システム構築

構築事例:OpenStack Swiftを活用したオブジェクトストレージ

Open Smart Design

お客様は、大量のデータを保存する仕組みの検証環境として、オブジェクトストレージの利用を検討していました。そこで、オープンソースソフトウェアのOpenStack Swiftを開発者向けの最小構成でインストールすることを提案しました。

お客様が悩まれていた課題
大量のデータを管理、保存する仕組みになっていない。
OpenStack Swiftの構築手順がわからない。
どのような検証環境の構成を構築すればいいのかわからない。
+導入企業プロフィール
導入企業業種

製造業

ユーザー規模

検証環境(5名程度)

利用OS

CentOS 7

導入月

2018年12月

デージーネットが提案した「OpenStack Swiftを活用したオブジェクトストレージ」

アイコン男性

解決ポイント

OpenStack Swiftを開発者向けの最小構成でインストールすることを提案しました。

社内で検証の環境を作成して、動作を確認をしながら設計、テストを行った

デージーネットでは、OpenStack Swiftの導入実績がなく、今回初めての導入でした。その状況を考慮し、先に社内で検証の環境を作成し、動作を確認しながらの設計作業を行いました。

検証環境でAPIを確認した

現在、まだ構築に関して、参考にできる技術情報も少ない状態で、APIの利用方法が分かりにくい問題があったため、検証環境を使い、APIを実行し機能等のチェックを行いました。

開発者向けの最小構成にした

ハードウェアは1台、複数のサーバプロセスが動作する仮想化サーバ環境を構築しました。検証環境なので実際のサーバは1台ですが、今後実際サーバの数を増やしたときにも対応可能か検証できるようにしました。

設計の際に、イメージ図を用意し全体の概念がわかりやすいようにした

全体のイメージがわかったことで、各試験で確認をするべきことも明確になりました。またお客様にどのようなものかを伝えるときにいくつか図を交えて解説できたことにより理解も深まりました。

導入後の結果

アイコン女性

提供したOpenStack Swift の環境で、オブジェクトストレージの動作検証を進めることができました。また、管理者のオペレーションの訓練や、Windowsクライアントとの連携確認もできるようになりました。次に運用面では、大量のデータの保存や急な拡張にもそれぞれ対応でき、データを使用したい時に素早く簡単に取りだせるようになりました。HTTP通信を利用したインターネット経由でのアクセスも可能になりました。

【追加日程】【Webセミナー】『Rocky Linux』VS『AlmaLinux』 CentOS8の代替OS比較セミナー

日程: 9月29日(水)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: 今回は、新たに『Rocky Linux』を調査・検証しました!調査結果を踏まえ『AlmaLinux』と『Rocky Linux』を比較検討します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

プライベートクラウド構築の事例一覧

デージーネットの構築サービスの流れ

デージーネットの構築サービス(Open Smart Design)では、OSSを安心して使っていただくために、独自の導入ステップを採用しています。詳しい情報は以下のリンクからご覧ください。


詳細情報ボタン

サービスの流れイメージ

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。


モデルプランをご希望の方

モデルプラン資料イメージ

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。


unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

全国対応イメージ

OpenStack Swiftを活用したオブジェクトストレージの先頭へ