システム構築

構築事例:Messasyを利用したメールアーカイブシステム

Open Smart Design

オープンソースソフトウェア「Messasy」を利用して、メールアーカイブシステムを構築しました。保存したメールが、IMAPで参照できるので、管理者が普段使い慣れているメールクライアントを使って、様々な条件で検索を行うことができるように、設定を行いました。

お客様が悩まれていた課題
トラブルがあったときに過去のメールが見つからなかった
メール保存ソフトほど複雑な機能は不要
メール保存機能の障害でメールが停止するのは困る
+導入企業プロフィール
導入企業業種

情報・通信(愛知県)

ユーザー規模

約50人

利用OS

Linux(CentOS5)

導入月

2010年9月頃

デージーネットが提案した「Messasyを利用したメールアーカイブシステム」

アイコン男性

解決ポイント

OSSのメールアーカイブソフトMessasyを利用

過去のメールを確認するために、社内で送受信したメールをすべて保存しておきたいというご要望を頂きました。また、障害発生した際にも継続してアーカイブできる構成にしたいというご要望でした。

適正な費用でシステム導入

デージーネットが開発したオープンソースソフトウェアのMessasyを使ったメールアーカイブシステムをご提案しました。送受信したすべてのメールは、1年分保存できるようにし、1年以上経過したメールは、月毎に圧縮して保存するようにしました。オープンソースソフトウェアであるMessasyは、ユーザ数に対して制約がなく、フリーに使うことができます。そのため、導入コストやライセンス費用を抑え、適正な価格で提案することができました。

Messasyを利用したメールアーカイブシステムの構築事例

いつものメールソフトでメールを検索

保存されたメールには、IMAPサーバを通して、通常のメールクライアントでアクセスできます。IMAPサーバにはメールを削除できないような設定を行いました。

メールシステムを冗長化

冗長化メールシステムの技術を使って、メール保存領域を冗長構成にすることで、障害発生時にもメールが消失しないようにしました。これにより、ハードウェア障害が発生しても、メールシステム全体に支障が出ないようになりました。

導入後の結果

アイコン女性

システムのご担当者からは、次のような声を頂いています。

  • メールを保存していることを周知したおかげで、社員のセキュリティへの意識が高まりました。
  • 問題が起こった時、管理者がアーカイブされたメールを確認することで原因を追究できるようになりました。
  • システム管理者が、必要に応じてメールソフトからメールを確認できます。使い慣れたメールクライアントでメールを検索したり、再転送したりすることも、簡単にでき、とても便利です。
  • MessasyはフリーソフトウェアではなくOSSで、さらにデージーネットからサポートも提供されます。そのため、安心して使用できています。

【追加日程】【Webセミナー】『Rocky Linux』VS『AlmaLinux』 CentOS8の代替OS比較セミナー

日程: 9月29日(水)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: 今回は、新たに『Rocky Linux』を調査・検証しました!調査結果を踏まえ『AlmaLinux』と『Rocky Linux』を比較検討します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

Messasyを利用したメールアーカイブシステムの関連ページ

メールシステムの構築の事例一覧

デージーネットの構築サービスの流れ

デージーネットの構築サービス(Open Smart Design)では、OSSを安心して使っていただくために、独自の導入ステップを採用しています。詳しい情報は以下のリンクからご覧ください。


詳細情報ボタン

サービスの流れイメージ

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。


モデルプランをご希望の方

モデルプラン資料イメージ

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。


unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

全国対応イメージ

Messasyを利用したメールアーカイブシステムの先頭へ