オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > MADAI

next up previous contents
Next: 2. 準備 Up: MADAI Previous: 目次


1. MADAI(MAil Duplicator At Inbound)とは

MADAI(MAil Duplicator At Inbound)は、MTAと連携し、メールの複製を指定されたサーバへ配送するソフトウェアです。
MADAIを導入することにより、オリジナルのメールを複製することが可能になります。
MTAとの連携にはmilterアプリケーションを使用します。

1.1 MADAIでできること

MADAIは、送られてきたオリジナルのメールを複製し、オリジナルのメールと複製したメールをそれぞれ別のメールサーバへ配送することができます。
例えば、MADAIを導入することで、オリジナルのメールを外部と通信できるネットワークへ配送、複製したメールを無害化した上で内部のネットワークへ配送するといったことができるようになります。

1.2 システム構成

MADAIが前提とするシステム構成は、下図のようになります。

図: システム構成
Image diagram

1.3 MADAIを利用するメリット

MADAIを利用すると次のようなメリットがあります。

  • メールサーバと連携するため、もれなくメールを複製し、設定に沿ってメールサーバへ配送することができます。
  • 送信者のメールクライアントに依存することなくメールを複製することができます。
  • 複雑な設定の必要がありませんので、手軽に導入することが可能です。
  • オリジナルメールを外部のネットワークのメールサーバへ配送し、複製したメールを無害化した上で内部のネットワークへ配送するといったことができるため、セキュリティを向上することができます。

next up previous contents
Next: 2. 準備 Up: MADAI Previous: 目次

2016年12月13日