よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > qmailとは

  • もっと調べる

qmailとは

qmailとはMTA(Mail Transfer Agent)の一種。同じくMTAの一種であるSendmailの持つ問題点の反省を踏まえて開発された。

メールボックスの形式は、Postfixと同様にmboxとMaildirスタイルのメールボックスに対応しており、Maildirスタイルがデフォルトとなっている。qmailは個々の機能ごとにプログラムが分割されており、保守性の向上および個々の機能に関するセキュリティが強固である。1998年にバージョン1.03がリリースされて以来、セキュリティ上の問題は見つかっておらず、バージョンアップも行われていない。

ただし、各ディストリビューション用のパッケージは用意されておらず、ソースコードを入手してインストールを行う必要がある。qmail自体は最低限の機能しか提供していないため、各種パッチを適用することで拡張機能を使用することができる。

qmail内の配送プログラムは、一度に1つの宛先に対しての配送処理だけを行う単純な仕組みである。PostfixやSendmailは同じ配送先の場合、1つのSMTP接続で処理を行おうとするのに対し、小さなプログラムの単純な処理の繰り返しのほうが、大きなプログラムで細かな制御を行うよりもオーバーヘッドが少なく、高速処理が可能になるという考えの元、開発されたと考えられる。

不特定多数へのメール送信時はPostfixやSendmailと比べ高速に動作することもあり、メールマガジンなどの配送に適していると考えられる。

【カテゴリ】:メール関連技術  オープンソースソフトウェア  

オープンソースで大量ログデータの統合管理
〜ログ管理OSS「Graylog」のご紹介〜

日程: 1月16日(木)デージーネット東京営業所
1月24日(金)デージーネット本社
内容: 大量のログファイルを収集しても、事件・事故が発生したときにログデータを活用できていない、もっとログデータをわかりやすく管理したいなどの悩みを解決する大量ログデータ統合管理のOSS「Graylog」についてご紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる

関連用語

qmailに関連するページ(事例など)

qmailとは先頭へ