オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > MEDACA

next up previous contents
Next: この文書について... Up: MEDACA Previous: 4. クライアントの設定

5. 設定詳細(medaca.conf)

medaca.confに設定可能なパラメータについて以下に解説します。デフォルト値が存在する項目は省略可能です。


表: medaca.conf
設定項目 設定内容 デフォルト値
SyslogFacility ログ出力を行なうsyslogファシリティを設定します。 local1
DBType カレンダー情報を保存するデータベースのタイプを指定します。 ?
LdapServer カレンダー・権限情報を保存するLDAPサーバのホスト名、もしくはIPアドレスを指定します。

DBTypeがLDAPの場合有効です。

localhost
LdapPort カレンダー・権限情報を保存するLDAPサーバのポート番号を指定します。

DBTypeがLDAPの場合有効です。

389
LdapBindDn カレンダー・権限情報を保存するLDAPサーバのバインドDNを指定します。

DBTypeがLDAPの場合有効です。

?
LdapBindPw カレンダー・権限情報を保存するLDAPサーバのバインドパスワードを指定します。

DBTypeがLDAPの場合有効です。

?
LdapBaseDn カレンダー・権限情報を保存するLDAPサーバのベースDNを指定します。

DBTypeがLDAPの場合有効です。

?
AutoResourceCreate ログインしたユーザIDと同じ名前のリソースが無い場合、リソースとコレクションを自動で作成するかどうか。

0:自動作成しない

1:自動作成する

1
AutoCreateCollectionName 自動生成する時のコレクション名。 home
AuthLdap ユーザ認証のパスワード管理にLDAPサーバを使用するかどうか。

0:ユーザ認証にLDAPサーバを使用しない (パスワードファイルを使用する)

1:ユーザ認証にLDAPサーバを使用する

0
AuthLdapServer ユーザ認証用のパスワード管理するLDAPサーバのホスト名、もしくはIPアドレスを指定します。

ユーザ認証にLDAPサーバを使用する場合有効です。

localhost
AuthLdapPort ユーザ認証用のパスワード管理するLDAPサーバのポート番号を指定します。

ユーザ認証にLDAPサーバを使用する場合有効です。

389
AuthLdapBindDn ユーザ認証用のパスワード管理するLDAPサーバのバインドDNを指定します。

ユーザ認証にLDAPサーバを使用する場合有効です。

?
AuthLdapBindPw ユーザ認証用のパスワード管理するLDAPサーバのバインドパスワードを指定します。

ユーザ認証にLDAPサーバを使用する場合有効です。

?
AuthLdapBaseDn ユーザ認証用のパスワード管理するLDAPサーバのベースDNを指定します。

ユーザ認証にLDAPサーバを使用する場合有効です。

?
AuthLdapFilter ユーザ認証用のパスワード管理するLDAPの検索フィルタを指定します。

ユーザ認証にLDAPサーバを使用する場合有効です。

?
DebugMode SabreDavのトレースログを出力するためのオプションです。

0:ログを出力しない

1:ログを出力する

home


next up previous contents
Next: この文書について... Up: MEDACA Previous: 4. クライアントの設定
2016年12月13日