オープンソース

認証局の証明書失効

OpenXPKIの認証局を構築した場合、どのような操作ができるかご紹介します。ここでは、OpenXPKIのWEBインタフェースからの、証明書の失効方法を画面イメージと共に紹介します。

証明書の失効

証明書の詳細画面で「失効」をクリックすると、証明書の失効リクエストを送信することができます。

失効を開始する画面

リクエストを送信しておくと、デフォルトでは12時間ごとに証明書失効リスト(CRL)が更新されます。設定で、即時更新とすることも可能です。

発行されたCRL画面

デモのお申込み

もっと使い方が知りたい方へ
OpenXPKIの操作方法や操作性をデモにてご確認いただけます。使い方のイメージを把握したい、使えるか判断したい場合にご活用下さい。OpenXPKIのデモをご希望の方は、下記よりお申込みいただけます。


デモをご希望の方

デモの申し込みイメージ


一押しOSS【OpenXPKI】

OSSのプライベート認証局
〜OpenXPKI〜
OpenXPKIの特徴・機能・デージーネットが提供する認証局の構築サービスについて紹介します。
OpenXPKIのログイン
OpenXPKIによる認証局構築後のログイン方法を紹介します。
クライアント証明書・サーバ証明書のCSR作成
認証局への証明書署名要求(CSR)の作成とリクエスト送信を、WEBインタフェースを使い行うことができます。
認証局でのクライアント証明書・サーバ証明書発行
認証局の管理者は、証明書の発行承認をWEBインタフェースから行うことができます。
認証局の証明書検索
認証局が発行した証明書は、WEBインタフェースから簡単に検索することができます。
認証局の証明書失効
認証局が発行した証明書の失効は、WEBインタフェースから行うことができます。
OpenXPKIのインストール
認証局を構築するため、OpenXPKIをインストールする場合には、公式サイトでDebian/Ubuntu用のパッケージが配布されています。ここでは、Debian Jessieへのインストール方法を紹介します。
OpenXPKI手順書
ここではOpenXPKI Web UIの管理画面を使用したOpenXPKIサーバの操作手順についてのマニュアルについて紹介します。
プライベート認証局(CA)の構築「OpenXPKI」のよくある質問
OpenXPKIによる認証局構築の検討時に、お客様からよくいただくご質問にお答えします。
OCSPレスポンダ〜OpenCA OCSPD〜
OCSPとは、公開鍵証明書の失効状態を取得するための通信プロトコルです。OCSPを実装するための通信プロトコルです。OCSPを実装するためのOCSPレスポンダであるOpenCA OCSPDについて紹介します。

認証局の証明書失効の先頭へ