オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > OSS紹介 > 統合ログ管理・監視のOSS〜Graylog〜 >ログ管理のGUI

ログ管理のGUI

Graylogでは、ログサーバのシステム管理をGUIから行うことができます。さらに、ログの検索や結果の表示もGUIから簡単に行うことができ、グラフィカルに表示することができます。ここでは、GraylogのGUIインタフェースについて解説します。

GUIからのログシステムの設定

Graylogでは、ログを収集し、解析、保管する設定や、ログのローテーションなど、ログシステムを管理するために必要な設定は、すべて管理GUIから行うことができます。

GraylogのGUI:GUIからのログシステムの設定

GUIからのログ検索と表示

Graylogは、GUIからログを管理することができます。ログを適切なフィールドに分析して保管するため、検索の時に特定のフィールドだけを検索したりすることもできます。

GraylogのGUI:GUIからのログ検索と表示

例えば、次のようにプログラム名がsshdのログだけを検索して表示することができます。

GraylogのGUI:sshdログだけを表示

ログ分析結果をグラフや表でわかりやすく表示

Graylogで収集したデータは、表やデータで分かりやすく可視化することができます。

GraylogのGUI:ログ分析結果をグラフや表で表示

ダッシュボード機能

よく見るグラフは、事前に定義して、ダッシュボードに常に表示するように設定することもできます。

GraylogのGUI:ダッシュボード機能

OSS情報「統合ログ管理・監視ソフト Graylog」

統合ログ管理・監視のOSS〜Graylog〜
ここでは、OSSの統合ログ管理・監視ソフト Graylogの特徴と、Graylogに対するデージーネットの取り組みについてご紹介します。
ログ管理サーバとしてのGraylog
ここでは、Graylogのログ管理に焦点を当て、その特徴を紹介します。
ログ管理のGUI
Graylogでは、ログサーバのシステム管理をGUIから行うことができます。ここでは、Graylogの特徴の一つであるGUIインタフェースについて解説します。
ログ解析とログ収集
Graylogは、様々な方法でログを収集することができます。ここでは、Graylogのログ収集と解析の機能について解説します。
Graylogのシステム構成と拡張性
Graylogは、ビックデータの解析に利用するElasticsearchを使い高速なログ管理システムです。ここでは、それを実現するためのGraylogのシステム構成とGraylogの拡張性について解説します。
Graylog日本語マニュアル
Graylogの画面は英語表記です。そのため、時には利用方法が分かりにくく迷うことがあります。こうした問題に対処するために、デージーネットで、独自に作成した日本語マニュアルです。

ログ管理のGUIの先頭へ