではセッションにサブネットと紐づく貸出IPアドレスの変更を行うことができます。
※設定ファイルへ適用する為には、設定適用画面(5.12.14 DHCPv6 設定適用)での操作が必要です。

図: DHCPv6貸出範囲の変更
Image editrange6

DHCPv6貸出範囲の変更機能詳細
項目名 解説
貸出フォーム(開始) 貸出IPアドエス(開始)を指定します。この項目の入力は必須です。
貸出フォーム(終了) 貸出IPアドレス(終了)を指定します。この項目の入力は必須です。
編集ボタン 編集ボタンをクリックすることで、編集が実行されます。
戻るボタン 戻るボタンをクリックすることで、DHCPv6貸出範囲画面に移動します。

5.2.8 DHCPv6オプション更新画面

DHCPv6オプション更新画面ではセッションにサブネットと紐づくオプションの追加・変更・削除を行うことができます

図: DHCPv6オプション更新
Image option6

DHCPv6オプション更新機能詳細
項目名 解説
ルータフォーム ルータを指定します。この項目の入力は必須です。コンマ(,)で区切って複数値を設定できます。
DNSサーバアドレスフォーム DNSサーバアドレスを指定します。この項目の入力は必須です。コンマ(,)で区切って複数値を設定できます。
更新ボタン 更新ボタンをクリックすることで、追加・変更が実行されます。
削除ボタン 削除ボタンをクリックすることで、削除が実行されます。
戻るボタン 戻るボタンをクリックすることで、DHCPv6サブネット検索画面に移動します。
追加オプションボタン 追加オプションボタンをクリックすることで、追加オプションを表示・非表示をします。

5.2.9 DHCPv6 追加オプション更新画面

DHCPv6オプション更新画面ではセッションにサブネットと紐づく追加オプションの追加・変更・削除を行うことができます。

図: DHCPv6 追加オプション更新
Image extra_option6

DHCPv6 追加オプション更新機能詳細
項目名 解説
オプション名フォーム オプション名を指定します。
オプション値フォーム オプション値を指定します。
更新ボタン 更新ボタンをクリックすることで、追加・変更が実行されます。
リセットボタン リセットボタンをクリックすることで、入力フォームに記入した内容を全て削除し、入力する前の状態に戻します。
削除ボタン 削除ボタンをクリックすることで、削除が実行されます。
オプション名 設定されたオプション名が表示されます。
オプション値 設定されたオプション値が表示されます。

5.2.10 DHCPv6ホスト検索画面

DHCPv6ホスト検索画面では、サブネットに紐づくホスト予約情報を検索できます。

図: DHCPv6ホスト検索画面
Image searchhost6

DHCPv6ホスト検索画面機能詳細
項目名 解説
IPアドレスフォーム IPv6アドレスを検索キーとして指定します。前方一致での検索が可能です
識別子フォーム DUIDを検索キーとして指定します。完全一致での検索が可能です。
検索ボタン 検索ボタンをクリックすることで、検索が実行されます。

検索結果は以下のように表示されます。

図: DHCPv6ホスト検索結果
Image searchhost6_result

検索結果の内容は以下の通りです。

DHCPv6ホスト検索結果
項目名 解説
削除 クリックすることでホスト予約情報を削除します。
ホスト名 ホストに設定されたホスト名が表示されます。
タイプ 識別子のタイプ(DUID)が表示されます。
IPアドレス 予約されたIPアドレスが表示されます。
編集 ホスト編集画面に移動します。
コピー ホストのオプションなどの情報を保持してホスト追加画面に移動します。

5.2.11 DHCPv6ホスト追加画面

DHCPv6ホスト追加画面では、サブネットと紐づくホスト予約情報を追加できます。

図: DHCPv6ホスト追加画面
Image addhost6

ホスト追加時の入力情報は以下の通りです。

DHCPv6ホスト追加画面機能詳細
項目名 解説
ホスト名フォーム FQDNでホスト名を指定します。
タイプフォーム 登録する識別子のタイプをDUIDの中から選択できます。
識別子フォーム 識別子を指定します。この項目の入力は必須です。
IPv6アドレスフォーム IPアドレスを指定します。画面右上に表示されたプールの範囲に含まれていないIPアドレスが指定できます。この項目の入力は必須です。
プレフィックスォーム プレフィックスを指定します。prefix delegationを利用する場合に利用されます。通常のIPアドレスの場合128を入力します。この項目の入力は必須です。
prefix delegationチェックボックス prefix delegationを利用する場合にチェックします。この項目の入力は必須です。
domain-name-serversフォーム ホストに割り当てるDNSサーバのIPアドレスを指定します。
routersフォーム ホストに配布するデフォルトゲートウェイのIPアドレスを指定します。
追加ボタン ホスト予約を実行します。

5.2.12 DHCPv6ホスト編集画面

DHCPv6ホスト編集画面では、サブネットと紐づくホスト予約情報を変更できます。

図: DHCPv6ホスト編集画面
Image edithost6

ホスト情報変更時の入力情報は以下の通りです。

項目名 解説
ホスト名フォーム FQDNでホスト名を指定します。
タイプフォーム 登録する識別子のタイプをDUIDの中から選択できます。
識別子フォーム 識別子を指定します。この項目の入力は必須です。
IPv6アドレスフォーム IPアドレスを指定します。画面右上に表示されたプールの範囲に含まれていないIPアドレスが指定できます。この項目の入力は必須です。
プレフィックスォーム プレフィックスを指定します。prefix delegationを利用する場合に利用されます。通常のIPアドレスの場合128を入力します。この項目の入力は必須です。
prefix delegationチェックボックス prefix delegationを利用する場合にチェックします。この項目の入力は必須です。
DHCPv6ホスト編集画面機能詳細 適用ボタン ホスト情報の変更を適用します。

5.2.13 DHCPv6ホスト一括管理画面

DHCPv6ホスト一括管理画面では、CSVを登録することでホスト情報の一括登録・削除を行うことができます。

図: DHCPv6ホスト一括管理画面
Image bulkhost6

ホスト一括登録画面では、モードに「追加」を指定することで、ホストの追加を行うことができます。
また「削除」を指定することで、ホストの削除を行うことができます。


利用するCSVのフォーマットは以下の通りです。

  • CSVは全7カラムで構成されます
  • 必須でないカラムも含めて、必ず7カラムが必要です
  • ダブルクオートで囲われたデータはカンマが含まれていても1つのデータとみなされます
  • 追加モード・削除モードどちらも同じCSVのフォーマットを利用します
  • 削除モードの場合は、IPアドレスの情報をキーにしてデータの削除を行ないます

CSVのカラムの内容は以下のとおりです。

DHCPv6ホスト編集画面機能詳細
カラム番号 内容
カラム1 サブネット
カラム2 識別子タイプ
カラム3 識別子
カラム4 prefix delegation
カラム5 ホスト名
カラム8 domain-name-servers
カラム9 routers

下記はCSVの例です。

fc00::0/64,DUID,00:01:00:01:20:95:BF:AA:08:00:27:4E:53:B7,fc00::201/128,host01.example.com,,fc00::1
fc00::0/64,DUID,00:01:00:01:20:95:BF:AA:08:00:27:4E:53:B8,fc00::202/128,host02.example.com,fc00::250,fc00::1
fc00::0/64,DUID,00:01:00:01:20:95:BF:AA:08:00:27:4E:53:B9,fc00::203/128,host03.example.com,"fc00::250,fc00::251",fc00::1

5.2.14 DHCPv6 設定適用画面

各画面で設定した設定をセッションからkea-dhcp4.confに設定を反映し、設定を適用させます。

図: DHCPv6設定適用
Image applysetting6

図: DHCPv4変更履歴の確認ボタンを押す時
Image applysetting_hist6

図: DHCPv4設定適用ボタンを押すとき
Image applysetting_app6

DHCPv6 設定適用詳細
項目名 解説
設定適用 設定適用ボタンをクリックすることで、kea-dhcp6.confに設定を反映し、設定を適用させます。
履歴変更の確認 履歴変更の確認ボタンをクリックすることで、履歴変更が表示されます。

5.3 管理機能

5.3.1 パスワード変更画面

パスワード変更画面では、管理者のパスワードを変更することができます。

図: パスワード変更画面
Image password

パスワード変更時の入力情報は以下の通りです。

項目名 解説
パスワード 新しいパスワードを入力します。
確認 再度同じパスワードを入力します。
変更 パスワードの変更を適用します。


next up previous contents
Next: この文書について... Up: KeaKeeper Previous: 4. KeaKeeperの使い方

2018年11月6日