オープンソース

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > OSS紹介 > OpenAM〜シングルサインオン〜 >OpenAMと多要素認証

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > シングルサインオン > OpenAM〜シングルサインオン〜 >OpenAMと多要素認証

OpenAMと多要素認証

OpenAMを導入すると、シングルサインオンにより認証を統合化できますが、一方でユーザ名とパスワードが漏洩した場合の影響が非常に大きくなります。そのため、OpenAMとともに、より強固な認証システムを導入することをお勧めてしています。OpenAMは、証明書認証やワンタイムパスワード(OTP)と連携することが可能です。

多要素認証とは

多要素認証とは、ユーザ名とパスワード以外の要素を使って本人であることを証明する方法です。多要素とは、一般的に次のような要素の中から、複数を組み合わせることを指します。

  • 本人だけが知っている情報での認証(Something You Know)

    ユーザー名、パスワードなど本人だけが知っている情報を利用します。

  • 本人だけが所有しているものでの認証(Something You Have)

    乱数表、ワンタイムパスワード、証明書など本人だけが所有している情報を利用します。

  • 本人の特性を利用した認証(Something You Are)

    指紋、静脈、網膜、顔など本人の特性を利用します。

最も強力なのは、指紋認証や静脈認証などの「本人の特性」を利用した認証です。ただ、この認証方式の導入には非常に大きなコストがかかります。そのため、多要素認証では、「本人だけが知っている情報」と「本人だけが所有しているもの」を組み合わせて、高いセキュリティを実現します。

クライアント証明書を利用した認証

システムを利用する端末に、クライアント証明書をインストールし、OpenAMでこの証明書をチェックします。証明書には、国名(C)、組織名(O)、部門名(OU)、一般名(CN)などの属性が記録されています。OpenAMでは、この属性を使って認証を行うことができます。(※1)

クライアント証明書を利用した認証画像

ワンタイムパスワード(OTPを利用した認証)

通常のパスワードとともに、ワンタイムパスワードを利用して認証を行う方法です。ユーザはスマートフォンにインストールしたワンタイムパスワードのアプリから、パスコード(6桁の数値)を取得します。認証の時には、ユーザID、パスワードとともに、このパスワードを入力します。OpenAMは、Google Authenticatorと連携して認証を行います。

OTPを利用した認証画像

※1 デージーネットでは、OpenAMの多要素認証機能を利用するために、認証機能が強化されたOpenAMであるKAMOME SSOを利用します。

デモのお申込み

もっと使い方が知りたい方へ
OpenAMの操作方法や操作性をデモにてご確認いただけます。使い方のイメージを把握したい、使えるか判断したい場合にご活用下さい。OpenAMのデモをご希望の方は、下記よりお申込みいただけます。


デモをご希望の方


OSS情報「OpenAM」

OpenAMと多要素認証の先頭へ