システム構築

サーバー構築のデージーネットTOP > システム構築 > インターネットサーバ構築 > DHCPサーバ冗長化(IPv6対応)

構築事例:DHCPサーバ冗長化(IPv6対応)

Open Smart Design

エンドユーザ向けにIPv6のIPアドレスの払い出しをしていくため、IPv6対応のDHCPサーバ構築の依頼をされました。重要なサービスのため、冗長化したDHCPサーバとして提供しました。

導入企業業種
ケーブルテレビ(三重県)
ユーザー規模
約30,000人
利用OS
Linux (Debian5)
導入月
2012年11月頃
お客様が悩まれていた課題
事業者としてIPv6が必要だが経験がない
DHCPサーバが停止するとサービスも停止する
DHCPサーバの起動に時間がかかる

デージーネットが提案した「DHCPサーバ冗長化(IPv6対応)」

解決ポイント

IPv4, IPv6の両方に対応したDHCPサーバを構築

インターネットサービスプロバイダとしてIPv6への対応が必要になってきたため、IPv6対応のDHCPサーバの構築依頼がありました。DHCPサーバは停止することができないサービスのため、冗長化のリクエストがありました。

Pacemaker/DRBDで冗長化

IPv4、Pv6デュアルスタック構成のLinuxサーバに、IPv6対応DHCPサーバを提案しました。将来的なセキュリティパッチの入手や障害時の対応が可能なように、OSにはRed Hat Enterprise Linux 6を利用し、DHCPサーバとしては付属のISC-DHCPを利用しました。また、冗長化の仕組みとして、PacemakerDRBDを利用しシステムの継続性が保たれるように構成しました。IPv4でのDHCPサーバ冗長化のノウハウを活かし、冗長化において共有すべきファイルや監視のポイント等を理解して素早く提供することができました。設定ファイルやリースファイルをDRBDの共有領域に配置することで、障害発生時にも設定を継続して運用できるようになりました。

IPv6対応DHCPサーバの構築

チューニングで起動時間が10分の1に

DHCPサーバ固有のシステムチューニングポイントを把握することで、性能向上をはかることができました。構築前には、DHCPサービスの再起動に10分以上も掛かっていたのが、1分以内で完了するようになりました。

導入後の結果

周辺機器との設定の調整も順調に行うことができ、ケーブルテレビの加入者がIPv6を利用できるようになりました。



DHCPサーバ冗長化(IPv6対応)の関連ページ

インターネットサーバ構築の事例一覧

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。

モデルプランをご希望の方

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

DHCPサーバ冗長化(IPv6対応)の先頭へ