よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > Fessとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

Fessとは

Fessとは、オープンソースソフトウェアの全文検索システムである。CodeLibs Projectによって開発され、Apacheライセンスで提供されている。Fessはwebサイトやファイルサーバのデータを収集・解析することができる。つまり、Fessを利用することで、サイト内検索やファイルサーバの全文検索を行うことができる。Fessは全文検索エンジンのElasticsearchと連携しているためデータの検索も非常に高速である。

昨今では、様々な情報が電子データとなって保管されている。それはWEBサイトやファイルサーバでも同様である。これらの情報は、見つけるための仕組みがなければ、誰も利用できない無意味なものになってしまう。この問題を解決する一つの手段が、全文検索システムである。Fessを利用することで、比較的安価に素早く全文検索のシステムを構築することができる。

Fessの特徴

Fessの特徴は以下である。

  • 様々なデータソースからのデータ収集
  • 多くの形式に対応したデータの解析処理
  • 高速なデータの検索

データ収集

Fessには、様々なデータを収集・解析する機能がある。Fessは以下の収集先からデータを集める。

  • WEBサイト
  • ファイルサーバ(Samba/FTP)
  • データストア(CSV/RDBMS/Elasticsearch等)

解析可能なデータ形式

Fessは幅広い用途で利用することができる。それは、Fessが様々な形式のデータを解析して保存することができるためである。Fessが解析可能なデータ形式として、以下の形式がある。

  • MS Office形式(docx,xlsx,pptx)
  • OpenDocument形式(odt,odf,odp)
  • XML
  • PDF
  • HTML
  • TEXT
  • 圧縮ファイル(gz, tar, zip)

その他、Fessは各種ソースコードの形式やmp3や動画ファイルのメタデータなども解析可能である。

Fessを使った検索

Fessには収集したデータを検索するWEBインタフェースが付属している。このインターフェースから欲しい検索結果に簡単に素早く到達することができる。キーワードでの検索の他、AND/ORなど各種条件による検索を行うこともできる。

またFessはバックエンドにElasticsearchを利用している。Elasticsearchは、大容量のドキュメントの全文検索を想定したシステムで、非常に高速なデータ検索を行うことができる。このためFess自体の検索速度も非常に早い。

デージーネットの取り組み

デージーネットでは、コーポレートサイトのサイト内検索や、社内ファイルサーバの検索にFessを利用している。
また、デージーネットではFessを利用したファイルサーバの全文検索システムや、サイト内検索システムの構築サービスを行っている。

【カテゴリ】:システム管理  ビッグデータ  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

Fessに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「Fess」という用語と関連情報について説明します。「Fess」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

Fessとは先頭へ