よくある質問・用語集

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

dovecotとは

dovecotとは、Timo Sirainen氏が開発した、最も汎用的で様々な用途に使用できるPOP/IMAPサーバソフトウェアである。dovecotは、特にセキュリティを重視して設計されたPOP/IMAPサーバで、非常にコンパクトで高速に動作することが特徴である。サービスの受付やユーザ認証など、特別のアクセス権を持つ必要があるプロセスを独立させ、それによって高いセキュリティを実現している。

認証方式としては、LDAP、MySQL、PostgreSQLなどを利用することが可能である。Courier-imapがMaildir形式にしか対応していないのに対して、dovecotはmbox、Maildir形式の両方に対応している。

またその他の特徴として、dovecotは、パッケージからインストールした場合には、標準的なPOP3、IMAPサービス用に使用できるように設定が行われており、特に設定をしなくても簡単に利用することが可能である。さらに、プラグインで様々な拡張を行うことができ、デージーネットでは、dovecot-2.x用のDRACプラグインを公開している。

dovecotは、以下のようなディストリビューションで採用されている。

  • SUSE Linux Enterprise Server
  • Redhat Enterprise Linux
  • CentOS
  • Fedora Core
  • Scientific Linux
  • Debian

【カテゴリ】:メール関連技術  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

【追加日程】【Webセミナー】『Rocky Linux』VS『AlmaLinux』 CentOS8の代替OS比較セミナー

日程: 9月29日(水)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: 今回は、新たに『Rocky Linux』を調査・検証しました!調査結果を踏まえ『AlmaLinux』と『Rocky Linux』を比較検討します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

dovecotに関連するページ(事例など)

dovecotとは先頭へ