よくある質問・用語集

デージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > IMAPとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

IMAPとは

Internet Message Access Protocol。

メールサーバからメールクライアントがメールを受信する手順を規定したプロトコル。RFC1730で規定されたINTERNET MESSAGE ACCESS PROTOCOL - VERSION 4は、IMAP4と呼ばれ普及している。現在は、RFC 3501で規定されたINTERNET MESSAGE ACCESS PROTOCOL - VERSION 4rev1が標準となっている。

IMAPでは、メールをサーバ上で保管し、メールを読む時にサーバからデータを取り寄せる。サーバ上には、複数のメールフォルダを作ることができる。また、メールの検索も、サーバ側で行うことができる。そのためIMAPはPOPに比べて複雑で、メールサーバ側の処理負荷も大きい。一方でメールを集中管理できるため、バックアップを取ったりセキュリティ管理をするにも向いている。最近になって、スマートフォンでもIMAPが利用できる環境が整った。セキュリティ上のメリットが大きいため、急速に普及が進んでいる。

ユーザとのパスワードの交換を暗号化しないで行う平文認証が広く使われているが、セキュリティ上の問題があるため、最近では拡張認証機能であるSASL(Simple Authentication and Security Layer)などを使って、暗号化認証を行うようにすることが多い。また、WWWサーバの暗号技術として知られるSSLの技術と組み合わせた暗号通信IMAP4 over SSLの利用が推奨されている。

単独で実装しているソフトウェアとしては、cyrus-imap、uw-imapなどがある。最近は、POPサーバと共に実装しているソフトウェアが一般的で、dovecot、courier-imapなどが使われることが多い。多くの実装がLDAPサーバとの連携をサポートしている。

また、IMAPサーバがメールサーバ上でメールを管理する形式として、Mailbox形式とMaildir形式がある。Mailbox形式では、メールをフォルダ毎に1つのファイルで管理する。Maildir形式では、メールフォルダ毎に作成したディレクトリに、メール1通あたり1つのファイルを作り管理する。

Mailbox形式の方が実装も管理も簡単だが、メールをサーバ側に保管するIMAPサーバの場合には、メールの数が多くなると性能の劣化が激しく、サーバの処理性能をかなり必要とする。Maildir形式は、やや管理が複雑になるが、より安全にメールを管理することができるため、IMAPサーバではMaildir形式を使うのが一般的である。

【カテゴリ】:プロトコル  メール関連技術  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

IMAPに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「IMAP」という用語と関連情報について説明します。「IMAP」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

IMAPとは先頭へ