オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > postLDAPadmin

next up previous contents
Next: 3. インストール Up: postLDAPadmin Previous: 1. postLDAPadminとは



2. 計画

本章では、次のことを解説します。

  • 事前に用意しておくソフトウェア
  • 決めておかなくてはならないこと
  • 設定概要

2.1 事前に用意しておくソフトウェア

postLDAPadminは、以下のソフトウェアと連携して動作します。

  • LDAPサーバ
  • メールサーバ
  • POP/IMAPサーバ
  • Webサーバ
  • PHP5.3以上(LDAP、mbstring、openssl機能をサポートしている必要があります)

本書では、LDAPサーバにOpenLDAP、メールサーバにPostfix、POP/IMAPサーバにcourier-imap、WebサーバにApacheを利用することを前提に解説します。

2.2 決めておかなくてはならないこと

postLDAPadminのインストールの前に、表[*]の項目を決定しておいてください。本書では、設定例の項目に挙げた値を設定することを前提として解説します。


表: 決めておかなくてはならないこと
項目 解説 設定例
postLDAPadmin

インストールディレクトリ

postLDAPadminソフトウェアをインストールするディレクトリ /usr/local
postLDAPadmin

管理者パスワード

postLDAPadminの管理者パスワード admin
仮想ドメイン 仮想メールボックスに配送するドメイン(仮想ドメイン) test.designet.jp
メール管理アカウント メールのデータを管理するアカウント。仮想ユーザへのメール配信では、メールアドレス毎にアカウントを用意する必要がありません。全メールを一つのアカウントの権限で管理します。 vmail(ユーザID: 400)
メール保管ディレクトリ メールを保管するディレクトリ

ディレクトリの所有者・グループは、メール管理アカウントの権限である必要があります。

/home/mail/test.designet.jp
postLDAPadmin

ログファイル

postLDAPadminのWebインタフェースのログファイル名 /var/log/postLDAPadmin.log
LDAPデータの構造 仮想ドメインの管理を行うLDAPデータの構造。管理する仮想ドメインの階層、メールユーザを管理する階層、メーリングリストを管理する階層を準備する必要があります。メールユーザを管理する階層、メーリングリストを管理する階層は、管理する仮想ドメインの階層の配下に作成してください。 [*]: LDAPの基本構造の例
LDAP suffix このデータベースのデータのDN dc=designet,dc=jp
LDAPバインドDN LDAPのバインドDN cn=Manager,dc=designet,dc=jp
LDAPバインド

パスワード

LDAPのバインドパスワード secret
LDAP検索DN LDAPサーバの検索を開始するDN dc=test,dc=designet,dc=jp

図: LDAPの基本構造の例
Image 2_ldapdata

2.3 設定概要

各システムを構成し、postLDAPadminを導入するには、図[*]の手順で設定を行ってください。

図: postLDAPadmin導入手順
Image 2_dounyu

導入手順の中の※の項目については、設定の例をAppendixで解説します。


next up previous contents
Next: 3. インストール Up: postLDAPadmin Previous: 1. postLDAPadminとは

2016年12月16日