システム構築

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > システム構築 > プライベートクラウド構築 > KVMによるプライベートクラウド

構築事例:KVMによるプライベートクラウド

Open Smart Design

KVMを使用したプライベートクラウドを構築しました。ワークステーションとして使用したいというご要望でしたので、GNOMEデスクトップ環境をインストールし、コンソールから仮想マシンの管理を行えるようにしました。

お客様が悩まれていた課題
オープンソースソフトウェアを使用したプライベートクラウドを構築したい。
コンピュータのコンソールから仮想サーバの作成、削除等の管理を行いたい。
オープンソースでプライベートクラウドを使用したいが、ノウハウがなくどのように構築したらよいかわからない。
OSメーカのサポートがほしい。
+導入企業プロフィール

導入企業業種

製造業(愛知県)

ユーザー規模

600人

利用OS

Linux(Red Hat Enterprise Linux 6)

導入月

2012年12月頃

デージーネットが提案した「KVMによるプライベートクラウド」

解決ポイント

Red Hat Enterprise Linux + KVM を使用したプライベートクラウドを構築

Red Hat Enterprise LinuxがサポートしているソフトウェアKVMを使用して、プライベートクラウドを構築しました。
また、GUI環境のGNOMEデスクトップをインストールすることで、ワークステーションのコンソールからプライベートクラウドの管理を行えるようにしました。

図:KVMによるプライベートクラウド構築

導入後の結果

導入後、すぐにシステム開発用ワークステーションとして利用して頂くことができました。仮想マシンにWindowsをインストールして利用されています。

KVMによるプライベートクラウドの関連ページ

プライベートクラウド構築の事例一覧

デージーネットの構築サービスの流れ

デージーネットの構築サービス(Open Smart Design)では、OSSを安心して使っていただくために、独自の導入ステップを採用しています。詳しい情報は以下のリンクからご覧ください。


様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。


モデルプランをご希望の方

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。


unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

KVMによるプライベートクラウドの先頭へ