オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > 一押しOSS > OSSのプライベート認証局 OpenXPKI > OpenXPKIの使い方~ログイン~

OpenXPKIの使い方~ログイン~

OpenXPKIの操作方法をご紹介します。ここでは、OpenXPKIによる認証局構築後のログイン方法を画面イメージと共に紹介します。

OpenXPKIへのログイン

OpenXPKIでは、役割(ハンドラー)を選択してからログイン処理を行います。ログインの処理は、役割によって異なります。ハンドラーは、設定で追加したり変更したりすることができます。

ハンドラーの選択

以下のようなハンドラーが、デフォルトで用意されています。

  • Anonymous
    匿名のハンドラーです。主に証明書署名要求(CSR)の発行や証明書失効リスト(CRL)の取得のみが行えます。
  • User
    Anonymousとほぼ同じです。SCEPによる外部からの操作履歴が確認できます。
  • Operator
    認証局の管理をします。
  • Testing
    テスト用です。

ユーザ用ログイン

ハンドラーのうち、Operator、User、Testingを選択すると、ログイン画面が表示されます。ハンドラーとしてAnonymousを選択するとこのログイン画面は表示されません。

ホーム画面

ログインが成功するとホーム画面が表示されます。


一押しOSS情報「OpenXPKI」

OSSのプライベート認証局 OpenXPKI
OpenXPKIの特徴・機能・デージーネットが提供する認証局の構築サービスについて紹介します。
OpenXPKIへのログイン
OpenXPKIによる認証局構築後のログイン方法を紹介します。
認証局への証明書署名要求(CSR)の作成
認証局への証明書署名要求(CSR)の作成とリクエスト送信を、WEBインタフェースを使い行うことができます。
認証局の証明書発行
認証局の管理者は、証明書の発行承認をWEBインタフェースから行うことができます。
認証局が発行した証明書の検索
認証局が発行した証明書は、WEBインタフェースから簡単に検索することができます。
認証局が発行した証明書の失効
認証局が発行した証明書の失効は、WEBインタフェースから行うことができます。
OpenXPKIのインストール
認証局を構築するため、OpenXPKIをインストールする場合には、公式サイトでDebian/Ubuntu用のパッケージが配布されています。ここでは、Debian Jessieへのインストール方法を紹介します。
OpenXPKIの認証局構築 〜よくある質問〜
OpenXPKIによる認証局構築の検討時に、お客様からよくいただくご質問にお答えします。

OpenXPKIの使い方~ログイン~の先頭へ