よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > SMTPとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

SMTPとは

SMTPとは、メールで使う通信手順を規程したプロトコルである。Simple Mail Transfer Protocolの略称である。例えば、メールサーバとメールサーバ間のメールの交換、メールクライアントからメールサーバへのメールの送信などで使う通信手順を規定している。RFC 821で標準化された。インターネットの普及に伴い、各国語言語への対応や添付ファイルの対応、SPFやDKIMなどのセキュリティ対応など、多くの機能を拡張した形でRFC 5321が2008年に標準化されている。

SMTPを利用したメールサーバの実装としては、Sendmail、Postfix、qmailなどのオープンソースソフトウェアがよく使われていて、インターネット上の90%以上のシェアを獲得していると言われている。そのため、Microsoft Exchange Serverなどのように、製品として販売されているメールサーバは、メール以外の機能も実装したグループウェアという形式を取るものが多い。

現在のメールサーバの実装では、LDAPの機能と連携して、ユーザ管理、メールの配送制御、セキュリティ管理を行うものが多い。

【カテゴリ】:プロトコル  メール関連技術  

オープンソースで大量ログデータの統合管理
〜ログ管理OSS「Graylog」のご紹介〜

日程: 1月16日(木)デージーネット東京営業所
1月24日(金)デージーネット本社
内容: 大量のログファイルを収集しても、事件・事故が発生したときにログデータを活用できていない、もっとログデータをわかりやすく管理したいなどの悩みを解決する大量ログデータ統合管理のOSS「Graylog」についてご紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

SMTPに関連するページ(事例など)

SMTPとは先頭へ