システム構築

サーバー構築のデージーネットTOP > システム構築 > ビッグデータ/IoT構築 > Apache Solrによるメール全文検索システム

構築事例:Apache Solrによるメール全文検索システム

Open Smart Design

デージーネットが以前に構築したインターネットサービスプロバイダのメールシステムについて、メールの検索が遅く、検索をするとシステムの負荷も高くなる状態を改善できないかと相談を受けました。デージーネットからは、IMAPサーバのdovecotに全文検索の機能を付加する提案をし、実際に導入を行 ないました。

導入企業業種
インターネットサービスプロバイダ
ユーザー規模
20万人
利用OS
CentOS 6
導入月
2016年8月
お客様が悩まれていた課題
メールの検索に時間が掛かる
メールサーバの負荷が高い

デージーネットが提案した「Apache Solrによるメール全文検索システム」

解決ポイント

メールを全文検索のエンジンのApache Solrへ登録

全文検索エンジンにApache Solrを採用

全文検索を実現するために、Apache Solrの導入を提案しました。Apache Solrは、オープンソースの全文検索のエンジンで、ほぼリアルタイムでのデータ登録やインデックス化をすることができる特徴があります。Apache Solrではビッグデータ解析などで使われるApache Luceneを全文検索エンジンに使っています。そのため、プロバイダのシステムが扱う大量のメールにも耐えられるシステムにすることができました。

全文検索エンジンにメールを自動登録

全文検索エンジンのApache Solrとメールサーバを連携するために、メールの配送にdovecotのLDAを使うようにシステム構成を変更しました。そして、dovecotにFTS Solrプラグインを導入しました。これによって、メールは、着信時に自動的に全文検索システムに登録されるようになりました。また、IMAPサーバで検索を行なうと、自動的に全文検索システムを利用したメール検索が行なわれるようになりました。

全文検索サーバの冗長性を実現

もともとメールサーバは冗長化されていました。可用性を落とさないために、全文検索システムについても冗長性を確保する必要がありました。全文検索の性能と冗長性を考慮して、3台の全文検索サーバを構築し、Pacemaker、Apache Zookeeperなどを使って冗長性を実現しました。

導入後の結果

それまで2万通(800MB)のメールを検索するには、30分以上の時間が掛かっていました。全文検索システムを導入することで、この時間を一秒以下にすることができました。検索サーバを外部に配置したことと、検索が速くなったことでメールサーバの負荷も激減しました。そのため、メールサーバを利用するすべてのユーザの利便性が向上しました。




Apache Solrによるメール全文検索システムの関連ページ

ビッグデータ/IoT構築の事例一覧

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。

モデルプランをご希望の方

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

Apache Solrによるメール全文検索システムの先頭へ